FC2ブログ
第2巻「秘密の部屋」のロンは災難続きでした。最初のは杖が折れたことによる災難で2番目はハグリッドが残したヒントを巡る災難でした。そして最後の最後にとばっちりを受けたのは「あの人物」でした。(全3項目)

3-1.災難、その1「杖が折れた!」
さて!事の始まりはアーサー氏が中古のフォード・アングリアを手に入れて仕組みを調べるために分解すると言っていたのを実は空が飛べるようにした!

そこで当時ハリーとロンは知らなかったんですが屋敷しもべ妖精のドビーがハリーをホグワーツに行かせまいとキングズ・クロス駅の9と3/4番線の入口を塞いだため・・・

2人はアーサー氏が魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアに乗ってホグワーツに行こうということになったのですが車はホグワーツに到着する一歩手前で失速して校庭に植えられていた「暴れ柳」に突っ込み・・・

その際にロンは杖を真っ二つに折ってしまって、そのお陰で様々なトラブルやアクシデントに見舞われてしまったというわけです。

例えば学期が始まって最初の「変身術」の授業ではコガネムシをボタンに変えるという課題が出されましたがロンの杖は修理できないほどに壊れてしまったらしく・・・

とんでもない時にパチパチ鳴ったり火花を散らしたりしました。杖は濃い灰色の煙でロンを包み込み煙で手元が見えなくなったロンはコガネムシをうっかり肘で押しつぶしてしまったのでした。

新しいコガネムシをあげなくてはならなかったマクゴナガル先生はご機嫌斜めでした。

挙句の果てにロンはドラコ・マルフォイに「ナメクジ・ゲップの呪い」をかけようとしたら呪いが逆噴射して自分にかかってしまい・・・

ハグリッドの小屋で大量のナメクジを吐き出すハメに陥ってしまったのですが・・・

「もう1人」その杖の被害を受けた人が・・・

3-2.災難、その2「クモが苦手なのに」
今ではすっかりお馴染み(ですよね?)になっているロンの「クモ嫌い」なんですが初めて「それ」が明らかになったのは秘密の部屋の231ページでした。

ここでどうしてロンがクモ嫌いになったのか?の詳細な理由を本人が説明しています。何でも3才の時にロンがフレッドのおもちゃの箒の柄を折ったのが事の始まりだったそうです。

そのためフレッドはロンのぬいぐるみのテディ・ベアを大蜘蛛に変えてしまい「それ以来」ロンはクモが怖くなってしまったんだそうです。(笑)

「誰か何かを見っけたかったら、クモの跡を追っていけばええ。そうすりゃちゃんと糸口がわかる。俺が言いてえのはそれだけだ」

そんなわけでクモが大嫌いなのに上記のハグリッドが出したヒントを解き明かすためにロンはハリーと共に蜘蛛を積極的に探さなくてはならない状況に追い込まれてしまったのでした。

2人は蜘蛛を追って「禁じられた森」に入りハグリッドが育てた巨大蜘蛛のアラゴグと対面しました。蜘蛛が怖くない人でも怖がるだろうという蜘蛛と対面するハメに陥ってしまったのでした。

「大丈夫かい?」

命からがら巨大蜘蛛の元から逃げ出した後ハリーはロンに声をかけましたがロンはまっすぐ前を見つめたままで一言も口をきけませんでした。(秘密の部屋413ページ)

3-3.「秘密の部屋」へ
こうして2人の命がけの探索とハーマイオニーが残してくれたメモ書きのお陰で「秘密の部屋」の怪物が毒蛇の王バジリスクだと判りハリーとロンはロックハートの部屋に向かったのでした。

ところがロックハートが自分の部屋でしていたことは怪物を退治する準備ではなく逃げるために荷物を整理していたのでした。そして本人の口から驚愕の事実が知らされたのでした。

ロックハートは他の人がした手柄を横取りして自分がやったと称して本に書いていたのです。つまり他人のフンドシで相撲を取っていたというわけなんですよね。

ハリーとロンは「武装解除の術」でロックハートから杖を奪うとロックハートを秘密の部屋に同行させました。ところが秘密の部屋ではロックハートにとっては思わぬアクシデントが起こってしまったのでした。

「オブリビエイト!忘れよ!」

奪った杖がロンの杖だったことが「大きな災い」となってロックハートの身に振りかかったのでした。杖は小型爆弾並に爆発しました。

その結果「忘却呪文」は逆噴射しロックハートは自分の記憶を自分で消してしまって聖マンゴに入院するためホグワーツの「闇の魔術に対する防衛術」の教職を辞することを余儀なくされたのでした。

今日の最後に
秘密の部屋499ページでロンはロックハートがホグワーツを去ることを聞いて「残念だ」「せっかくあいつに馴染んできたところだったのに」と言っていますが・・・

私はスクイブの一歩手前の無能な魔法使いでオマケに他人の手柄を横取りしていたような人物のどこが気に入ったんだろうと思うんですけどね。(苦笑)

そんなロンですが「闇の魔術に対する防衛術」のクラスがキャンセルになってブツブツと文句を言うハーマイオニーにロンは・・・

「だけど僕たち、これに関してはずいぶん実技をやったじゃないか」とハーマイオニーを慰めていたのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/525-a4f0144c