FC2ブログ
キャプテンのハリーが私情を捨ててメンバーを選び抜いたお陰で昨年に引き続きクィディッチ優勝杯を勝ち取ったグリフィンドールでしたが、そんなハリーの元にダンブルドアから手紙が届いて「いよいよ」ヴォルデモートの「分霊箱」を探しに行くことになりましたが「その直前」に驚愕の事実を知ることになったのでした。(全4項目)

4-1.大願成就?
ジニーがハリーのことを思っていた時にはハリーはチョウのことが好きだったし、ハリーがジニーのことを好きになった時ジニーはディーン・トーマスと付き合っていたということで・・・

互いに相手への思いがすれ違っていたハリーとジニーでしたが紆余曲折を経て2人はようやく思いを一致させることができたのでした。

一方ハーマイオニーは図書室で「日刊予言者新聞」の古い記事を調べて「半純血のプリンス」がいかなる人物なのか?を調べ始めていたのでした。

そんなわけで週末のスネイプの罰則を除けば今までの学生生活の中で一番幸せな一時(ひととき)を過ごしていたハリーの元にダンブルドアからの手紙が届いたのでした。

できるだけ早く校長室に来て欲しいとのことでした。

4-2.衝撃の事実!
ハリーはすぐに談話室を出ると校長室に急ぎました。ところが!その後「思わぬ場所」で「意外な人物」に出くわすことになりました。

その場所とは「必要の部屋」の前で出くわした「人物」とは何と!トレローニー先生でした。どうやらシェリー酒の瓶を「部屋」に隠そうとしていたようです。

どうやらトレローニー先生は過去にも何度か「この部屋」を使ったことがあるらしいとのことでしたが今回に限っては・・・こんなことは初めてだったそうですが「先客」がいたんだそうです。

そこでハリーは「そのこと」を校長先生に報告したほうが良い。ちょうど自分も校長室に行くところなので一緒に行きましょうということになりました。

校長室に向かう途中トレローニー先生はハリーがいなくて寂しいだの、もう1人の「占い学」の教師のケンタウルスのフィレンツェのことなどを話していました。

当初はトレローニー先生の話を聞き流していたハリーでしたが途中から一転して真剣に耳を傾けるようになっていました。

何故か?というとトレローニー先生がホッグズ・ヘッドで初めてダンブルドアと会った時のことを話し始めたからです。その時「何が起こったのか?」を知っていたからです。

「その時」トレローニー先生はハリーとヴォルデモートに関する予言をして、それがハリーの全人生を変えることになってしまったからです。

そして!トレローニー先生の口から驚くべき事実が明らかに!

4-3.校長室にて
予言を盗み聞きしてヴォルデモートに伝えたのが『スネイプ』と知ってハリーの頭の中から「他のこと一切」が消え去りました。

ハリーはトレローニー先生に「ここ」に留まるよう告げると脱兎のこどく校長室に向かって駆け出しました。そんなハリーをトレローニー先生は唖然として見つめていました。

校長室の入口に到着したハリーはガーゴイルに向かって合言葉を怒鳴り、動く螺旋階段を一度に三段ずつ駆け上がって行きました。

ダンブルドアの部屋の扉を軽くノックするのではなくハリーはガンガン叩きました。すると中から「お入り」とダンブルドアの静かな声が答えました。

ダンブルドアは「分霊箱」を見つけたらハリーを連れて行くと約束したことを告げましたが一瞬ハリーは何を言われているのか?が分りませんでした。

ようやく本来「何のために?」校長室に向かっていたのかを思い出したハリーでしたが、スネイプへの怒りが沸騰して何か命がけの危険なことをしたいという願いが10倍に膨れ上がっていました。

「何があったのじゃ?」「なぜ気が動転しておるのじゃ?」

ダンブルドアはハリーの顔の表情を見て取って窓際を離れ銀色の眉根に微かに皺を寄せてハリーをさらにしっかりと見つめながら尋ねました。

ダンブルドアの「閉心術者」という言葉がハリーの怒りの導火線に火を点けました。たった今「予言」を盗み聞きしていたのがスネイプだったということを知ったと聞いてダンブルドアは・・・

4-4.この場面でのダンブルドア
「この後」ダンブルドアはスネイプ先生は当時まだヴォルデモート卿の配下だったので自分が聞いたことを急いでご主人様に伝えたのだとハリーに言ったのでした。

しかし!スネイプ先生はヴォルデモートが「その後」どこの男の子を獲物にするのか?は知らなかった。殺されるのがハリーの両親だとは知らなかったのだと説明したのでした。

したがってヴォルデモート卿が「予言」をどう解釈したのかに気づいた時には深い自責の念に駆られた。ハリーの想像もつかないほどの人生最大の後悔だったであろうとダンブルドアは言ったのでした。

そんなダンブルドアにハリーはスネイプこそ極めて優れた閉心術者じゃないですか?それに今でもヴォルデモートはスネイプが自分の味方と信じているのだから・・・

それなら先生は何故?スネイプが「こっち」の味方と確信しているのですか?とハリーが問い質したところダンブルドアは一瞬沈黙して何事かに関して意思を固めているような様子で・・・

しばらくして「ようやく」口を開いて・・・

「わしは確信しておる。セブルス・スネイプを完全に信用しておる」と言ったのでした。

本日の最後に
ハリーを必死に説得した後にダンブルドアは「分霊箱」を探しに行くのにあたっての条件をハリーに言い渡した後に・・・

ハリーに「透明マント」を取って来るようにと・・・そして玄関ホールで再び落ち合うことにしてハリーをいったんグリフィンドール塔に戻らせたのでした。

それはもちろん!ハリーがロンとハーマイオニーに会って様々な措置を施すことができるようにとの配慮からそうしたというわけです。

そして玄関ホールで再び合流したハリーとダンブルドアはヴォルデモートの「分霊箱」が隠されているという場所へ「姿現し術」で向かったのでした。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第6巻「謎のプリンス」より第25章「盗聴された予見者」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/338-f9eef667