FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

今週も先週に引き続き第7巻発売に向けて残された謎の洗い出し作業を進めて来ました。本日はマルフォイ親子にベラトリックス・レストレンジと「闇の陣営」の側3人を取り上げてみました。(全3項目)

3-1.ドラコ・マルフォイの今後(☆☆☆)
弱冠16才で死喰い人になりホグワーツ特急の列車内では「来年僕はホグワーツになんかいないかも知れないのに」とか「もっと次元の高い大きなことをしているかもしれない」などと・・・

ザビニやクラッブにゴイルさらにはパンジー・パーキンソンを前に大口を叩いていたドラコ・マルフォイでしたが、いざ!計画を実行に移そうとしたところ・・・

思っていたようには事は進まず自暴自棄になって成功するハズのない計画を実行しては失敗するを繰り返してしまったのでした。

挙句の果てには最後の最後になってダンブルドアの殺害という手柄をセブルス・スネイプに横取りされてしまったのでした。

そんなドラコ・マルフォイですが彼の最大の謎といえば5年生までは「あんなに」うまくいっていたのにスネイプを何故?「あれほどまでに」嫌うようになったのか?ということですよね。

プリンス上巻490ページでドラコはスネイプに「ただおまえがしゃしゃり出るのが嫌なんだ!」と驚くべき暴言を吐いています。

ハリーもこれまで常に尊敬を示し好意まで示していたスネイプに対してマルフォイがこんな口のきき方をするなんで何があったんだろう?と驚きを隠せないようです。

今後ドラコとスネイプの関係がどうなって行くのか?も含めて第7巻ではドラコ・マルフォイがどうなっているのか?色んな意味で楽しみですよね。

3-2.ルシウス・マルフォイの今後(☆☆)
前述の息子ドラコとは違って「この人」の場合は事実上話が終わっているというか決着がついてしまっているというか?現在はアズカバンに収監されています。

第5巻「不死鳥の騎士団」の終盤にハリーとヴォルデモートに関する「予言球」を手に入れるのに失敗して闇の帝王の逆鱗に触れたばかりか自分自身が捕まってしまいました。

以前にヴォルデモートがハリーを襲って姿を消した時には「服従の呪文」をかけられていたと言い逃れをしてアズカバンには入らずには済んだようですが・・・

今回の場合はアズカバンに入らなければ闇の帝王に殺されてしまうということで今はとにかく「闇の帝王が生きている内は出て行けない」といったところのようです。

と!いうことになるとルシウスは今監獄の中でヴォルデモートの死を密かに願っているということになるのでしょうか?

どちらにしろ親子揃って死喰い人だということがハッキリしてしまったのでハリーがヴォルデモートを倒して生き長らえることができたとしても・・・

ルシウス本人を含めたマルフォイ一家を待ち受ける現実が極めて厳しいものになるのは間違いないでしょうね。

3-3.ベラトリックス・レストレンジ(☆☆☆)
「予言球」を手に入れるために魔法省の神秘部の「予言の間」でハリーを待ち受けていた死喰い人たちはダンブルドアが一網打尽にしてほとんど全員が捕えられてアズカバンに送られました。

しかし!その時唯一逃げ遂せたのがベラトリックス・レストレンジでした。当然ダンブルドアは「何らかの意図」があって逃がしたんでしょうね。

私は以前ベラトリックスは「予言の間」でハリーの口から実はヴォルデモートは父親がマグルで純血の魔法使いではないことを聞かされたので・・・

第6巻ではヴォルデモートを裏切るのでは?と予想しましたがベラトリックスにはどうやら「その気」はないようです。

プリンス上巻55ページでベラトリックスは「おまえは誇りに思うべきだよ!」とさらに自分に息子がいたら闇の帝王のお役に立つよう喜んで差し出すだろうとまで言っています。

闇の帝王の父親がマグルだと知った今でもヴォルデモートに対する忠誠心は変わらないようです。そのことに関して自身の心の中で「どう決着をつけたのか?」は不明ですが・・・

それなら!どうしてダンブルドアはベラトリックスを逃がしたのでしょうか?何か別の意図があってのことだったのでしょうか?

今日の最後に
ダンブルドアが何故ベラトリックス・レストレンジを逃がしたのか?に関しては今私が考えられる理由は1つしか浮かびません。

それは両親を廃人にされたネビル・ロングボトムに復讐の機会を与えるためなのでは?ということです。果たしてそうなんでしょうか?

ネビルとベラトリックスの魔法力の差は歴然としていて到底ネビルに勝ち目があるようには私には思えないのですが・・・

それとも!意外な形?意外な方法?でネビルはベラトリックスに勝つことができるんでしょうか?とにかくベラトリックスがこのまま「逃げた者勝ち!」で終わるとは考えられませんからね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.