FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

当サイトではすっかりお馴染みになりました「このシリーズ」なんですが、まさか「あの人」がここに登場するとは予想だにしませんでしたね。本日の記事も7巻の具体的な内容を含みますので7巻未読者の方々は7巻を読み終えてからご覧ください。(全3項目)

3-1.クリーチャー
ウィーズリー家の子供たちのことを「血を裏切る者の、いやらしいガキめ」とか「双子の片われ。異常な野獣」などと呼び・・・

ハーマイオニーのことは「穢れた血め。ずうずうしく鉄面皮で立っている」とか「穢れた血がクリーチャーに友達面で話しかける」などと・・・

狂信的な純血主義者のシリウスの両親の考え方を鵜呑みにして差別発言を繰り返し挙句の果てにはシリウスを裏切ってブラック家最後の「1人」だったシリウスを死に至らしめてしまいました。

グリモールド・プレイス12番地と共にクリーチャーを所有することになったハリーでしたが、そんなシリウスを裏切った生き物などに責任など持ちたくないと1度は思ったハリーだったのですが・・・

それが!何と!第7巻では最初の「分霊箱」を発見するキッカケを与えてくれる存在になったのでした。あの洞窟から本物の「分霊箱」を持ち帰っていたのはクリーチャーだったのです。

新たに仕えるべき「ご主人様」と出会ったクリーチャーの態度は激変し一転してハリーたちにとって貴重な存在となったのでした。

3-2.アルバス・ダンブルドア
これまでも!そしてこれからも!ハリーにとって最も偉大な魔法使いで何度も魔法大臣にと請われたのに「それ」を固持し続けていたダンブルドアが!

魔法界で最も謙虚な人と云えば「この人」だと思っていたダンブルドアに不信感や疑念を抱く日が来るとはハリーも私たち読者も夢にも思わなかったでしょうね。

ハリーがダンブルドアに対して最初に疑惑の念を抱いたのは本人を含むダンブルドア家の家族全員がハリーの両親と同じ「ゴドリックの谷」に住んでいることを知った時でした。

ビルとフラーの結婚式でミュリエリおばさんから「そのこと」を聞いた瞬間ハリーはすっかり力が抜けて頭の中が空っぽになってしまいました。

この「6年間」ダンブルドアは自分たちが2人とも「ゴドリックの谷」に住み、そこで共に愛する人を失ったことをただの1度もハリーに話しはしませんでした。話そうともしませんでした。

同じ場所で同様の経験をしたのに「そのこと」を打ち明けてはもらえなかったことはハリーにとってはダンブルドアが嘘をついていたにも等しいような気がしたのでした。

ハリーの心の内でダンブルドアに対する信頼が音を立ててガラガラと崩れて行くようでした。

そんなハリーの疑念を払拭したのはダンブルドアの自分の身勝手さや弱さを素直に認めることができる心に触れた時でした。

挫折を経たからこそ今の謙虚なダンブルドアがあることを知ったのでした。

3-3.アバーフォース・ダンブルドア
ハリーが最初に「この人」を直に見たのは5年生の時ダンブルドア軍団の最初の会合をホッグズ・ヘッドで開催した時でした。

かつてハグリッドは「このバー」でドラゴンの卵を入手したわけですがハリーはハグリッドが会っている間じゅう顔を隠している人を何故怪しまなかったのか?の理由を店に入って初めて納得したのでした。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が入った時もホッグズ・ヘッドの店内は顔を隠している人のオンパレードでした。

当時はホッグズ・ヘッドのマスターがアバーフォースだと知らなかったハリーでしたが、その時の印象は長い白髪に顎ひげをぼうぼうと伸ばした不機嫌な顔の爺さんといった感じでした。

正直に言うと私は「この人」は決して表舞台には登場せず、このまま兄アルバスの影の存在として『知る人ぞ知る人』で終わって行くものと思っていました。

まさか第7巻でこんな重要人物になるとは思いませんでしたね。(苦笑)

今日の最後に
そんなわけで第7巻で劇的に印象が変わったクリーチャーだったんですが例の最終章には登場しませんでした。その後はどうなったんでしょうね?

初登場時で既にかなりの高齢だったので「この19年」の間に天寿を全うしてあの世に旅立ったんでしょうか?それとも今もポッター家に仕えているのでしょうか?

