FC2ブログ
ハーマイオニーが発起人でハリーが指導した「ダンブルドア軍団」でしたが昨年度の学期末にはハーマイオニーの呼びかけに応じたのはネビルとルーナの2人だけだったのですが・・・ホグワーツの戦いでは大勢のメンバーが結集してくれました。もちろん先頭に立って戦ったのは?(全3項目)

3-1.「グリフィンドールの剣」強奪事件
魔法省がヴォルデモートの手に落ち学齢児童は魔女も魔法使いもホグワーツに行くことが義務化されたためネビル、ルーナ、ジニーの3人もホグワーツに戻らなくてはなりませんでした。

しかし!行ったからにはおとなしくスネイプ体制を受け入れるつもりは毛頭ありませんでした。さらにジニーは自分ができる範囲でハリーの役に立ちたいと思ったのでした。

ハリー17才の誕生日に「隠れ穴」に魔法大臣ルーファス・スクリムジョールが来てダンブルドアがハリーたち3人に遺した物品の引き渡し作業が行なわれたのですが・・・

スクリムジョールは『ゴドリック・グリフィンドールの剣』はハリーの専有財産ではないと引き渡しを拒否したのでした。

ハリーたち3人が学校に戻らなかったのはどうやらヴォルデモートを倒す使命を帯びてのことらしいということを知っていたジニーは・・・

きっと「グリフィンドールの剣」もヴォルデモートを倒すために必要な物だからダンブルドアがハリーに遺したのだろうと考えたジニーはネビルとルーナに相談して校長室から「剣」を奪い・・・

ハリーたち3人に渡すべく行動を開始したのでした。

3-2.ここにも「あの人」の影が?
そんなわけでダンブルドアが遺言でハリーに譲り渡すと言ったんだからということで「本来の持ち主」の手元に届けるために・・・

ジニー、ルーナ、ネビルの3人は校長室に忍び込んで「グリフィンドールの剣」を奪おうとしたわけですが、3人は剣が収められているガラスのケースを破って剣を奪うことに成功したものの・・・

剣を奪った後校長室を出て階段を下りる途中でスネイプに捕まり「グリフィンドールの剣奪還作戦」は失敗してしまったのでした。

しかしスネイプ校長は「グリフィンドールの剣」をこのまま校長室に保管しておくのは安全ではないと考えたようでした。スネイプは剣をロンドンのグリンゴッツの何故か?レストレンジ家の金庫に預けたのです。

どうして剣を次に保管したのがグリンゴッツのレストレンジ家の金庫だったのか?私は当然剣を「そこ」に預けろと言ったのは肖像画のダンブルドアだったと思いますね。

ハリーたち3人が狼人間のフェンリール・グレイバックらに捕まってマルフォイの館(やかた)に連れて行かれた時ベラトリックス・レストレンジは3人が持っていたグリフィンドールの剣を見て顔色を失い・・・

ハーマイオニーを拷問して「この剣」をどうやって手に入れたのか?を白状させようとしたのです。その時のベラトリックスの尋常ならざる表情を見てハリーは・・・

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの「分霊箱」が保管されていることを見抜いたのです。ジニーたちは剣を奪うことには失敗したものの「その行動」は間接的にハリーの役に立ったというわけです。

ジニーは父親のアーサー氏が蛇に襲われて聖マンゴに担ぎ込まれた時にマクゴナガル先生に連れられて校長室に入ったことがあったので・・・

校長室がどこにあるのか?も知っていましたし合言葉が判りさえすれば校長室には意外と簡単に入ることができるということも知っていたというわけです。

そこで何らかの方法で校長室に入るための合言葉を知りスネイプ校長を校長室から引き離す何らかの策を講じて剣を奪うために校長室に侵入したんでしょうね。

3-3.最後の最後に決めたのは!
ハリーたち3人がホグワーツに来たのはヴォルデモートの「分霊箱」の最後の隠し場所がホグワーツだったからに過ぎなかったのですがネビル、ルーナ、ジニーにとってはそうではなかったみたいです。

ロン、ハーマイオニー以外の人たちにとってはハリーがホグワーツに入ったことは反ヴォルデモート派の象徴的存在がホグワーツに現れたことを意味していました。

ヴォルデモートを打倒せんと願う者は今こそハリーの元に結集し戦おうではないかということでマクゴナガル先生も「スリザリン寮が旗幟を鮮明にすべきときが来ました」と言っています。(死の秘宝下巻320ページ)

こうして戦いの火ぶたは切って落とされたわけですが当初はヴォルデモート側のほうが優位に戦いを進めていました。

しかし反ヴォルデモート派の象徴的存在のハリーを殺して「これで我々は勝利した」と思ったヴォルデモートの考えが間違っていたのです。むしろ敵の闘争心に火を点けてしまったのです。

再び戦いの火ぶたを切るキッカケを作ったのはネビルでした。ハリーから事前にチャンスがあったらヴォルデモートのペットの蛇のナギニを殺して欲しいと依頼されていたネビルは・・・

今やハリーの遺言・最後の頼みとなったことを重く受け止めて虎視眈々とナギニを殺す機会を伺っていたのです。だからこそヴォルデモートに攻撃を仕掛けたのです。

「その時」は訪れました!そして誰あろうチャンスを作ったのは皮肉にもヴォルデモート自身だったのです。ネビルの頭に被せた「組分け帽子」に点けた火が戦闘再開の合図になったのです。

最後に
ネビルは素早い滑らかな動きで自分にかけられていた「金縛りの術」を解きました。炎上していた帽子が落ちてネビルは帽子の中から何か銀色の物を取り出しました。

輝くルビーの柄!それは『ゴドリック・グリフィンドールの剣』でした。

剣を振り下ろす音は周囲の喧騒に掻き消されて聞こえませんでしたが剣の動きは全ての人の目を引き付けました。ネビルはワンチャンスをものの見事に生かして一太刀でナギニの首を切り落としたのでした。

ヴォルデモートは口を開け怒りの叫びを上げましたが、その声は誰の耳にも届きませんでした。そしてナギニの胴体はドサリとヴォルデモートの足元に落ちたのでした。

再開された戦いは大広間へと持ち込まれました。「透明マント」に隠れ人波に押されて城内に入ったハリーが「そこ」で見たものは!

ハーマイオニーと共にベラトリックス・レストレンジと戦うジニー、ルーナの姿でした。3人は力の限りに戦っていましたがベラトリックスは一歩も引いてはいませんでした。

その後3人の戦いはウィーズリーおばさんに引き継がれベラトリックスを倒したのはモリー母さんでした。

こうしてネビルが先陣を切って再開された戦いは援軍が続々と押し寄せてヴォルデモートと死喰い人側が総崩れとなって終結したのでした。(メデタシメデタシ~ィ)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/443-5cd153ea