FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

純血の魔法使いなのにグリフィンドール寮の足を引っ張ってばかりいるドジでおっちょこちょいのネビルなんですが・・・実は悲しい過去を抱えていることが第4巻「炎のゴブレット」で明らかになったのでした。さらにネビルはダンブルドア軍団に参加したことで長足の進歩を遂げたのでした。(全3項目)

3-1.悲しい過去「何故おばあさんに育てられたのか?」
ハリーもロンもネビルも共にグリフィンドール寮に決まり食事の時には家族の話になって早くも「ここ」でネビルはおばあさんに育てられたことが本人の口から明らかにされています。(賢者の石186ページ)

アズカバンの囚人72ページ(携帯版78ページ)でハリーはフローリシュ・アンド・ブロッツのそばを通りかかった際に偶然ネビルを見かけていますが・・・

この時もネビルが一緒にいたのは「おばあさん」でした。例によって例のこどくネビルは教科書のリストをしまい忘れたらしく、そのおばあさんに怒られていました。

さらにルーピン先生の「闇の魔術に対する防衛術」の最初の授業でもネビルはおばあさんと一緒に暮らしていることが話題になっています。(アズカバンの囚人177ページ、携帯版193ページ)

そんなわけでハリーにとっても他の同級生たちにとってもネビルがおばあさんに育てられているということは周知の事実というわけなんですが・・・

何故?ネビルがおばあさんと暮らしているのかをハリーが知ったのはハリーが4年生になった時で、それも思わぬことがキッカケになって「その理由」を知ることとなったのです。

それは人の記憶を蓄えておけるという不思議な道具「憂いの篩」の中でハリーが「とある裁判」の光景を見たのが始まりでした。(炎のゴブレット下巻369ページ、携帯版819ページ)

この光景を見た後ハリーはダンブルドアからネビルの両親はベラトリックス・レストレンジを含む4人から正気を失うまで「磔の呪い」をかけられ・・・

今は2人とも聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院しているという事実を初めて知ることとなったのでした。事情が事情なだけにネビルも決してハリーにすら話そうとはしていなかったのでした。

3-2.大きな転換点?ダンブルドア軍団に参加して・・・
とにかく授業ではスネイプの「魔法薬学」をダントツの筆頭に「呪文学」でも「変身術」でも「占い学」でも失敗続きにトラブルの連続のネビルだったのですが・・・

5年生の時にハーマイオニーが発起人になってハリーの指導で行なわれた「ダンブルドア軍団」でネビルは意外にも飛躍的な進歩を遂げたのです。

特にアズカバンから自分の両親を廃人にしたベラトリックス・レストレンジが脱獄したというニュースはネビルに不思議な少し驚くほどの変化をもたらしました。

そのニュース以降ネビルはDAの練習中はほとんどしゃべらずハリーが教える新しい呪いや逆呪いの全てを一心不乱に練習したのでした。

ぽっちゃりした顔を歪めて集中し怪我も事故もなんのその!他の誰よりも一生懸命に練習しました。上達があまりにも速くて戸惑うほどでした。(騎士団下巻210ページ)

その練習の成果が顕著に現れたのがハリー、ロン、ハーマイオニーにジニーとルーナ・ラブグッドと共に魔法省で死喰い人集団と戦った時でした。

多勢に無勢でジリジリと追い詰められていく6人でしたがシリウスやルーピン他騎士団の応援が駆け付けて来た時に残っていたのは何と!ハリーとネビルの2人だけでした。(騎士団下巻590ページ)

そんな魔法省での頑張りが認められてプリンス上巻263ページでネビルはマクゴナガル先生から「あるがままの孫を誇るべきと気づいてもいいころです」と・・・

アッ!と驚く「お褒めの言葉」を言われることとなったんですよね。(笑)

3-3.ルーナ・ラブグッドとの出会い
ネビルとルーナ・ラブグッドが初めて会ったのはネビルが5年生でルーナ4年生の新学期初日(9月1日)のホグワーツ特急内でした。(騎士団上巻296ページ)

当初は変人のオーラが漂うルーナ1人きりのコンパートメントに入るのをためらっていたネビルでしたがジニーに促されて入って行ったのでした。

「あんたが誰だか知らない」と言われ慌てて「僕、誰でもない」と答えたネビルでしたがジニーが改めてお互いを紹介したのでした。

この年結成された「ダンブルドア軍団」に共に参加したネビルとルーナでしたが、DAの会合中には寮も学年も違うということもあってか会話を交わすことも全くありませんでした。

ところが!2人は意外な形で行動を共にすることになったのです。

その場の成り行きでネビルとルーナはハリー、ロン、ハーマイオニーそしてジニーの4人とセストラルに乗ってロンドンの魔法省に行き死喰い人集団と戦うことになったのです。

次の学期初日にホグワーツ特急で再び同じコンパートメントに乗り合わせた時「ダンブルドア軍団」の活動再開を望んだネビルとルーナだったのですが・・・(プリンス上巻209ページ)

アンブリッジをもう追い出したのだから必要ないだろうとの理由でハリーはDAの会合を再開はしませんでした。しかし年度末に意外な形でハリーが再召集をかけたのです。(プリンス下巻356ページ)

そして再召集に応じたのが!・・・

最後に
プリンス下巻489ページではダンブルドアが亡くなった「あの夜」にハーマイオニーの呼びかけに応じたDAのメンバーがネビルとルーナの2人だけだったことが明らかにされていますね。

ネビルはルーナに支えられながらダンブルドアの葬儀に参列しています。DAがなくなったことを一番寂しく思っていたのが「この2人」だったんですよね。

DAが再開されることを願ってネビルとルーナはしょっちゅうコインを見ていたようなのです。だから再召集に駆け付けたというわけなんですね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.