それと最後に取り上げたアバーフォース・ダンブルドアについては近々単独で取り上げる予定にしています。

コメント

No title

トキメキぼーいさん、お久しぶりです。
7巻発売後の記事、全て読んでいます♪
今までもコメントしようか迷っていたんですが、今回は好きなキャラについてバンバン書かれていたので、コメントします!
まずダンブルドアについては5巻辺りで疑念があったのでスッキリした~という感じでしたが、ほとんどの人は7巻で吃驚(私も吃驚はしました)だったんじゃないかな、と思います。けれども、7巻で印象が変わっても(というか変わったから)いいキャラだなぁ・・ともしみじみ思っています。予知能力についても色々推測しています。
アバーフォースについては、6巻読了後、「7巻で(ダンブルドアが死んだから)活躍するだろう!」と思っていて、ある程度当たりました(活躍の方向性は違いましたが)。彼は5巻から好きなキャラだっただけに7巻は嬉しかったです。
近々アバーフォース単独で取り上げる、という事で楽しみにしてます!私も改めてアバーフォースについて書きたくなってきました。
では失礼しました~。

2008.08.10    編集

取り上げたい人だらけです。

閑さんコメントありがとうございました!

私もアバーフォースはもちろんアルバス・ダンブルドアにペチュニア叔母さんにセブルス・スネイプにハリーのお母さんと取り上げたい人は山ほどいて誰から取り上げてよいものやら今も困っているところです。

ダンブルドアに未来を予見する力があることはハリーたち3人に譲り渡した遺品から見ても火を見るより明らかですよね。これも取り上げなくてはなりませんが・・・

やることが多過ぎて、いつのことになるのか?は全く分りません。

2008.08.11  トキメキぼーい  編集

No title

トキメキぼーいさん、お返事ありがとうございます。
ダンブルドアやスネイプ、ペチュニア叔母さん、リリーも取り上げようと思っているんですね!私も気になっているキャラばかりなので読みたいと思います!
ダンブルドアに未来を予見する力がある事は明らかですが、過去が分かるとその能力が「過去は」なかったという事も証明されている気がします。一体「いつから」能力を持っているのか?というのも重要な気がします。
あとこの未来を予見する能力を持つ人物が他にもいるのか?という事も気になっていて一人疑っている人物がいます。
では失礼しました~。

2008.08.16    編集

もう1人は・・・当サイトでは指摘済みです。

閑さんコメントありがとうございました!

当サイトでは既にハリーにも未来を予見する力があると指摘済みですよ。下記のアドレスをクリックすれば巻ごとに整理して発表しているので、もしまだ読んでみえないのならこの機会に是非読んでくださいね。

http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/blog-entry-183.html

当サイトつまり私の見解はダンブルドアは生まれた時から「その能力」を持っていたがダンブルドア自身が「そのこと」を自覚した・・・つまり気づいたのはシビル・トレローニーの最初の予言を聞いた時だと見ています。

その最も顕著な例は狼人間のリーマス・ルーピンを暴れ柳を植えてまでホグワーツに受け入れたということです。後にリーマス・ルーピンがどのようにして役に立ったのか!活躍したのかはご存知の通りです。

2008.08.17  トキメキぼーい  編集

No title

トキメキぼーいさん、お返事ありがとうございます。
ハリーも予知能力を持っている・・・という記事は前読んでいたのですが、かなり時間が経っていたので忘れかけていました(汗)
ダンブルドアの予知能力は生まれた時からあって、自覚したのがトレローニー先生の最初の予言の時・・・と。能力は生まれた時からありそうです、ただそれが突然変異的なのか遺伝なのか・・とか謎が満載ですね。自覚は私はもうちょっと早い時にしているんじゃないかな、と思います。ルーピン先生を入学させた頃には自覚しているんじゃないか?と思っていますが、ヴォルデモートと出会う辺りやグリンデルバルドを倒す辺りでは自覚していないような・・そんな気がします。
ハリーについては自覚は一切せずに一生を過ごすような気がします、或いはヴォルデモートの魂が消滅した事で能力が失せた、とか・・・?(あれ、これじゃヴォルデモートに予知能力があった事になってしまう)
この予知能力そのものが「なぜ」「誰が」持つのか?という大きな謎があるような気がします。魔力の強さか才能か遺伝か・・・ホグワ-ツ創設者やペペベル三兄弟の子孫にこの能力があるのではないか?と思います(ハリーもそうですし)。魔力の強さでいうならヴォルデモートやグリンデルバルドにもこの能力がありそうな気も・・・?
勝手に推測してしまいました。
では失礼しました~。

2008.08.17    編集

大きく2つに分かれるようです。

閑さんコメントありがとうございました。

騎士団上巻88ページではトンクスが自身の七変化は生まれつきのもので勉強して習得できる能力ではないと言っていますよ。

つまり魔法にも勉強や訓練・練習で習得できるものと先天的なもので、どんなに努力しても習得できないものとがあるということのようです。

したがってハリーやダンブルドアが持っている未来を予見する能力は先天的なものなので他の人たちが「そういった能力」を身につけることはできないと思います。もちろん親や祖父母または先祖から引き継ぐ場合もあるかもしれません。

