FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

何てったって弟なんですから当然ハリーより付き合いが断然長いのでハリーの知らないことも沢山知ってるアバーフォースなんですが・・・ハリーだって負けてはいません。本日の記事も第7巻の具体的な内容を含みますので7巻未読者の方々は7巻を読み終わってからご覧ください。(全3項目)

3-1.ドビーを遣わしたのは?
ハリー6年生の学期末にアルバス・ダンブルドアが死んでハリーを守る役割は兄アルバスから弟アバーフォースへと引き継がれたのでした。

ハリーが「分霊箱」を探す旅に名付け親シリウスの唯一の形見「両面鏡」を同行させることにしたのは鏡の中に一瞬一度だけダンブルドアの明るい鮮やかなブルーの目が見えたような気がしたからでしょうね。

そしてハリーが「両面鏡」の中に2度目の明るいブルーの目を見たのはマルフォイの館(やかた)に閉じ込められて絶体絶命のピンチに陥った時でした。

ハリーとロンは杖もなく姿くらましもできない地下牢に閉じ込められハーマイオニーは上に1人残されてベラトリックス・レストレンジから「磔の呪文」をかけられて・・・

八方塞がりの状態で上の階からは壁を伝ってハーマイオニーの悲鳴が響き渡って来ます。ハリーは居ても立ってもいられず・・・

首に掛けた17才の誕生日にハグリッドから貰った巾着から手当たり次第に入っているものを取り出しては色々やってみましたが・・・

鏡の中からダンブルドアの明るいブルーの目が見えたのでした。

「助けて!」ハリーは鏡に向かって必死に叫びました。

「僕たちはマルフォイの館(やかた)の地下牢にいます」

その目が瞬いて消えました。しかし無我夢中で叫んだのでハリーは本当にそこに目があったのかどうかの確信もありませんでした。しかし!その後驚くべきことが起こったのです。

屋敷しもべ妖精のドビーが現れたのです。

3-2.今度はホグズミード村で・・・
アバーフォースのお陰でマルフォイの館(やかた)を脱出することができたハリーたち3人でしたが再び3人が助けられたのは・・・

ヴォルデモートの「分霊箱」の最後の隠し場所がホグワーツだと判り3人がホグズミード村に姿現しで到着した時でした。

村には夜間外出禁止令が出されていた上に「夜鳴き呪文」がかけられていてハリーたちは瞬く間に死喰い人たちに見つかってしまいました。

そこに再び救いの手を差し伸べたのがアバーフォースでした。そこで3人はドビーを遣わしたのがアバーフォースだったということ・・・

ホッグズ・ヘッドのマスターがアルバス・ダンブルドアの弟だということを初めて知ったのでした。アバーフォースは兄の遺した仕事などほっておいて安全な遠い所に逃げろとハリーに言ったのでした。

3-3.事の真相が明らかに・・・
あなたのお兄さんはハリーのことをとても気にかけていたとハーマイオニーが言うとアバーフォースは「兄がとても気にかけた相手の多くは結局放っておかれたほうがよかったと思われる状態になった」と答えたのでした。

「それは妹さんのことですか?」とハーマイオニーが問い詰めるとアバーフォースは一瞬口に出しかけた言葉を逡巡するような素振りを見せましたが、やがて堰を切ったように話し出したのでした。

何故アリアナを隠さなければならなかったのか?何故父親が3人のマグルを攻撃したのか?何故父親はマグルを攻撃した理由を言わずにアズカバンで死んでいったのか?

その時兄アルバスはどうしていたのか?どうしてアリアナは死んでしまったのか?全ての真相を知った時ハリーは激しい嫌悪感以外何も感じられませんでした。聞かなければよかったと思ったのでした。

しかし!これで兄アルバスは妹という重荷から解放され自由になったというアバーフォースの言葉にハリーが反論したのでした。先生は決して自由ではなかったと・・・

ハリーはアルバス・ダンブルドアが亡くなった「あの晩」に魔法の毒薬を飲んだダンブルドアが幻覚を見て叫び出し、その場にいない誰かに向かって懇願したのだと!

「あの者たちを傷つけないでくれ、頼む・・・代わりにわしを傷つけてくれ」

ハリーは「あの時」先生はグリンデルバルドが自分の弟とアリアナを傷つけている幻覚を見ていたんだ!あの時のダンブルドアを見ていたら自由になったなんて言えないはずだと・・・

しばしの間兄アルバスのことを巡っての激しいやり取りが続きましたが倒れるまで続けるんだというハリーの言葉を聞いたアバーフォースは・・・

「おまえは、どうすればよいかわかっているね」

そう言うと今やホグワーツへの唯一の抜け道を・・・

最後に
アバーフォースは現在の戦況は騎士団のほうが著しく不利だから今は遠く離れた安全な所に逃げて身を隠したほうがいいと3人に強く進言しましたが・・・

全ての「分霊箱」を見つけ出して破壊しなければ終わりは永遠に訪れないことを知っていたハリーはどんな困難が待ち受けていても前進するのみだとアバーフォースに言ったのでした。

その熱意に押されてアバーフォースは自分の店からホグワーツの城内に繋がる唯一の道をハリーたち3人の前に開いたのでした。

そして!その決断がついにヴォルデモート卿を永遠に滅ぼすことになったのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.