FC2ブログ
これまでの人生でヴォルデモートの行く手を煩わせていたのはダンブルドア1人だけだったのですが・・・それがシビル・トレローニーによって成された「予言」でさらに「もう1人」新たなる脅威が現れてしまったのでした。その人物とは?(全3項目)

3-1.ハリーを亡き者にしようとした結果
ダンブルドア校長という唯一にして最大の脅威が存在したためホグワーツ魔法魔術学校には手出しができなかったものの・・・

ヴォルデモート卿は「純血主義」を掲げて圧倒的な数を支配下に収め魔法界に猜疑心と恐怖を広めながら勢力を拡大させていったのでした。

ところが!そんなヴォルデモートに新たなる「脅威」が現れたのでした。シビル・トレローニーによって闇の帝王を永遠に克服する可能性を持った人物が7月の末に生まれるとの予言が成されたのでした。

そこでヴォルデモートは「その人物」をまだ赤子の内に殺してしまおうと実行に踏み切りましたが、それがヴォルデモートにとって大きな誤算となったのです。

赤子に向かって放った「死の呪文」はヴォルデモート自身に撥ね返りヴォルデモートは姿を隠すことを余儀なくされたのでした。

こうしてヴォルデモート卿を凋落させ魔法界に平和を取り戻したポッター夫妻と生き残った一人息子のハリーは有名人になったのでした。

3-2.賢者の石を巡る誤算
ハリーを襲って肉体を失い命からがらアルバニアの森に逃げたヴォルデモートはゴースト以下の存在になったものの何とか生きていました。

そんなヴォルデモート卿に復活のチャンスが到来したのでした。潜んでいたアルバニアの森に1人の人物が迷い込んで来たのです。何と!「その人物」はホグワーツの教師だったのです。

ヴォルデモートは「その人物」クィレルに命じてグリンゴッツから「賢者の石」を盗ませようとしました。賢者の石があれば身体を再生させることができるからでした。

ところが!「賢者の石」があった金庫はクィレルが侵入する直前に空になっていたのです。ダンブルドアがハグリッドに命じて「石」はグリンゴッツからホグワーツに移されてしまったのでした。

ヴォルデモートは「石」を奪うためにクィレルに取り憑いてホグワーツに潜入しましたが再びヴォルデモートの前に立ち塞がったのが・・・

またしても生き残った男の子ハリー・ポッターでした!

最後は「みぞの鏡」の前でハリー対ヴォルデモートが取り憑いたクィレルとの対決ということになりましたが再びハリーが勝利して・・・

ヴォルデモートは「賢者の石」を手に入れることはできず元いたアルバニアの森に戻ることとなってしまったのでした。

3-3.復活を果たしたものの
かくのごとき有り様で再びアルバニアの森に戻ることになったヴォルデモート卿でしたが、そんなに都合良く2人目の魔法使いが現れるとは思えず・・・

焦燥感と絶望感を深めていたヴォルデモート卿に救いの手を差し伸べたのがワームテールことピーター・ペティグリューでした。

ワームテールは友人や死喰い人たちの復讐を恐れて自身の死を偽装し姿を隠していましたがシリウス・ブラックとリーマス・ルーピンという・・・

かつての友人たちによって隠れていた場所から逃げ出す事態となり、もはやこうなったからにはご主人様を復活させるしかないとアルバニアの森に向かったのでした。

ワームテールのお陰でヴォルデモートは未発達で虚弱なものではありましたが仮の住処となる身体を作り旅ができるまでになりました。

しかし!ヴォルデモートは失脚の時より強力になって蘇るにはどうしてもハリー・ポッターの血が必要だと考えたのです。それは2度目の対決でも再び敗れていたことが念頭にあったからでしょうね。

ヴォルデモートは綿密に計画を立てて慎重に事を進めました。最も強固な揺るぎ無い忠誠心を持った死喰い人をホグワーツに送り込み・・・

ハリーを三校対抗試合の代表選手にするよう取り計らいハリーが必ず試合に勝つようにしたのです。そしてハリー・ポッターが優勝杯に最初に触れるようにする。

優勝杯は「その」最も忠実なる死喰い人が「移動キー」に変えておき、こうしてハリー・ポッターはダンブルドアの助けも保護も届かない所に連れて来られるというわけです。

ヴォルデモートの「ハリー・ポッター獲得作戦」はものの見事に成功してヴォルデモートの計画通りに進みヴォルデモートはハリー・ポッターを手に入れることに成功したのでした。

ところが!ハリー・ポッターを手に入れることには成功したもののヴォルデモートにとっては予想外の出来事が起きてハリー・ポッターを生きてホグワーツに帰らせることになってしまったのでした。

さらに「この計画」が成功した裏にはダンブルドアの隠された策略があったのです。

今日の最後に
ヴォルデモート卿は復活するにあたってはダンブルドアを見事に騙し切ったというか?してやったりと思っていたんでしょうが?実は騙したつもりが結局はダンブルドアの手の平の上で踊らされていたというわけなんですよね。

復活して身体を取り戻したヴォルデモートだったんですが、この後もダンブルドアの策略によって思惑通りに動かされているとも知らずに・・・

真の滅亡に向かって突き進んで行くことになったわけです。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/433-d2ae9e5c