FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!今週の前半はウィーズリー家の頼りになる長男ビルを取り上げたということで週の後半はビルが勤めている魔法界唯一の銀行グリンゴッツを紹介してみたいと思います。小鬼が経営しているということで魔法界が戦争状態になっても中立を守ったようです。(全3項目)

3-1.初登場シーン
当然第1巻「賢者の石」ということになります。ダイアゴン横丁で小さな店が立ち並ぶ中ひときわ高くそびえる真っ白な建物とのことです。(110ページ)

小鬼が経営しているのでハリーとハグリッドが訪れた時にも小鬼が2人を出迎えました。磨き上げられたブロンズの観音開きの扉の両脇に真紅と金色の制服を着た小鬼がいたのでした。

2番目の扉を抜けるとそこは広々とした大理石のホールでした。100人を越える小鬼が細長いカウンターの向こう側で脚高の丸椅子に座り大きな帳簿に書き込みをしたり真鍮の秤でコインの重さを計ったりと・・・

ホールに通じる扉は無数にあって、これまた無数の小鬼が出入りする人たちを案内していました。そんな小鬼の中に「あの」グリップフックもいたのです。

最初に訪問した時ハリーは当然初めてでしたからハグリッドに付き添ってもらって行ったわけですがハリーは次の年もさらに次の年もお金を下すためにグリンゴッツを訪れることになったというわけです。

3-2.安全な隠し場所
ハリーが11才の誕生日に初めてハグリッドと会って話した時にもやはりお金の話になって当然話の流れでグリンゴッツのことも話題になっているというわけです。(賢者の石97ページ)

ハグリッドの説明によると何と言っても小鬼が経営しているのだから銀行強盗なんて狂気の沙汰だそうです。それに何かを安全にしまっておくにはホグワーツ以外ではグリンゴッツが世界一安全な場所なんだそうです。

ニコラス・フラメルの「賢者の石」もヴォルデモートが狙っているからということでハグリッドが引き取ってホグワーツに移されましたが、それまでは「賢者の石」もグリンゴッツに保管されていたというわけです。

またグリンゴッツにはポッター夫妻亡き後も一人息子のハリーに遺された莫大な金額の財産が約10年大事に保管されていたというわけです。

さらにハリーの名付け親シリウスの財産もシリウスがアズカバンに収監されていた「12年間」の間も711番金庫に保管されていました。

ハリーが13才のクリスマスにシリウスから貰ったファイアボルトの購入代金もまた「その711番金庫」から支払われたというわけなんですよね。

3-3.ドラゴンが!
賢者の石98ページでハリーが「グリンゴッツを襲うのはどうして狂気の沙汰なの?」と訊いたのに対してハグリッドは・・・

「呪い・・・呪縛だな」と答えた後にハグリッドは噂では重要な金庫はドラゴンが守っているらしいと答えたのでした。

ハグリッドと共にグリンゴッツに行ってトロッコに乗ったハリーはチクチクしましたが大きく目を見開いたままでいたのでした。ドラゴンを見つけたかったからです。

一度は行く手に火が吹き出したような気がして、もしかしたらドラゴンじゃないか?と身をよじって見てみましたが残念ながらドラゴンは見えませんでした。

ところが!それから約7年後ハリーは金庫を守るドラゴンを目の当たりにすることになったのです。レストレンジ家の金庫の手前にはドラゴンがいたのです。(死の秘宝下巻221ページ)

その巨大なドラゴンは行く手の地面に繋がれ最も奥深くにある4つか5つの金庫に誰も近づけないように立ちはだかっていました。両の後脚には足枷(あしかせ)がはめられ岩盤深く打ち込まれた杭に鎖で繋がれていました。

グリップフックの説明によるとほとんど目が見えないので、ますます獰猛になっているのだそうです。しかし「鳴子」を鳴らせば次にどうなるのかを教え込まれているので・・・

ドラゴンは痛い目に遭うと思って後退りするそうです。その間に小鬼が手の平を金庫の扉に押し当てれば扉が開いて中に入れるとのことです。

ところが!そのドラゴンが・・・

今日の最後に
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人がグリンゴッツに押し入ったのはヴォルデモートの分霊箱を奪うために必要に迫られて押し入ったわけなんですが・・・

当然世間一般の人たちはヴォルデモートの分霊箱のことなど全く知らなかったわけですからハリーたちのしたことをどう思っていたんでしょうね?

少なくとも不死鳥の騎士団のメンバーの面々は3人がしたことはダンブルドアが3人に遺した任務の一環なのだろうと理解してくれたでしょうが・・・

それでもウィーズリーおばさんあたりは「何で3人は?あんなことしなきゃいけなかったのかしら?」と思ったんじゃないでしょうか?(苦笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.