FC2ブログ
今週は第7巻の発売日から1ヵ月余りが過ぎたことを受けて明らかになった謎と明らかにならなかった謎の検証作業をしています。今日はついに「知る人ぞ知る」ということになってしまった謎3つについて考えてみることにします。(全3項目)

3-1.ミスター・チブルスについて
第5巻「不死鳥の騎士団」の序盤でマンダンガス・フレッチャーに代わってハリーの見張りをしていた猫でハリーとダドリーが吸魂鬼に襲われた時には・・・

急いでフィッグばあさんに2人が吸魂鬼に襲われたことを知らせる役目を果たしていたミスター・チブルスだったのですが・・・

「その後」はついにストーリーの表舞台には登場せずと云うか?活躍する場面は全くなくて「知る人ぞ知る」存在で終わってしまいました。

以前にハリポタ関連の「とあるサイト」でハリーはヘドウィグ以外に新たにペットを飼うかも?しれないという情報があったり・・・

第5巻「不死鳥の騎士団」の上巻74ページではバーノン叔父さんが3年前にハリーの部屋の扉につけた「餌差し入れ口」が『猫用のくぐり戸』になっていることや・・・

第6巻「謎のプリンス」の上巻の表紙には猫が描かれていたので私は「この表紙の猫」は絶対にミスター・チブルスだと!期待して6巻の表紙をめくったわけですが、ついに彼は再登場することなく・・・

ハリーポッター・シリーズは完結してしまいました。

私が今思うのには多分ローリングさんはミスター・チブルスを再登場させようとは思っていたが結局書き進める内にストーリーの進行の都合で登場する場面を作ることができなかったんじゃないかな?と思いますね。

ローリングさんは他にも登場させようとしてアイデアや構想は練っていたもののボツになった人物やエピソードがあったことを公式サイトで告白してみえるんですよね。

ミスター・チブルスも多分そうだったんだと思います。(苦笑)

3-2.ハリーの予知能力について
先週の記事「分霊箱を探す旅」でも言ったようにハリーに未来を予見する力つまり予知能力があることは火を見るより明らかです。でも結局ローリングさんは明らかにしないままシリーズを完結してしまいました。

実は先週の記事に盛り込むことができなかったハリーが「この能力」を発揮している場面があったんですよね。それは第25章「貝殻の家」の冒頭でハリーが「ニワトコの杖」を追うのをやめると決意したことです。

ヴォルデモートと競って「ニワトコの杖」を追うのはやめようと決めたもののハリーの気持ちは激しく揺れ動いたのでした。生前のダンブルドアの意図を誤解したのではないか?と・・・

どうして自分が「そういう選択」をしたのか?頭がどうかしていたのではないか?結論を出すまでの理論づけを再現しようとしても根拠が希薄になっていくような気がハリーはしたのでした。

でも結局「ニワトコの杖」は最終的にはハリーが所有することになったんですよね。ヴォルデモートとの最後の対決でハリーは勝利して「ニワトコの杖」を勝ち取ったのです。

つまりハリーは意識の底で「今取りに行かなくてもニワトコの杖は自分のものになる」と予見していたから取りに行かなかったということだったんだと私は思いますね。(笑)

3-3.ダンブルドアの予知能力について
ハリーと同様にダンブルドアにも未来を予見する力すなわち予知能力があったことは明々白々ですよね。自分の死後に誰が何をするのか?どうするのか?全てお見通しだったというわけです。

ロンに灯消しライターを遺したのはロンが一時ハリーとハーマイオニーの元を離れることを予見していたからなんですよね。そして2人のいる所に戻る手段を与えたということだったんですよね。

ピーター・ペティグリューを逃がしたのもハリーたち3人が絶体絶命のピンチに陥った時に窮地を救うのがワームテールだと予見していたからだったんですよね。

さらに今回何故ダンブルドアがベラトリックス・レストレンジを逃がしたのか?魔法省で他の死喰い人たちは一網打尽にしたのにどうしてベラトリックスだけは捕まえなかったのか?の答えも出ましたよね。

それはグリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分霊箱が隠されていたからなんですよね。ハリーに「そのこと」を気づかせるためには捕まえずに泳がせておく必要があったというわけなんです。

今日の最後に
ダンブルドアが死ぬまでそして死後もハリーに未来を予見する力があることを告げなかったのはハリーのことを思ってのことだったと私は思いますね。

何故ならもし自分に未来を見通す能力があることにもっと早く気づいていれば大勢の人々が死なないように措置を施すことができたとハリーが苦しむことが予想できたからでしょう。

もっと早く自分の能力に気づいていればセドリック・ディゴリーもシリウスもヘドウィグもドビーも死なずに済んだのにと苦しみ悩むことになることが判り切っていたからだと私は思います。

もちろん!事前に気づかれては困る事情がダンブルドアにもあったんですけどね。(苦笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/425-aa616ba0