FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

2006.05.14

両面鏡

ハリーがクリスマス休暇を終えてホグワーツに戻る際にシリウスが渡したものです。でもハリーは「シリウスを安全な場所から誘い出すのは、絶対に僕じゃない」(騎士団下巻166ページ)ということで結局使いませんでしたし、持っていること自体を忘れてしまっていました。

何度か第5巻を読み返すうちに、騎士団下巻635ページでダンブルドアが「不死鳥の騎士団のメンバーはドローレス・アンブリッジの暖炉よりもっと信頼できる連絡方法を持っておるのでな」というその連絡方法とは私は「それは両面鏡のことだろう」と思いました。

でもローリングさんのサイトで「騎士団員たちは守護霊を使って連絡を取り合っている」ということが明らかになった時は「あれっ?そうなの?」と思いましたね。

というのもシリウスはハリーに両面鏡を渡す時に、ウィーズリーおばさんのほうを用心深く見ながら渡しているんです。また渡す時には「モリーは賛成しないだろうと思うんでね」とも言っているんです。だから私は、これは間違いなく騎士団員の連絡方法は「両面鏡」なんだろうと思いました。

また最初にアンブリッジの暖炉を使ってハリーがルーピン・シリウスと話した時にも、シリウスは両面鏡のことを一言も触れていません。(騎士団下巻387ページ~)

それはつまり、すぐそばに騎士団員のルーピンがいたからだと私は思いました。

騎士団下巻678ページで使い方が説明されていますね。鏡に向かって名前を呼ぶとシリウスの鏡にハリーの顔が写り、鏡の中から話すことができるとのことです。つまり例えばウィーズリーおばさんがダンブルドアと話したい時は、鏡に向かって「ダンブルドア」と呼び掛けると、ダンブルドアの持っている鏡におばさんの顔が写り2人は鏡の中から話ができる仕組みというわけです。

もう1つ私には疑問があります。それはフィッグばあさんのことです。ご存知のようにフィッグばあさんはスクイブの魔女ですから、当然魔法は全く使えませんから守護霊を作り出すことはできません。だったらこの場合はどうやって連絡を取り合っているんでしょうか?

ふくろう便については途中で傍受される恐れがあるということで、(騎士団上巻108ページ)もはや使えないですよね?ですから私はまだまだ希望を捨ててはいません。私は最初に連絡を取り合う時は守護霊を使うが、それ以降の細かい会話の際には、この鏡を使うのではないか?と考えています。言ってみれば「守護霊」は合言葉みたいなものでは?ないでしょうか。

コメント

こんにちは!

先程は、私の拙いブログにコメント下さって、ありがとうございました!
早速お邪魔させて頂いてます!

やっと第2作目を読み終えた私は、当記事については、もう何が何やら~・・・。 
どのシリーズのお話なのかも分からないので、コメントするのも恥ずかしい・・・・・。 というカンジなんですが(汗)。
でもコメしちゃった。
ふさわしくないとお感じなら、ガンガン削除してください。

もうすぐ、オススメの第3作目を借りられる予定です。
映画の方も、このくらいから大人向けになってきて、シリーズ化の意味合いが出てきたので、原作も楽しみです!

感想、アップしたいと思います!

2006.05.14  あきごん☆  編集

こんばんわ!

あきごんさんコメントありがとうございました。
削除なんて・・・とんでもないですよ。

私のサイトの記事のほとんどは第5巻を読み終えていることを前提に書かれているので、まだ第2巻までしか読んでいない人では何が何やらサッパリ分からないのは当然です。

だからなるべく早く追いついてくださいね。

2006.05.16  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.