FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

策士?策に溺れる?ウィーズリーおばさんの策略で結婚式の準備で大忙しのハリー、ロン、ハーマイオニーだったのですが・・・どこか抜けているというか?そして唯一3人が集まって話し合ったのはヴォルデモートの「あれ」のことだったのです。(全3項目)

3-1.深い闇の秘術
こうして3日間ウィーズリー夫人の策略で結婚式の準備に忙殺されていたハリーたち3人だったのですが、慣れないことをしたせいなのか?3日目の夜には一瞬ほころびが顔を出す結果となってしまいました。

おばさんに言われてアーサー氏の手伝いで鶏小屋の掃除に行ったハリーだったのですが結局鶏のほうはほとんどすることがなかったのです。2人が家の中に戻るとおばさんの姿はどこにもありませんでした。

そこでハリーが屋根裏のロンの部屋に戻ると自分のベッドに寝転がっているだけのロンと本を選り分けているハーマイオニーがいたのでした。ハリーがハーマイオニーに「君はどうやって抜け出したの?」と訊くと・・・

ハーマイオニーはおばさんは昨日もジニーと私に同じ仕事を言いつけたことを忘れているのよと答えたのでした。そこでハリーはこの機会に2人に改めて意志確認をしたというわけです。

2人の意志が固いことを確認した後にハーマイオニーがハリーとロンに紹介してくれたのが分霊箱の作り方から破壊の方法まで載っているという「深い闇の秘術」という本だったのです。

3-2.分霊箱の危うさと危険性
ハーマイオニーの説明によると「この本」には分霊箱の具体的な作り方や破壊する方法も載っていますが同時にリスクや危険性などについても説明されているそうです。

ハーマイオニーは分霊箱のことを読めば読むほど「ヴォルデモートは本当に6個も作ったのだろうか?」と信じられなくなってくると2人に言って聞かせたのでした。

この本では魂を切り裂くことで残った魂がどんなに不安定なものになるのかを警告しているそうです。しかもそれは「たった1つ」の分霊箱を作った場合のことなんだそうです。

でも?もし?ヴォルデモートが既に「この本」を読んで必要な知識を得ていたのなら?どうしてスラグホーンに改めて分霊箱の作り方を聞いたりしたんだ?というロンの問いに対してハリーは・・・

あいつは魂を7分割したらどうなるのかを知るためにスラグホーンに聞いただけだと答えたのでした。リドルがスラグホーンに聞いた時にはもう作り方を知っていただろうとダンブルドアは確信していたと・・・

そして「元通りに戻す方法はないのか?」というロンの問いに対してハーマイオニーは「あるわよ」と「でも地獄の苦しみでしょうね」と、そしてハリーの「なぜ?どうやって戻すの?」の問いに対しては・・・

「良心の呵責」

自分のしたことを心から悔いないといけないのだそうです。さらに注釈があって「あまりの痛みに自らを滅ぼすことになるかもしれない」と書かれているそうです。

次に分霊箱を破壊する方法としては確実に破壊する方法は少ないのだけれどもハリーが「リドルの日記」に対して取った方法が「その1つ」なんだそうです。つまりバジリスクの牙で刺すという方法なんだそうです。

もちろん分霊箱を破壊する方法は他にもあるにはあるのですがバジリスクの毒と同じ破壊力を持つ物質は非常に少なくて、しかも持ち歩くのには危険なものばかりなんだそうです。

したがって「この問題」はハリーたち3人がこれから解決しなければならない大きな課題だということでした。

3-3.この場面でのダンブルドア
「ダンブルドアは、いったいどうやって指輪を破壊したんだろう?」

「僕、どうしてダンブルドアに聞かなかったのかな?僕、一度も・・・」

ハリーは今になってダンブルドアに聞くべきことが沢山あったのに、どんなに多くの機会を逃してしまったのかを今頃になって痛感・後悔しているというわけなんですけど・・・

ダンブルドアは分霊箱の1つがヴォルデモートのペットの蛇のナギニだということについては生きている内にハリーにハッキリと教えましたが分霊箱を破壊する方法については一言も言及しませんでした。

それは自分の死後に意外な形で分霊箱を破壊する方法を知るという劇的な効果を狙ってのことだったというわけです。「ある人物」に手柄を譲ったというわけなんですよね。

その「ある人物」とは?

本日の最後に
ハリーの誕生日の前日つまり7月30日の午前11時にはフラーの両親デラクール夫妻と妹のガブリエールが「隠れ穴」に到着しました。

騎士団と魔法省が「隠れ穴」に安全対策の呪文を幾重にも施していたので移動キーで来るデラクール一家をウィーズリーおじさんは近くの丘の上まで迎えに行ったのでした。

新婦の家族が到着して花婿付添い人のチャーリーが来れば結婚式の役者は全て揃って、あとは結婚式を待つばかりということのようですが・・・

ハリーの誕生日には・・・

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第6章「パジャマ姿の屋根裏お化け」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.