FC2ブログ
「ハリー、そんな物はないのよ!」ハーマイオニーは強硬に「死の秘宝」なんてものは存在しないと言ったのですが、いつしかハリーの頭の中は「そのこと」で一杯になり他のこと一切が考えられなくなっていたのでした。果たして「死の秘宝」は存在するのか?しないのか?(全3項目)

3-1.「死の秘宝」を巡る論議
ハーマイオニーがいつもの保護呪文を周囲に張り巡らし3人はテントを張って中に入りロンが紅茶を入れたのでした。九死に一生を得たあとは寒々としたかび臭いテントの中でも安全でくつろげる居心地のいい家庭のようでした。

しばらくは沈黙が続きましたが、やがてハーマイオニーがハリーの言ったことは正しかった。ゴドリックの谷の二の舞だったと呻(うめ)くように言ったのでした。

挙句の果てには「死の秘宝」なんて全部ゼノフィリウス氏の作り話じゃないかしら?死喰い人たちが来るまで私たちを引き留めておくための手段に過ぎなかったとまで言い放ったハーマイオニーだったのですが・・・

ロンは「それは違うと思うな」と・・・緊張している時にでっち上げ話をするのは意外に難しいことだからラブグッド氏は本当か?または本当だと信じていることを言ったと思うと反論したのでした。

それでもハーマイオニーはあくまでも「死の秘宝」なんて存在しないと言い張ったのですが、ロンは1つだけは有り得るじゃないかと言ったのでした。それは・・・

ハリーの「透明マント」だと。

3-2.マールヴォロ・ゴーント
ハリーは話題を変える意味もあってハーマイオニーにゴドリックの谷で見た「ペベレル家」の人のことは何か?判ったの?と訊ねるとハーマイオニーは・・・

墓石に「あの印」があるのを見たあと有名な人か?あるいは何か重要なことをした人なら持って来た本のどれかに載っているはずだと思って調べたんだそうです。

しかし「ペベレル」という名前はクリーチャーから借りた「生粋の貴族―魔法界家系図」に載っていただけで他の本からは見つからなかったそうです。

つまり「ペベレル家」という名前は現在では男子の血筋が絶えてしまっているので子孫はいるかもしれないが違う姓を名乗っているだろうとのことでした。

それを聞いた瞬間にハリーの脳裏にパッと閃くものがありました。ペベレルの姓を聞いた時に揺すぶられた記憶でした。魔法省の役人の鼻先で醜い指輪を見せびらかしていた老人でした。

「マールヴォロ・ゴーント」ハリーは叫びました。

3-3.この場面でのダンブルドア
昨年度ダンブルドアがハリーに対して行なった個人教授の最初の授業で見せたのがボブ・オグデンという魔法法執行部に勤めていた役人の記憶でした。

その「記憶」の中でヴォルデモート卿の祖父マールヴォロ・ゴーントがボブ・オグデンに中指にはめている黒い石つきの醜悪な指輪を見せ付けながら「こう」言っているんですよね。

「・・・石にペベレル家の紋章が刻まれた、この指輪に!」

後の授業でダンブルドアは「この」マールヴォロ・ゴーントがはめていた指輪がヴォルデモート卿の分霊箱の1つだったことや、それを破壊したのがダンブルドア自身で右手を負傷したのも・・・

その時だったんだということを明らかにしたのですが、ダンブルドアは表向きはヴォルデモートの分霊箱のことを教えるためにハリーに対して個人教授を施したと生きている内はハリーにそう思わせていたのですが・・・

ダンブルドアはこうしてさりげなく「死の秘宝」のヒントも与えていたというわけなんですよね。

本日の最後に
ハリーはマールヴォロ・ゴーントがはめていた指輪についていた「石」こそが『蘇りの石』なのではないか?と思ったのでした。そして応援を求めるようにロンを見たのでした。

ロンは口をあんぐりと開けて驚きながら「だけどダンブルドアが壊したのなら効き目はまだあるのかなぁ」と言ったのでした。しかしそんな2人に対してハーマイオニーは・・・

苛立ちと怒りを顔に出して勢いよく立ち上がると、まずロンに対しては効き目も何も「蘇りの石」なんてものは存在しないのよと言ったのでした。

そして次にハリーに対しては、あなたは何もかも「秘宝」の話に当てはめようとしていると言ったのでした。しかし!そんなハーマイオニーに対してハリーは・・・

無理やり当てはめようとなんかしていない!自然に当てはまるんだ!あの石に「死の秘宝」の印があったに決まっている!ゴーントはペベレルの子孫だって言ったんだ!と・・・

じゃあ!ダンブルドアは「その指輪」をどこに?

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第22章「死の秘宝」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/588-3c754777