FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

2008年も今日で終わり!ということで本日は4月以来の久しぶりの「雑文シリーズ」で今年1年間と更新回数の変更についてやFC2が新たに導入した拍手機能などについて私が感じたことなどを報告してみたいと思います。(全3項目)

3-1.最終巻発売の年を終えるのにあたって
本年2008年の7月23日に待望のシリーズ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」が出版されたわけですが、いわゆる「通」とか「フリーク」という類の読者にとっては消化不良の感が否めない最終巻になってしまいました。

当サイトでは折りある毎にハリーとダンブルドアには未来を予見する力すなわち予知能力があると主張して来て当然最終巻では「それ」が明らかになるものと期待・予想していました。

さらにハリーは極めて優秀な開心術士だとも繰り返し主張して来ましたが結局これも明らかになることなくハリーポッター・シリーズは完結してしまいました。

伝え聞いた話によりますとローリングさんは続編を書く意志があるとおっしゃっているそうですか私としては是非実現していただきたいと思いますね。

とにかく私に云わせれば一番肝心要のことを明らかにしないまま終わらせてしまったのですから続編では!とは思いますが・・・

だからといって今回が「こういう終わり方」だったので次回作で明らかになるとは限らないような気もしますけどね。(苦笑)

3-2.更新回数の変更について
実は昨年の秋頃から「どうしようかな?」と迷っていたんですが超ロングランのダンブルドア・シリーズ終了を受けて実行に踏み切ったことがありました。

それは新たに「木曜日」を加えてサイトの更新日を「週4回」に増やしたことです。しかしどうして「週4回」に増やすことができたのか?と云えばそれには「ちょっとしたからくり」があったわけなんですよね。

ダンブルドア・シリーズでは原則として1件につき「4項目」として記事を作って来ました。つまり「4項目」×「週3回」ということで1週間の延べ項目数は「12項目」ということになります。

つまり有体に云えばそれならば「3項目」×「週4回」にすれば書く分量はさほど変えずに更新回数を増やすことができるのでは?と考えたというわけです。

ダンブルドア・シリーズでは「4項目」で記事を作っていたため2,000文字を大幅に越えるのは毎回のことで時には3,500文字を越えることさえありました。

そんなわけでコメントをいただいた方からは「どの記事も読み応えがあった」と言っていただいたのですが「やはりこれは長過ぎる」ということで・・・

4回にすれば前後編ものを週に2本発表することもできるし!ということで実行に移したというわけなんです。まあしかし私が思ったほどには文字数は減りませんでしたが・・・

3-3.「拍手機能」について
今となっては「いつ導入されたのか?」もはっきり覚えていないんですがFC2が「拒否しなければ勝手に表示」ってことで「邪魔にはならないから」という投げやりな理由でとりあえず表示しといたというわけです。

そんな理由で表示をしておいても拍手をいただければ嬉しかったりするんですから人間の心理というものは不可解なものですね。(それとも私の性格に問題ありか?)

お陰様で「この記事」を載せている2008年12月31日の今現在で「529」という記事数(494)を上回る数の拍手をいただいております。これって?きっと多い部類に属するんでしょうね?どうなんでしょうか?

もちろん拍手をいただけるのは大変嬉しいですし有り難いことでもあるのですが「この記事に拍手?しかもこの時期に?」というのもありました。

例えば第7巻(もちろん日本語版)が出て既に数ヵ月の歳月が過ぎた頃にクィディッチについて書いた記事に拍手をいただいたことがありました。

ご存知のように第7巻はハリーたち3人が生徒として学校に戻らなかったためクィディッチのシーンが全くありませんでした。

だから私も正直言って「何で?」とも思ったのですが、きっと読んだ人には「それなりの理由」があったから拍手してくださったんでしょうね。(笑)

ダンブルドア・シリーズについても同様で前述のようにコメントいただいた方からは「どの記事も読み応えがあった」と言ってもらったのですが・・・

もちろん私の中では自信作とそうでないものと出来不出来があるわけですが拍手をいただいた記事はもちろん「この記事に拍手をくださったのか!」という納得のものもあったのですが・・・

どちらかと云うと私にとっては意外な記事に拍手というケースが「ダンブルドア・シリーズ」については圧倒的に多かったというのが正直な印象でした。

最後に
よく「来年のことを言うと鬼が笑う」などと云いますが、これは私の手元にある辞書を引いてみたところ「将来のことは前もって知ることができない例え」なんだそうです。

まあ私的には「来年のことは来年になってから言え」という戒(いまし)めの意味を込めて昔の人が言い始めたのかな?と思っていました。

と!いうわけで来年の抱負などは2009年最初の日の明日に述べたいと思います。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.