FC2ブログ
遺言によってダンブルドアからハーマイオニーへと遺贈されたのが「吟遊詩人ビードルの物語」という本でした。何故ダンブルドアはハーマイオニーに「この本」を遺したのでしょうか?今日と明日の2日間は「ビードルの物語」とペベレル3兄弟について考えてみたいと思います。(全3項目)

3-1.新刊発売情報!
さて!来たる12月12日に静山社からダンブルドアからハーマイオニーに遺贈された「吟遊詩人ビードルの物語」が出版されることが決まったそうです。まだご存知でない方は静山社のホームページにて確認してくださいね。

今年の7月23日にハリーポッター・シリーズの最終巻「死の秘宝」が発売されて正直私もローリングさんの次回作を読めるのは何年も先のことになるのかな?と思っていたのですが・・・

意外にも!こんなに早く!その年の暮れに読むことができるということで私も大変喜んでいるところです。今から12月12日が来るのが楽しみですね。

3-2.ダンブルドアからハーマイオニーへ
ハリー17才の誕生日にダンブルドアの遺言に基いてハーマイオニーに遺贈されたのが「吟遊詩人ビードルの物語」の本でした。

その後ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人でダンブルドアから譲られた遺品についての議論になったのですがハーマイオニーの「こんな本、私、聞いたことがないわ!」の発言で3人の間に大きな波紋が広がったのでした。

ロンがハーマイオニーの読んでいない本を読んだことがあるということでハリーも思わず驚いて顔を上げたのでした。そんな2人の反応を見てロンも当惑しているようでした。(死の秘宝上巻195ページ)

魔法界における子供の昔話は全て「ビードル物語」が基になっているのだそうです。「たくさんの宝の泉」とか「魔法使いとポンポン飛ぶポット」とか「ぺちゃくちゃウサちゃんとぺちゃくちゃ切り株」とか・・・

ロンの説明を聞いてハーマイオニーは「ビードル物語」が実は童話だということをようやく理解したのでした。つまり子供の読むものだからハーマイオニーは読んだことがなかったのです。

そしてゴドリックの谷の教会墓地にあったイグノタス・ペベレルの墓に刻まれていた印(しるし)と本にある印とゼノフィリウス・ラブグッドがビルとフラーの結婚式の時に身につけていた印が・・・

全て一致していたためハーマイオニーは「これは絶対に大事なことなのよ」ということでゼノフィリウス・ラブグッドに会って話を聞きたいと言い出したのでした。

3-3.三人兄弟の物語
そんなわけでハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は「隠れ穴」から程近いラブグッド家を訪ねて結婚式の時に首から下げていた「印」は何なのか?とゼノフィリウス氏に訊ねたのでした。

するとゼノフィリウス氏はあれは『死の秘宝』の印だと答えたのでした。そして全ては「三人兄弟の物語」から始まるのだと言ったのでした。そこでハーマイオニーが朗読することになったのでした。(死の秘宝下巻31ページ)

昔々3人の兄弟がさびしい曲がりくねった道を夕暮れ時に旅していました。やがて兄弟は歩いては渡れないほど深く泳いで渡るには危険すぎる川に着きました。

でも3人は魔法を学んでいたので杖を一振りしただけでその危なげな川に橋を架けました。半分ほど渡ったところで3人はフードを被った何者かが行く手を塞いでいるのに気がつきました。

そして「死」が3人に語りかけました。

3人の新しい獲物にまんまとしてやられてしまったので「死」は怒っていました。というのも旅人はたいてい、その川で溺れ死んでいたからです。

でも「死」は狡猾でした。3人の兄弟が魔法を使ったことを褒めるふりをしました。そして「死」を免れるほど賢い3人に、それぞれ褒美をあげると言いました。

一番上の兄は戦闘好きでしたから存在するどの杖よりも強い杖をくださいと言いました。決闘すれば必ず持ち主が勝つという「死」を克服した魔法使いにふさわしい杖を要求したのです!

そこで「死」は川岸のニワトコの木まで歩いていき、下がっていた枝から一本の杖を作り、それを一番上の兄に与えました。

二番目の兄は傲慢な男でしたから「死」をもっと辱めてやりたいと思いました。そこで人々を「死」から呼び戻す力を要求しました。

すると「死」は川岸から一個の石を拾って二番目の兄に与えこう言いました。この石は死者を呼び戻す力を持つであろう。

次に「死」はいちばん下の弟に何がほしいかと尋ねました。三番目の弟は兄弟の中でいちばん謙虚で、しかもいちばん賢い人でした。そして「死」を信用していませんでした。

そこでその弟は「死」に跡を追けられずに、その場から先に進むことができるようなものがほしいと言いました。そこで「死」は渋々自分の持ち物の「透明マント」を与えました。

それから「死」は道を開けて3人の兄弟が旅を続けられるようにしました。3人はいましがたの冒険の不思議さを話し合い「死」の贈り物に感嘆しながら旅を続けました。

やがて3人は別れて、それぞれの目的地に向かいました。

一番上の兄は1週間ほど旅をして遠い村に着き争っていた魔法使いを探し出しました。「ニワトコの杖」が武器ですから当然その後に起こった決闘に勝たないわけはありません。

死んで床に倒れている敵を置き去りにして一番上の兄は旅籠に行き、そこで「死」そのものから奪った強力な杖について大声で話し自分は無敵になったと自慢しました。

その晩のことです。1人の魔法使いがワインに酔いつぶれて眠っている一番上の兄に忍び寄りました。その盗人は杖を奪い、ついでに一番上の兄の喉を掻き切りました。

そうして「死」は一番上の兄を自分のものにしました。

一方二番目の兄は一人暮らしをしていた自分の家に戻りました。そこですぐに死人を呼び戻す力のある石を取り出し手の中で3度回しました。

驚いたことに、そしてうれしいことに若くして死んだ、その昔結婚を夢見た女性の姿が現れました。

しかし彼女は悲しそうで冷たく二番目の兄とはベールで仕切られているかのようでした。この世に戻ってきたものの、その女性は完全にはこの世には馴染めずに苦しみました。

二番目の兄は望みのない思慕で気も狂わんばかりになり彼女と本当に一緒になるために、とうとう自らの命を絶ちました。

そうして「死」は二番目の兄を自分のものにしました。

しかし三番目の弟は「死」が何年探しても決して見つけることができませんでした。三番目の弟は、とても高齢になった時に、ついに「透明マント」を脱ぎ息子にそれを与えました。

そして三番目の弟は「死」を古い友人として迎え喜んで「死」とともに行き同じ仲間として一緒にこの世を去りましたとさ。

今日の最後に
つまり3人兄弟の一番上の兄が「死」から貰ったのが『ニワトコの杖』で二番目の兄が貰ったのが『蘇りの石』で三番目の弟が貰ったのが『透明マント』だったというわけです。

そしてこの「ニワトコの杖」「蘇りの石」「透明マント」が『死の秘宝』で、これら3つの品物の最初の持ち主がペベレル3兄弟だと云われているというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/460-b04b93c9