FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

昨日と今日の2日間は各巻から私のお気に入りのページを紹介しています。本日は後半の3巻第4巻「炎のゴブレット」から第6巻「謎のプリンス」の中から1つずつ選んで紹介します。(全3項目)

3-1.第4巻「炎のゴブレット」からは「第4章、再び隠れ穴へ」
この年度の夏休みにはクィディッチ・ワールドカップが30年ぶりにイギリスで行なわれハリーはウィーズリー夫妻の招待で決勝戦の観戦に行くことになったのでした。

そこでウィーズリーおじさんとロン、フレッド、ジョージがハリーを迎えにプリベット通り4番地のダーズリー家を訪問したのですが、そこで抱腹絶倒のドタバタ劇が繰り広げられたのでした。

ウィーズリー一家の4人は煙突飛行ネットワークを使ってダーズリー家を訪問したのですがダーズリー家の暖炉が塞がれていたため板張りを粉砕して突破した結果・・・

普段は清潔でシミ1つないダーズリー家の居間が埃まみれでレンガが山積する見るも無残な状態になってしまったのでした。(笑)

「この章」でさらに面白いのは何とか会話を成り立たせようとバーノン叔父さんやダドリーににこやかに話しかけるウィーズリーおじさんと一家のギャップの激しさでしょうね。(笑)

ウィーズリーおじさんは仲良くしたいと思っているのにダーズリー一家が全くそれを理解していないところが最高に面白いです。

3-2.第5巻「不死鳥の騎士団」からは「第8章、尋問」
6巻中一番好きな章といえばダントツ!で「この章」ですね。ダンブルドア・シリーズでも「この章」については異例の「1章・記事2件体制」で臨みました。

魔法大臣コーネリウス・ファッジがハリーの懲戒尋問にダンブルドアを出廷させないために開始時間を3時間繰り上げたのですが・・・

そんなコトは先刻承知のダンブルドアは繰り上げ開始時間に間に合うようにホグワーツを出てフィッグばあさんを迎えに行き、さらにファッジを焚き付けて挑発しホグワーツにアンブリッジを派遣させました。

結局魔法大臣コーネリウス・ファッジは「策士、策に溺れる」といった感じでダンブルドアに踊らされて失脚し大臣の座を追われることになってしまいました。

ダンブルドアが法廷に現れて動揺し慌てるファッジ・・・当然現れるとは予想だにしなかったためダンブルドアのための椅子も用意していなかったのでした。

もう何度読み返しても面白くて暗記するくらいもう何十回も読み返しましたね。「この章」は!

3-3.第6巻「謎のプリンス」からは「第4章、ホラス・スラグホーン」
夏休みに入ってわずか2週間後にダンブルドアがプリベット通り4番地にハリーを迎えに来たのはシリウスを失った悲しみに打ちひしがれて・・・

食事も摂らずにほとんど自室のベッドに横たわったままで冷たく虚しい気持ちで霧深い窓を見つめていたことを知っていたからでした。

そしてダーズリー家を出た2人が次に向かったのがダンブルドアの昔の同僚であるホラス・スラグホーンのところだったというわけです。

ここで注目すべき点といえばダンブルドア本人は言うに及ばず「隠れ穴」に到着してからもウィーズリー夫妻も一言もスラグホーンが・・・

以前ホグワーツにいた時には『何を教えて』いたのか?を話していないというところですよね。当然事前にダンブルドアが根回しをして口止めをしていたのでしょう。

次に私が最近注目しているのがスラグホーンがマグル生まれの魔法使いや魔女に優秀な人がいるのを驚いている点ですよね。

ハリーは身近にハーマイオニーという極めて優秀な純粋マグル出身の魔女がいるので「あたりまえ」という感覚なんですが私はむしろスラグホーンの感覚のほうが普通と云うかノーマルな感じ方だと思うんですよね。

スラグホーンがハリーのお母さんリリー・エバンスのことを「あれだけ優秀なのだから純血だと思った」と言っているのに対してハリーは「別に」と冷たく引き離していますが・・・

最初に読んだ時にはさらっと読み流してしまったのですが、よくよく考えてみると確かにスラグホーンの言う通りだと今では私はそう思っています。

最後に
さて!昨日シリーズ最終巻・第7巻「死の秘宝」が発売されたというコトで早い人はもう読み終えているんでしょうね。

しかし!私はまだ第7巻は読んでいません。さらにビニールの梱包を解いてもいないので下巻の表紙すら見ていません。何故か?と云えば・・・

例によって例のごとく土曜日に上巻、日曜日に下巻と週末の2日間で一気に読むつもりだからです。梱包を解いていないのは梱包を解くと読まずにはいられなくなるのが判り切っているからです。

そんなわけで第7巻読了報告は来週の月曜日にはできると思いますので7巻ネタばれコメント等はもうしばらく遠慮していただくようよろしくお願いしますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.