FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

第5巻の教師にドローレス・アンブリッジが就任した時には私を含めた大多数の読者が「まさかこれよりひどい人物は現れないだろう」と思ったでしょうね。しかし!・・・当然ですがこれ以降は第6巻を読み終えていない人は読み終えてからご覧ください。
教師でしかも!寮監をしている人物が!校長を殺害して逃走するとは!おそらく千年以上の歴史を持つホグワーツでも前代未聞の不祥事でしょうね。

伝え聞いた話によるとローリングさんはセブルス・スネイプについて、書くのは楽しいがどうして人気があるのか?私には理解できない。気が滅入るとおっしゃっていたそうです。まさに納得!「なんじゃ!コイツ!」と思ったのは私だけではないようです。

私も5月21日の午後4時前に第6巻を読み終えた時には「スネイプ許せん!」と怒りと憎悪の炎を燃えたぎらせていました。もう『アバダ ケダブラ』であっさり殺してしまうのはもったいない!『セクタムセンプラ』で血まみれになって死んでいけばいいんだと思いました。

でも翌22日に目覚めた時その考えは早くも180度変わっていました。何故なら「ダンブルドアが犬死するわけない!」と思ったからです。もちろん他の理由もあってのことだったんですが、さっそくその日の夜から第6巻を最初の章から読み返し始めました。

実はまだ第17章までしか読み返しが終了していないのですが、それでもセブルス・スネイプはダンブルドア側の人間であるという結論に達しました。『その根拠』は下記の2点です。

根拠、その1
上巻49ページでスネイプはハリーについて「あいつには特別な能力などまったくない」「単なる幸運と、より優れた才能を持った友人との組み合せだけで乗りきってきた。徹底的に平凡なやつだ」などと言っていますが、スネイプはハリー自身でさえ気づいていない『隠された能力』を最低1つは把握しています。

だからスネイプはハリーのことを嫌っているんです。

根拠、その2
上巻58ページの括弧書き
スネイプの手がナルシッサの手の中でピクリと動いたが、手を引っ込めはしなかった

おそらく『この時』既にスネイプはダンブルドアから「もしわしの命とそなたの命、どちらか一方を選ばなければならない状況に陥った時には自分の命を救うほうの選択をしなさい」と言われていたんだと私は思います。

もちろんナルシッサ・マルフォイから『破れぬ誓い』を結んで欲しいとの申し出があれば応じても構わないと事前に言われていたんだと思います。だから手がピクリと動いたんだと思います。

最後に
セブルス・スネイプが全幅の信頼をもってヴォルデモート卿の元に戻る為には『何を』持って戻るのが1番いいのか?それはもちろん『ダンブルドアの命』でしょう。ダンブルドアはヴォルデモート卿や死喰い人たちのセブルス・スネイプに対する信頼を決して揺るがない不動のものにするために自らの命を投げ出したんだと思います。

まだ読み返しが17章までしか終わっていない段階で発表するのは少々乱暴だったかもしれませんが、とりあえず一度は通して読んでいますし、多分30章まで読んでも考えは変わらないと判断したので発表に踏み切りました。

コメント

スネイプに関して

わたしもスネイプの記述を読むと、げっそりしてきます。たぶんハリーもローリングも彼が好きじゃないせいだと思います。

ところで、ダンブルドアとスネイプに関しては、トキメキぼーいさんの考えるところと、まったく同じ考えです。つまり、ダンブルドアはドラコを殺人者にするわけにはいかなかった。そして、そろそろ燃え尽きそうな自分の命を終わらせた暁にはハリーの守護に廻るつもりだったのではないでしょうか?(考えすぎ?)

ドラコに関しては、両親の愛情をあれだけ受けているのですから(実際愛されていると思っている)、真の死食い人にはなれないでしょう~。
つまり、ヴォルデモートに対抗する術の根本は「愛情」ということでしょうね。

今のところ、最大の謎は「R.A.B」ですね。

2006.06.09  るんた  編集

ドラコの今後

るんたさん実にウンチクのあるコメントありがとうございました。
私はダンブルドアは殺人者にしたくなかったというよりドラコに人殺しは出来ないと確信していたと思います。実際本人にもそう言っていますし(下巻408ページ)母親のナルシッサも成功しないって言ってますからね。(上巻53ページ)さすが!息子のことは誰よりもよーく判っています。

第6巻で一番大きく印象が変わったのはやはりドラコ・マルフォイじゃないでしょうか?第5巻までは親の七光りを後ろ盾に威光を振りかざすお坊ちゃまという感じでしたが第6巻でようやく「大人の男」になったといったところです。いずれ単独(記事1件)で取り上げようと思っています。

2006.06.10  トキメキぼーい  編集

私も~!

ヨカッタ~!同じ意見! これで記事アップする気にすこ~しなれました! (←バカ・・・・・。)

アタシも、スネイプは決して「殺したかった」訳じゃないと思う。 
これに関しては、どこまでもダンブルドアを信頼していいと思う。

なら、ダンブルドアに起こった事すら、本当に真実だったのか?! 
という気になりました。
だって、トキメキぼーいさんのおっしゃるとおり、ダンブルドアは「解って」たんだと思いますもん。 死ぬ事。

てか、訳者のあとがきにすら書いてありましたよね。 「ダンブルドアは本当に死んだのか?」 ッて(爆)。
訳者ですらそう思うなら、何かどんでん返しがあるかも知れない・・・。
と、思いたい(笑)。

2006.07.10  あきごん  編集

絶大なる信頼!

あきごんさんコメントありがとうございました。
同意見!とのことですが・・・本当にそうですか?(笑)

るんたさんと私が同意見だから「間違いない!」と思っただけなんじゃないですか?(笑)まあ別にそれならそれでいいですけどね。

「あのシーン」を読んだ直後の読者は思いっきり腹を立てたか、落ち込んだかのどちらかだったみたいです。私は腹を立てたほうでしたけどね。

あっちこっちのサイトを意見を見てみると、やはり皆さんダンブルドアに寄せる信頼が凄くて「ダンブルドアが間違えるハズがない!」だから「スネイプは絶対にダンブルドア側だ!」という意見が多いみたいですね。

2006.07.11  トキメキぼーい  編集

私の意見

皆さんと同じ意見で良かったです!
私もセブルスは“殺したかった”という訳ではなく、
ダンブルドアに“殺せ”と言われたから何でしょうか。
ドラコを殺人者にしたくないのは、
ホグワーツの生徒を、犯罪者にしたくないからじゃないですか?
七巻を読めば全ての謎が解けるのでは?と
期待しています。七巻を全て読み次第、
またコメントしたいと思います。

2016.03.06  エンマ  編集

まだなんですか。

エンマさんコメントありがとうございました!

エンマさんはまだ第7巻「死の秘宝」を読んでみえないんですね。ダンブルドアはドラコを殺人者にしたくないというよりは出来なかった事が最初から判っていたという感じだと私はそう思いますよ。

セブルス・スネイプについては第7巻で色んな事が沢山明らかになっています。楽しみにしていてください。(笑)

2016.03.07  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.