FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーわしを信じるがよい。いつか必ずペティグリューの命を助けて本当によかったと思う日が来るじゃろう。ハリーには「そんな日」が来るとは到底思えなかったのですが、何と!その答えはハリーにとっては思いもかけない形で出たのでした。(全3項目)

3-1.吸魂鬼を巡る嘘
魔法使いの監獄で破るのは不可能と言われていたアズカバンを脱走したシリウス・ブラックがハリーの命を狙っているらしいということでホグワーツの警備を強化する必要に迫られた魔法省は・・・

ダンブルドアにアズカバンの看守たちを学校の入り口に配備してもいいか?とお伺いを立てたのでした。ダンブルドアは不満を述べつつも同意したのでした。

しかし!ダンブルドアがアズカバンの看守「吸魂鬼」を受け入れたのには全く違う意図と思惑があったからなのです。ハリーに「あの術」を習得してもらうためだったのです。

クィディッチの初戦ハッフルパフ対グリフィンドール戦で吸魂鬼のために気を失い初めての敗北を経験したハリーは今年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師リーマス・ルーピンに依頼をして・・・

クリスマス休暇明けから吸魂鬼を追い払うための魔法「守護霊の呪文」を習得するために週1回ルーピン先生に特別に指導してもらうことになったのでした。

やらなきゃいけない!レイブンクロー戦に再び吸魂鬼が現れたら?また落ちるわけにはいかない。次の試合に負けたらクイディッチ杯は取れないのだと・・・

こうして気力を振り絞って必死に練習した結果ハリーは100体の吸魂鬼を追い払うほどの力強い守護霊を創り出すことができるようになったのでした。

3-2.ポッター夫妻の「秘密の守人」は?
何故ハリーの両親はヴォルデモートに殺されてしまったのか?

ハリーの両親ポッター夫妻はダンブルドアからのヴォルデモートが2人の命を狙っているらしいとの一報を受けてダンブルドアのアドバイスに従い「忠誠の術」で身を隠すことにしたのでした。

ところが!ポッター夫妻の「秘密の守人」が夫妻の居所を教えてしまい、その結果ポッター夫妻はヴォルデモートに殺されてしまったのです。

周囲の大人たちハグリッドやウィーズリー夫妻に魔法大臣コーネリウス・ファッジはハリーが誰の裏切りで自分の両親が死んだのかを知ったら?どれほどのショックを受けるのか計り知れないので口をつぐんでいたのです。

しかし!ふとしたはずみでハリーは知ってしまったのです。自分の両親はジェームズの無二の親友シリウス・ブラックの裏切りで死んだのだと・・・

経験したことのない烈(はげ)しい憎しみが毒のようにハリーの体中を回っていたのでした。何故誰もそのことを教えてくれなかったのだろうと・・・

けれども!ダンブルドアは知っていたのです。ポッター夫妻の「秘密の守人」はシリウス・ブラックではなくピーター・ペティグリューだったということを・・・

ダンブルドアは「そのこと」を承知の上で魔法省にはポッター夫妻の「秘密の守人」はシリウス・ブラックだと報告していたのです。

3-3.何故?ピーター・ペティグリューを・・・
そんなわけでダンブルドアはピーター・ペティグリューが実はポッター夫妻の「秘密の守人」だったということも知っていましたし・・・

シリウスとハリーのお父さんとペティグリューが未登録の動物もどきだということも解っていたというわけです。解っていて見て見ぬフリをしていたというわけです。

ピーター・ペティグリューことワームテールはかつての親友や死喰い人たちの復讐を恐れてネズミに姿を変えてウィーズリー家にペットとして潜り込み身を隠していたわけですが・・・

シリウスとルーピンに正体を暴かれて逃げ出し「こうなったからには闇の帝王を復活させるしかない」とヴォルデモートが潜んでいるという噂があるアルバニアの森に向かったのでした。

こうしてワームテールの手でヴォルデモートは復活を遂げましたがヴォルデモートの復活は「ある意味」ダンブルドアにとっては予定通りの出来事だったのです。

何故ダンブルドアがヴォルデモートの復活を許したのか?あるいは黙認したのか?の理由は第7巻で明らかにされたのでした。

一度は挫折した『より大きな善のために』と魔法界を大きく覆っていた差別意識を取り払うために敢えて純血主義の象徴的存在のヴォルデモートを復活させたというわけです。

本日の最後に
ハリーポッター・シリーズでは最初は最悪の印象だったのに後に劇的にガラリ!と印象が変わるという例が数限りなくあったのでピーター・ペティグリューことワームテールも・・・

何てたってグリフィンドールに組分けされたのだから最後の最後にはグリフィンドール出身者の勇気を示す場面が第7巻に用意されているのでは?と私は密かに期待していたのですが・・・

何とも哀れで情けない最期になってしまいました。結局ハリーは「ほんの数年」ペティグリューの寿命を延ばしてやっただけという結果になってしまったんですよね。(苦笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.