FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

以前に当サイトではハリーポッター・シリーズの最重要人物と云えばセブルス・スネイプだと言いましたが次に重要な人物といえば「この人」ということになるのでは?ないでしょうか。命を助けられた恩を「どのような形」で返すのか?も合わせて気になる人物です。(全3項目)

3-1.意外に早い(?)初登場
もちろん!初登場はロンのペットのスキャバーズとしてでした。賢者の石150ページでハリーとロンがホグワーツ特急で同じコンパートメントに乗り合せた時でした。

ロンによると役立たずで寝てばかりいるペットとのことでした。かつてはパーシーのペットだったのですがパーシーが監督生になって新しいふくろうを買ってもらったのでロンがお下がりで譲り受けたのだそうです。

そして「この後」スキャバーズとしては最初で最後の武勇伝を見せることになったのでした。ハリーとロンがいるコンパートメントに「あの3人」が乱入して来た時でした。

ドラコ・マルフォイとその腰巾着2人クラッブとゴイルがハリーの了解も取らずに菓子に手を出したのでゴイルの指に食らいついたのでした。

これがロンにとって唯一のスキャバーズの功績となったのでした。

3-2.弱り目に祟(たた)り目?
そんなわけで最初はパーシーその次はロンとウィーズリー家のペットとして平和な日々を送って来たスキャバーズの身辺に暗雲が立ち込み始めたのはロンとハリーが3年生になった時でした。

ウィーズリーおじさんが「日刊予言者新聞」のガリオンくじグランプリで700ガリオンを獲得したので夏休み中に一家でエジプトに行ったのですが・・・

何故か?エジプトから帰って来てからスキャバーズが元気がないのです。確かにロンのポケットから出て来たスキャバーズはヒゲも見るからにダラリとしていますし以前より痩せたようです。

魔法動物ペットショップでネズミ栄養ドリンクを貰ったもののスキャバーズの状態は良くなるどころか悪くなるばかり・・・

悪くなったのは栄養ドリンクを貰った店からハーマイオニーが招かざる客(?)を連れて来たからでした。それは猫のクルックシャンクスでした。

クルックシャンクスは不可解なことに初めて会った時から執拗にスキャバーズを追いかけ回すようになったのでした。ハーマイオニーは「猫はネズミを追いかけるもの」と言いますが・・・

ところが!クルックシャンクスは初めて見た「その瞬間」にスキャバーズの正体を見破っていたのです。そしてロンとハリーも学期末にスキャバーズの正体を知ることとなったのでした。

「叫びの屋敷」でスキャバーズの正体がルーピン先生とシリウス・ブラックの手で明らかにされました。スキャバーズは動物もどきの魔法使いで本当の名前は「ピーター・ペティグリュー」だったのです。

3-3.「あの時」の気持ちは?
正体を暴露されてウィーズリー家という安住の地を失ったピーター・ペティグリューことワームテールが目指したのは「闇の帝王」が潜んでいるという噂のあるアルバニアでした。

しかし!思わぬアクシデントがワームテールに襲いかかりました。魔法省の役人バーサ・ジョーキンズに見つかってしまったのです。

けれども(たぶん)自分でも意外なことに機転を利かせたワームテールは言葉巧みにバーサ・ジョーキンズを「闇の帝王」の元に連れて行ったのです。「あの女」がこんなに役に立つことになるとは!

バーサ・ジョーキンズから得た情報を元にヴォルデモートは自身が復活するための計画を綿密に立てました。ワームテールの助けもあって仮の住処にする身体を作り旅ができるまでになりました。

当初もはや自分が帰るべき所もない!こうなったからには「あの方」を復活させるしかないと思ったワームテールですが実際に「仮の姿」でも「あの」おぞましい姿を見て逃げ出したくなったのです。

しかし!いまさら引き返すことはできません。

計画はヴォルデモートの思う通りほぼつつがなく順調に進みハリー・ポッターを手に入れることにも成功しました。そして「あの時」がついにやって来たのです。

「仮の姿」のヴォルデモートを大鍋の縁まで運ぶ時ワームテールの顔に激しい嫌悪感が浮かぶのをハリーは見ました。そして・・・

ワームテールは自身の体の一部をヴォルデモートに捧げ「闇の帝王」は復活を果たしたのでした。

最後に
ヴォルデモート復活後のワームテールは第6巻「謎のプリンス」の第2章にチラリと登場しただけで今のところ目立った動きはありません。

現在はどうやらスネイプの父親がかつて住んでいた住居にいるようですがスネイプによると最近のワームテールは扉の裏で聞き耳を立てることが多くなっているようです。

いったい「何を」思って扉の向こう側に立っていたんでしょうね?

それとも「この行動」がヴォルデモートに対する裏切りの序曲なのでしょうか?

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.