FC2ブログ
魔法省が陥落して「隠れ穴」の周囲に施されていた保護呪文は破られ結婚式場に死喰い人が乱入して来ました。そして慌ただしくハリー、ロン、ハーマイオニーのヴォルデモートの分霊箱を探す旅が始まったのでした。姿くらましをして3人が最初に到着したのはトテナム・コート通りでした。(全3項目)

3-1.脱出!
キングズリーの守護霊の声を合図にハリーとハーマイオニーは瞬時に立ち上がると杖を抜きました。ほとんどの客はまだ事情を飲み込めずに銀色のオオヤマネコが消えたあたりに顔を向けるところでした。

守護霊が着地した場所から周囲へと沈黙が冷たい波になって広がって行きました。するとやがて誰かが悲鳴を上げました。ハリーとハーマイオニーは恐怖に慌てふためく客の中に飛び込んで行きました。

客は蜘蛛の子を散らすように走り出し大勢が「姿くらまし」しました。「隠れ穴」の周囲に施されていた保護呪文は破れていました。

ハリーとハーマイオニーがダンスフロアを横切って突き進む間にもハリーは仮面を被ったマント姿が混乱した客の中に現れるのを目撃しました。ルーピンとトンクスが杖を上げて「プロテゴ!護れ!」と叫んでいました。

ハリーと2人で怯(おび)える客の流れに揉まれながらハーマイオニーは半泣きになってロンを呼びました。ハリーはハーマイオニーと離れないようにと手をしっかり握っていました。

ようやくロンを見つけてロンがハーマイオニーの空いている腕をつかんだ途端ハーマイオニーは「その場」で回転して「姿くらまし」しました。3人は「隠れ穴」からも「死喰い人」からも離れて行きました。

そして多分ヴォルデモートからも・・・

3-2.トテナム・コート通りで
「ここはどこだ?」ロンの声がしてハリーは目を開けました。ハーマイオニーが息を切らせながら「トテナム・コート通りよ」と答えたのでした。3人は半分走りながら着替える場所を探したのでした。

どうして「透明マント」を肌身離さず持っていなかったんだろう?と言ったハリーに対してハーマイオニーはマントも持って来たし2人の着替えもちゃんとあると言ったのでした。

やがてハーマイオニーは先に立って脇道に入ると人目のない薄暗い横丁へと2人を導きました。そして手に持った小さなピースバックからロンの着替えの服を一揃えと「透明マント」を取り出したのでした。

ハーマイオニーがピースバックにかけた魔法は「検知不可能拡大呪文」というもので、これで分霊箱探しの旅に必要な物は全て詰め込んだとのことでした。ハリーがマントを被ると3人は再び歩き出したのでした。

結婚式に来ていた人たちを心配するハリーでしたがハーマイオニーは狙われているのはあなたなんだから「隠れ穴」に戻ったりしたら、みんなをもっと危険な目に遭わせることになると言ったのでした。

酔っ払いの男たちがハーマイオニーに冷やかしの言葉を浴びせて来るので、しびれを切らしたハーマイオニーが指し示した店に3人は入りました。24時間営業のカフェでした。

ところが!そのカフェに何故か?2人の死喰い人が現れたのです。呪文と呪いのかけ合いで大乱闘になりました。何とか2人の死喰い人を取り押さえることができた3人だったのですが・・・

問題は「この2人の死喰い人はいったいどうやって僕たち3人を見つけたのか?」ということでした。そして「この2人」をどう始末するのか?ということでした。

ハリーの判断で2人の死喰い人には「忘却呪文」をかけることにしました。カフェを元通りにして3人は死喰い人たちを座っていたボックスに戻すと向かい合わせにして寄り掛からせたのでした。

しかし1つの大きな疑問が残りました。2人の死喰い人はいったいどうやって自分たち3人を見つけたのか?ということです。ハーマイオニーが真っ先に疑ったのは17才になったばかりのハリーでした。

それについてはロンがキッパリと否定したのでした。「臭い」の呪文は17才で破れるのでありえない。それに「この24時間」ハリーは死喰い人に近寄ってなんかいないから「臭い」をつけ直すなんてできないと・・・

このことを話し合うために「どこか安全な隠れ場所が必要だ」と言ったロンに対してハリーが提案したのは何と「グリモールド・ブレイス」でした。2人はあんぐりと口を開けたのでした。

あそこにはスネイプが入れるのよと言うハーマイオニーでしたが「他にどこがある?」と結局ハリーの強い決意で3人は「グリモールド・プレイス12番地」に向かうことにしたのでした。

3-3.この場面でのダンブルドア
当サイトでは事ある毎に本シリーズの2人の主役ハリーとダンブルドアには予知能力すなわち未来を予見する力があると繰り返し主張して来ました。ハリーが自身の「この能力」を自覚していないことも指摘済みです。

「グリモールド・プレイス12番地」にはスネイプが入れるとの懸念を示したロンとハーマイオニーに対してハリーは「むしろスネイプに会えたら100年目だ!」と言って12番地行きを強行したのでした。

つまりハリーは「こう言いつつも」意識の底で自分たちがいる間はスネイプは12番地には絶対に来ないという確信があったから「ここまで」強く12番地行きを強く進言できたんだと私は思いますね。

ダンブルドアが「グリモールド・プレイス12番地」の騎士団本部としての機能を事実上自身の死とともに終わらせたのはハリーたち3人に使わせるためだったんでしょうね。

だから当時ホグワーツの校長室では肖像画のダンブルドアがスネイプに「今あそこにはハリーたち3人がいるから行ってはならぬ」と言っていたんじゃないかな?と私は思いますね。(勝手な想像?妄想?)

本日の最後に
予知能力つまり未来を予見する力があるということはハリー自身は自覚もしておらず全く気づいていないのですが当然ダンブルドアはそんなハリーの能力を見抜いていたというわけです。

そしてこうして「グリモールド・プレイス12番地」に入ったことでハリーたち3人は「R.A.B」が誰なのか?1つ目の分霊箱がどこにあるのか?を知ることができたというわけです。

ダンブルドアが知っていることの全てをハリーに教えず提供する情報を必要最低限にしたのもハリーの予知能力を知っていたからというわけなんですよね。あとはハリーにまかせて大丈夫と思ったからというわけです。

この後もハリーは「この能力」を発揮して要所要所で大きな決断や行動をしていくことになるというわけです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第9章「隠れ家」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/562-ba120bac