FC2ブログ
ハリーは11才の誕生日に柊の木と不死鳥の芯の杖と出会って以来何度も「この杖」に助けられ窮地を脱して来ました。今日と明日の2日間はハリーと杖との関係について考えてみたいと思います。(全3項目)

3-1.ハリーと杖との出会い
ハリーが「あの」運命の杖・・・柊(ひいらぎ)の木と不死鳥の尾羽根の芯の杖と出会ったのは前述のように11才の誕生日にハグリッドに連れられてオリバンダーの店に行った時でした。

杖の方が持ち主の魔法使いを選ぶ。

どうやらハリーはオリバンダー翁にとっては大変難しい客だったようでなかなか合う杖が見つかりませんでした。試し終わった杖が古い椅子の上に高く積み上げられて行ったのでした。(賢者の石128ページ)

こうして出会った杖がヴォルデモートが持っている杖とは兄弟杖の関係にある杖だったのです。同じ不死鳥の尾羽根が使われている杖だったのです。

3-2.杖職人オリバンダー翁との再会
こうしてヴォルデモートと同じ不死鳥の芯の杖を持つことになったハリーがオリバンダー翁と再会したのはハリーが4年生になって心ならずも三校対抗試合の代表選手になってしまった時でした。

試合に先立って代表選手の杖がよい状態かどうか?を調べ確認してもらうためにオリバンダー翁がホグワーツに来た時でした。(炎のゴブレット上巻475ページ、携帯版431ページ)

ハリーは部屋を見回しオリバンダー翁を見つけてドキッとしました。3年前に「あの杖」を買った時のことを昨日のことのように思い出したからでした。

ハリーはこのことを誰にも話したことはありませんでした。この杖がとても気に入っていたし杖がヴォルデモートと繋がりがあることは杖自身にはどうしようもないことだったからです。

さらに!この杖調べの儀式にはダンブルドアの「別の意図」も含まれていたのです。ハリーにブルガリアの杖職人グレゴロビッチの名前を認識させるためだったのです。

3-3.兄弟杖
ハリー4年生の学期末についにヴォルデモートが復活しヴォルデモートは復活を遂げたリトル・ハングルトンの墓場でハリーと対決をしたのですが・・・

同じ不死鳥の尾羽根が芯に使われている杖つまり「兄弟杖」を無理やり戦わせたためにヴォルデモートにとってもハリーにとっても意外な出来事が起こることになったのでした。

ハリーが「エクスペリアームス!」と叫ぶと同時にヴォルデモートも「アバダ ケダブラ!」と叫んだのでした。赤い閃光と緑の閃光が空中でぶつかったのでした。

すると今度は赤でも緑でもない眩く濃い金色の糸が2人の杖を繋いだのでした。やがて金色の糸は裂けてハリーとヴォルデモートの上に高々と弧を描き2人の周りを縦横に交差したのでした。

2人は金色のドーム型の網に・・・光の籠ですっぽり覆われたのでした。ヴォルデモートの赤い目が今起こっていることに驚愕してカッと見開かれていました。

2人の杖の間に出現した光の玉をヴォルデモートの杖に押し戻そうとハリーが神経を集中させると思ってもみなかったような出来事が起こったのでした。

何やら大きい何かがヴォルデモートの杖先から花が開くように出て来たのです。それはセドリック・ディゴリーの濃い灰色のゴーストのようなものでした。

その後もヴォルデモートの杖先からはヴォルデモートに殺された人たちが次々と姿を現したのでした。フランク・ブライス、バーサ・ジョーキンズ、ハリーの両親と・・・

ホグワーツに生還したハリーは「その時何が起こったのか?」の説明をダンブルドアから聞くことになったのでした。この時2人の杖の間に起こった出来事とは?

「呪文逆戻し効果」

兄弟杖を無理やり戦わせると非常に稀な現象が起こって一方の杖がもう一方の杖に対して、それまでかけた呪文を吐き出させるというのです。だからヴォルデモートに殺された人たちの姿が現れたのでした。

さらにダンブルドアの口から驚愕の事実が明らかにされたのでした。ハリー自身も2人の杖が「兄弟杖」で同じ不死鳥の尾羽根が使われていることは知っていたのですが・・・

何と!その不死鳥とはダンブルドアの飼っているフォークスだったのです。ダンブルドアは4年前にオリバンダー翁から手紙を貰ってハリーとヴォルデモートの杖が「兄弟杖」だということを知っていたのです。

今日の最後に
さらに第7巻「死の秘宝」でハリーの柊の杖に関する新たな事実が明らかになったのでした。あの夜ハリーの杖はヴォルデモートの杖の力と資質の一部を吸収したと云うのです。

その結果ハリーの杖は・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/470-b8b57f0c