FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハーマイオニーは相変わらず不機嫌なもののロンが帰って来て気分は一気に絶好調のハリーだったのですが、ロンが手土産に持って来た新しい杖との相性は今一つのようです。ハーマイオニーは「練習あるのみ!」と言うのですが・・・(全3項目)

3-1.ロンが帰って来て・・・
ハリーはハーマイオニーの怒りが一夜にして収まるとは期待していませんでした。それに応えてロンもまたハーマイオニーのいる所では後悔していることを形に現すためにロンらしくもない生真面目な態度を守っていました。

最初の分霊箱を破壊したことで楽観的になったハリーはこの突破口に続いて次々と進展があるに違いないと感じていました。突然運が向いて来て不思議な牝鹿が現れたことやグリフィンドールの剣が手に入ったことや・・・

そして何よりロンが帰って来た幸福感でハリーは笑顔を見せずにはいられなかったのでした。そのため3人でいるとハリーは会葬者の少ない葬式で1人だけ哀悼の意を表していない人間のような気がしたのでした。

ロンと再会した翌日ハリーは2人だけになった時には互いのニュースを交換し合うことになったのでした。ハリーはゴドリックの谷で起こった詳細を含めてハーマイオニーとの放浪の旅についての全てを・・・

一方ロンのほうは2人と離れていた期間中に知った魔法界全体のことをハリーに話してくれたのでした。そこで1つ明らかになったのが「禁句」の問題だったというわけです。

つまり「あの人」(ヴォルデモート)の名前を呼ぶと保護呪文が破れて追跡可能になる。そのため死喰い人たちはトテナム・コート通りで3人を見つけたのだそうです。

「あの人」に対して真剣に抵抗しようという者だけが名前を呼ぶ勇気がある。したがってそれを「禁句」にすることで騎士団のメンバーを見つけるのが簡単になったんだそうです。

そのためキングズリーも危うく捕まりそうになったそうですが戦って逃げてキングズリーもまた自分たちと同様に今は逃亡中なのだそうです。

3-2.リンボクの杖
「エンゴージオ 肥大せよ」

クロイチゴの茂みに凍ったクモの巣があり真ん中にいた大きなクモに向かってハリーは呪文を試してみました。2度目にようやくクモは少しだけ大きくなったのでした。

畏(おそ)れ多くもハーマイオニーが調べてくれた結果リンボクの木でできていると判断してくれた杖でした。ロンが人さらいから奪って昨日の晩に貰った杖です。

「レデュシオ 縮め」

クモは縮みません。ハリーは改めてロンから譲り受けたリンボクの杖を見ました。その日に試してみた簡単な呪文のどれもが不死鳥の杖に比べて利きが弱いような気がしたのでした。

新しい杖は出しゃばりで違和感がありました。何だか自分の腕に誰か他の人の手を縫いつけたようでした。そんなハリーにハーマイオニーは「練習が必要なだけよ」と言うのでした。

「ハリー、要するに自信の問題なのよ」

ハリーはハーマイオニーが何故?杖に問題がないことを願うのか?その理由が判っていました。ハリーの杖を折ったことを未だに苦にしているのです。口に出かかった反論の言葉をハリーは呑み込んだのでした。

杖に問題がないのならハーマイオニーがリンボクの杖を持てばよい、代わりに僕がハーマイオニーの杖を持つからと言いたかったのですが、ハリーは3人の仲が早く元通りになって欲しかったので逆らわなかったのでした。

3-3.この場面でのダンブルドア
杖のほうが持ち主の魔法使いを選ぶ。

ハリーが11才の誕生日にオリバンダーの店に行った時にオリバンダー翁から言われたのが「この言葉」でした。また「この時」には他人の杖を使っても自分の杖ほどの力は出せないものだとも言われました。

ハリーは不死鳥の杖を失って代わりにリンボクの杖を持つことになったのですが、これは魔法使いと杖の複雑な関係を学ぶためにダンブルドアが敢えて「そう仕向けたんだ」と私はそう思いますね。

そして最後の最後に「あの杖」を勝ち取るために・・・

本日の最後に
暗くなって来たので3人はテントに戻りハリーが最初の見張りをしました。ロンはハーマイオニーの様子を伺いながらおどおどしていましたが、やがてリュックサックからラジオを取り出しました。

ロンが何度もハーマイオニーを盗み見るのはハーマイオニーが突然怒り出すのを恐れていたからでした。しかしハーマイオニーはロンのことなど存在しないかのように完全無視でした。

ハリーが引き続きリンボクの杖の練習をしているとハーマイオニーがベッドから降りて来ました。そして相変わらずロンのことを完全無視してハリーに「お話があるの」と声を掛けて来たのでした。

ハリーはハーマイオニーが手にしていた本が「あの」リータ・スキーターの本だったので何の話なのか?と心配そうに「なに?」と訊いたのですがハーマイオニーの答えはハリーが全く予想していなかったものでした。

ハリーは目を丸くしてハーマイオニーを見つめたのでした。

ハリーの予期せぬハーマイオニーの話の内容とは?

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第20章「ゼノフィリウス・ラブグッド」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.