トレローニー先生はご先祖様から引き継いだようですね。(笑)

2008.08.18  トキメキぼーい  編集

No title

トキメキぼーいさん、御返事ありがとうございます。
ハリポタの世界では勉強して習得できるものと生まれつき持っていて勉強では習得出来ないものの二種類みたいですね。
ハリーやダンブルドアの予知能力はやはり先天的なもので他の人には持てないものみたいですね。ただ遺伝で受け継いでハリーのように自覚していない人はどこかにいてもおかしくないような気がします。
グリンデルバルドも予知能力を持っていそうな台詞を言っています。ヴォルデモートがニワトコの杖の所有者に「金輪際」ならない、とまで言っているので怪しいなぁ・・と思っています。(ただこの台詞を予知した上で言っているのかヴォルデモートが馬鹿(笑)だと思って言っているのかは不明ですが)
トレローニー先生はご先祖様から能力を受け継いだようですね。結構こういう人は魔法界にはいそうですね。
では失礼しました~。

2008.08.19    編集

真の予言者は・・・

閑さんコメントありがとうございました。

確かにグリンデルバルドは「あの杖は金輪際、お前のものにはならない」と言っていますが、それはヴォルデモート卿の無知や理解していないことの多さを嘲(あざけ)るためにそう言ったんだと思いますよ。

アズカバンの囚人145ページ(携帯版156ページ)でマクゴナガル先生も真の予言者はめったにいませんと言っていますから、そうそう「そこいらじゅう」にいるとは私には思えません。そんなこと考え始めたらキリがありませんからね。

2008.08.20  トキメキぼーい  編集

No title

トキメキぼーいさん、御返事ありがとうございます。
グリンデルバルドはヴォルデモートを嘲る為に言った・・そうでしょうね。それぐらいヴォルデモートの敗北を確信していたんですね。頭に関してはヴォルデモートよりグリンデルバルドのが良さそう(笑)ですね。
真の予言者はめったにいない、と言っているんですが、そもそも「予言者」と「予知能力者」って同じなんでしょうか?トレローニー先生は『予言』しても忘れてしまう一方ハリーやダンブルドアは自分が「言う」のではなく「見る・聞く」のであって、しかも見聞きしたものを覚えていられるので別種なのではないか?と思います。(ハリーは予知夢ですし違う系統のような、でも似てるジャンルに属すとは思います)
あ、アバーフォースの記事、読ませてもらいました!4巻からの事を考え直せて良かったです。そして7巻での彼の重要性を再確認した感じです。
では失礼しました~。

2008.08.22    編集

当然のことをしているだけです。

閑さんコメントありがとうございました。

「予言者」と「予知能力者」の違いって?別に文字数が3文字か5文字かの違いだけじゃないですか?確かにトレローニー先生は自分が予言をしたことを覚えていませんしハリーは「その能力」を自覚していませんが・・・

いずれにしろトレローニー先生、ハリー、ダンブルドアに未来を予見する力があることに変わりはありません。それと他の記事の感想をついでに書くのは止めてください。

それにブログ・サイトの管理人がいただいたコメントに返事をするのはあたりまえのことですから、いちいちお礼を言う必要はないし返事に返事をしていたら永久に終わらないと思うんですけど?

2008.08.23  トキメキぼーい  編集

No title

「予言者」と「予知能力者」は未来を予知する事は同じですね。
他の記事の事を書かないように気をつけようと思います。
返事に返事をしていたらキリがないですね。すみません。今回でキリがいいのでここにコメントするのは止めようと思います。
また別の記事にコメントすると思いますが、宜しくお願いします。
では失礼しました~。

2008.08.25    編集

自分のサイトをお持ちなんですから。

閑さん、やっと理解していただけたようですね。

通常1人の人間が1件の記事にコメントするのは「1回」が普通です。私もこのサイトを開設して2年半余りになりますが1件の記事にこんなにコメントされたのは閑さんが初めてです。

閑さんは自分のサイトをお持ちなんですから1回のコメントで書き切れなかったことや言い切れなかったことがあったら自分のサイトでその思いを綴ればいいことです。

それにブログ・サイトにはトラックバック機能というものがあるんですから私のサイトの記事を読んで思ったことや感じたこと気づいたことを記事にした時にはトラックバックすればいいんですよ。

次回からはそうしてくださいね。

2008.08.26  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.