FC2ブログ
ウィーズリー家の双子の兄弟で悪ガキ大将!(騎士団下巻401ページ)クィディッチ・グリフィンドール・チームでは共に名ビーターでもありました。

炎のゴブレット上巻67ページには「フレッドとジョージはそばかすの一つひとつまでそっくりだ」という表現が出て来ます。また賢者の石139~140ページでは母親のウィーズリーおばさんでさえ見間違えるほど2人は似ているようです。じゃあハリーやハーマイオニーをはじめとするグリフィンドールの寮生たちはいったいどうやってこの2人を見分けていたんでしょうね?

ハリーとフレッド・ジョージが初めて出会ったのは賢者の石でホグワーツ特急に初めて乗った時のこと、142ページでは「双子のどちらか」という表現になっています。もちろんこの時は初対面なので区別がつかないのは当然でしょう。次にはハリーがマクゴナガル先生にクィディッチのグリフィンドール・チームのシーカーに抜擢された後ハリーに2人が声をかけています。(225ページ)

「すごいな」ジョージが低い声で言った
「今年のクィディッチ・カップはいただきだぜ」とフレッドが言った。

ハリーがホグワーツに来て2週間足らず、既にこの時には区別がつくようになっているみたいですね。

どうやって区別しているのか?そのヒントが炎のコブレット上巻135ページのウィーズリーおじさんの言葉に盛り込まれているようです。

こっちはフレッド―おっと、ジョージだ。すまん―こっちがフレッドだ

つまり2人の外見はほとんど全て同じだけれども、どうやら1ヵ所だけ明確に違う所があるみたいです。私はそれが第6巻で明らかになっていないかな?と期待しています。何となくですがトンクスあたりが騎士団本部で尋ねてキッカケを作ってくれていそうな気がします。

「どっちがフレッドで、どっちがジョージなの?どうして分かるの?」とトンクスが尋ねて、誰かがそれに答えるという形で明らかになるような気がします。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/38-5df44a51