FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ダンブルドアを亡き者にして魔法省もホグワーツも日刊予言者新聞をも乗っ取り「これ」で俺様の天下と思ったヴォルデモート卿でしたが、結局は死んだ後までもダンブルドアの影に怯(おび)えなくてはならなかったのでした。(全3項目)

3-1.「分霊箱」を探す旅に出たものの
魔法省がヴォルデモート卿の手に落ちビルとフラーの結婚式が死喰い人たちに急襲されて慌ただしく始まったハリーたち3人の「分霊箱」を探す旅だったのですが・・・

ハリーのダンブルドアを思う気持ちには先学期末にダンブルドアを失った時とは違う悲しい気持ちで満たされていたのでした。

『残り4個』の分霊箱がどこにあるのか?全く見当もつかない状況でハリーは激しい恨みが突き上げてくるのを感じていたのでした。ダンブルドアは何故?何も話してくれなかったんだ!説明してくれなかったんだ!

しかし!ダンブルドアは真にヴォルデモートを滅ぼすだけでなく魔法界に横たわる様々な問題をも解決するためにハリーに「この仕事」を託したのでした。

それには「時間」が必要だったのです。

3-2.最後の隠し場所が判ったことで・・・
先回の記事でも説明したようにダンブルドアは蛇のナギニとヘルガ・ハッフルパフの金のカップが分霊箱だということはある程度ハッキリとハリーに伝えていましたが・・・(もう1つはスリザリンの金のカップ)

最後の1個についてはレイブンクローゆかりの品か?それともグリフィンドールの品物なのか?については明言しませんでした。

そのためハリー、ロン、ハーマイオニーの間でも意見が分かれホグワーツに隠されているのでは?という指摘はハリーが何度もしていたのにも関わらず、その都度ロンとハーマイオニーの2人に却下されてしまったのでした。

しかし!ハリーたち3人がグリンゴッツのレストレンジ家の金庫からヘルガ・ハッフルパフの金のカップを奪ったことで一気に視界が広がって最後の隠し場所が判ったのです。

ついに!ハリーたち3人が自分の「分霊箱」のことを知っていて、それを探すために学校に戻らなかったことをヴォルデモート卿が知るところとなったのです。

何故ダンブルドアは『最後の1個』がレイブンクローの失われた首飾りだということを明言しなかったのでしょうか?何故目の前にあるヴォルデモートの分霊箱をそのままにしておいたのでしょう?

それはやはりハリーとヴォルデモートが最後に戦う場所をホグワーツにしたかったからでしょうね。ホグワーツにある分霊箱が処理済みだったらハリーはホグワーツに戻らなかったわけですから・・・

3-3.意外な形での再会
私は第7巻発売前にはダンブルドアはきっと肖像画で再登場して最後に事の真相を全て説明してくれるのだろうと予想・期待していました。

私の予想とは少し違いましたがダンブルドアは期待通り最後に出て来て「あの時何が起こったのか?」「どうしてああなったのか?」などの詳細な解説をしてくれました。

今後当サイトでは第35章「キングズ・クロス」は様々な形や角度で取り上げられたり分析されたりすることになるでしょうが今回は当然ダンブルドアがここで「どんな嘘をついているのか?」について考えることにします。

第1にダンブルドアはヴォルデモート卿が自身の身体を取り戻す際にハリーの血を入れたことについてハリーが「先生は始めからずっと、このことをご存知だったのですか?」との問いに・・・

「推量しただけじゃ」と答えていますがハリーがホグワーツに入学した最初の年にヴォルデモートと直接対決させたのも『このこと』を見据えてのことだったということは火を見るより明らかですよね。

第2に復活直後のヴォルデモートとハリーが直接対決したことも第7巻でハリーの杖がヴォルデモートの借り物の杖を打ち負かすことに繋がっていますが・・・

それについても前例のないことだから定かにはわからぬと言いつつも「何ゆえあのようなことが起こったのか?」の詳細な理由をダンブルドアは説明してくれました。

第3にダンブルドアは「透明マント」のことについても何故ハリーのお父さんから預かったのか?の本当の理由は説明せず自分を卑下することで誤魔化していますね。

本日の最後に
死の秘宝下巻504ページでダンブルドアはスネイプによる自身の死を計画したのは「ニワトコの杖」の所有権をスネイプに渡るようにするためだったのか?と問われて「そのつもりだった」と答えていますが・・・

これは生還後にハリーに「ニワトコの杖」の所有を放棄させるための「嘘」でダンブルドアは当然「ニワトコの杖」の次の所有者がドラコ・マルフォイになることは解っていたと私は思いますね。

「ニワトコの杖」の所有者は常に攻撃されることを恐れなければなりません。ダンブルドアはハリーがそういった立場に置かれることを望まなかったのでしょう。

それにヴォルデモート卿亡き後の魔法界はハリーが「ニワトコの杖」を持たなくとも十二分に平和ですからね。持つ必要はないということなんでしょうね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.