FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ローリングさんのサイトのエディンバラ・ブックフェティバルの質疑応答のなかで「登場人物の名前はどうやって考えるのか?」という問いに対して、ローリングさんは決して泉のこどく出て来るわけではなく、時にはこれといった名前が浮かばず後回しにすることもあると言ってみえます。その話の中でローリングさんは「マクラガン」という名前がとても気に入って第6巻で登場させることにしたと言ってみえます。

私はこの「マクラガン」はウィーズリーおじさんが蛇に襲われて聖マンゴに入院したとき同じ部屋に狼男がいましたよね?騎士団下巻141ページではルーピンがその人のほうに歩いて行っています。多分この時ルーピンはこの人に「騎士団に入らないか」と言っていると私は考えています。私はおそらくこの人の名前になるのではないか?と予想しています。

ミスター・チブルスの時にも言いましたが初登場のキャラクターは大活躍しますので、どんな活躍をしてくれるのかとても楽しみですね。

これがローリングさんの常套(じょうとう)手段・得意技!
ローリングさんは大きな騒ぎを起こして(ここの場合はウィーズリー夫妻の夫婦ゲンカ)読者の目をそちらに向けさせておいて、その脇に「そっと」先の巻の重要な伏線を忍び込ませるというのが得意なんです。ちょうど手品・マジックに似ていますね。まさにこれぞ「ローリング・マジック」と言えるのでは?ないでしょうか。

交代で神秘部の入り口を見張っていたのは・・・?
「この人」と出会うため・・・?

ダンブルドアの指示で騎士団員は交代で神秘部の入り口を見張っていましたが、ハリーたちがシリウスを助けに魔法省に駆けつけた時には見張りはいませんでした。一番いなくてはいけない時にどうして見張りがいなかったのでしょうか?

私も正直言って「1人の人間」と出会うために、そこまでするんだろうか?という気がしますが、それだけ重要な人物で第6巻と第7巻では欠かせない『人物』になるのカモ?しれません。

その答えは1週間後に日本でも明らかになります。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.