FC2ブログ
さて!今年最初の記事で予告した通り今週と来週の2週間に渡ってセブルス・スネイプを取り上げることにします。前半はまず第7巻のスネイプを詳しく紹介してみたいと思います。アルバス・ダンブルドアを亡き者にしてヴォルデモート卿のスネイプに対する信頼度は最高潮に達したようです。(全3項目)

3-1.特等席?
月明かりに照らされた狭い道に、どこからともなく2人の男が現れました。一瞬互いの胸元に杖を向けたまま対峙していましたが相手が判ると2人とも杖をマントにしまい足早に同じ方向に歩き出したのでした。

「情報は?」とヤックスリーが訊ねると「上々だ」とセブルス・スネイプが答えました。2人はやがて菱形の窓に明かりがきらめく瀟洒な館に入って行きました。

客間の扉を開けると装飾を凝らした長テーブルは黙りこくった人々で埋められていました。暖炉を背にして座っていた「かの人物」が2人に声をかけたのでした。

「ヤックスリー、スネイプ」「遅い。遅刻すれすれだ」

ヴォルデモート卿はスネイプは自分の右手の席に、ヤックスリーはドロホフの隣の席に座るよう指示しました。2人は示された席に着きました。

ほとんどの目がスネイプを追いヴォルデモートが最初に声をかけたのもスネイプでした。ヴォルデモートに促されてスネイプが発した言葉にテーブルの周辺がにわかに色めき立ったのでした。

「わが君不死鳥の騎士団はハリー・ポッターを現在の安全な居所から来たる土曜日の日暮れに移動させるつもりです」

ヴォルデモートの赤い眼がスネイプの暗い目を見据えました。その視線のあまりの烈しさに傍で見ていた何人かは目を背けたのでした。しかしスネイプは静かにヴォルデモートの顔を見つめ返したのでした。

3-2.セブルス・スネイプ対ヤックスリー
スネイプの報告に満足げな表情を浮かべたヴォルデモートでしたが、そこに口を挟んで来たのがヤックスリーでした。ヤックスリーは自分の得た情報は「それ」とは違っていると反論したのでした。

闇祓いのドーリッシュから入手した情報によるとハリー・ポッターは17才になる前の晩つまり30日の夜までは動かないとのことでした。

しかし!それに対してスネイプは自分の情報源によれば偽の手掛かりを残す計画があると、さらに闇祓い局はもはやハリー・ポッターの保護には何の役割も果たしていないと・・・

何故なら騎士団は我々(死喰い人)が既に魔法省に潜入していると考えているので魔法省の管理・規制下にある全ての輸送手段を避けていると自信満々に指摘したのでした。

ハリーがプリベット通り4番地を出たのはスネイプの報告通り30日の夜ではなく土曜日の夕暮れでした。ヤックスリーのほうがニセ情報だったのです。

ところが!思わぬ事態が死喰い人集団とヴォルデモートを待ち受けていました。ハリー・ポッターが7人いたのです。

3-3.背後で糸を引いていたのは「やっぱり!あの人」
そんなわけでハリーがプリベット通り4番地を出る日付をズバリ!的中させたスネイプだったのですが裏では「あの人物」が動いていたというわけです。

肖像画のダンブルドアはスネイプにヴォルデモートの信頼を揺るぎないものにしておくためにはハリーがプリベット通り4番地を出る正確な日付を教えなくてはならないとスネイプに言ったのでした。

そしてハリーの身の安全を確保するためにマンダンガス・フレッチャーに囮作戦を提案させるようにとスネイプに指示していたのです。

7人のハリーの出現に死喰い人集団は混乱し一時(いっとき)ヴォルデモートは本物のハリーを見失うこととなりました。死喰い人の1人が本物のハリーを見抜いて何とかヴォルデモートは追いつくことができましたが・・・

仕留める寸前にヴォルデモートにとっては思わぬアクシデントが起きて、またしてもハリーを殺し損ねてしまったのです。

今日の最後に
アルバス・ダンブルドアを亡き者にして、さらにハリーがプリベット通り4番地を離れる日付を的中させヴォルデモート卿の信頼を揺るぎないものにしたスネイプは・・・

何と!ホグワーツ魔法魔術学校の校長職に就任したのでした。さらにダンブルドアを殺害する際に「その場」に居合せたカロー兄妹が・・・

「マグル学」と「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師になるという露骨な論功行賞人事となったのでした。しかし!ホグワーツの校長職に就任したもののスネイプは様々な抵抗運動に苦慮することとなったのでした。

そして抵抗運動の先頭に立ったのが・・・

あの「3人」だったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/500-3cdb0633