FC2ブログ
だからダンブルドアは僕にスニッチを遺したのか?この中に「蘇りの石」が?ヴォルデモートが探しているのは「ニワトコの杖」なのか?ヴォルデモートは「死の秘宝」を知らないのだろうか?(全3項目)

3-1.スニッチの中に?
3つの品つまり「秘宝」を集められれば持ち主は死を制する者となるだろう。分霊箱は秘宝には敵わない。「死の秘宝」の持ち主になればハリーは安全なのだろうか?

一方が生きる限り、他方は生きられぬ。秘宝対分霊箱?ハリーが最後に勝利者になる確実な方法があったということなのだろうか?「透明マント」もまたゼノフィリウスの言う通り着ると間違いなく透明にしてくれるし・・・

永久に長持ちする。どんな呪文をかけても見通せないし「いつでも」間違いなく隠してくれる。ハリーの頭の中はもはや「秘宝」で一杯となりハーマイオニーの声も聞こえていなかったのでした。

そしてハリーが出した結論がイグノタス・ペベレルは自分の先祖で自分自身は三番目の弟の子孫なんだというものでした。そう考えれば全て辻褄が合うと・・・

ハリーは「秘宝」を信じることで確実に武装されたように感じたのでした。「秘宝」を所有すると考えただけで守られるかのように感じたのでした。

さらにハリーは気づいたのでした。ダンブルドアがハリーに遺贈した『スニッチ』の中に指輪があるんだと!衝撃と驚きが体の中から噴き出しハリーは叫んでいたのでした。

つまり「透明マント」は三番目の「秘宝」であり、スニッチの開け方が判った時には二番目の「秘宝」も手に入る。あとは第一の「秘宝」である「ニワトコの杖」を見つければ3つの「秘宝」が全て揃う。

しかし!ここまで考えた時きらびやかな舞台の幕が突然下りてしまったかのようにハリーの興奮も希望も幸福感も一挙に消えてしまったのでした。ハリーは気づいてしまったのでした。

ヴォルデモートが狙っているのは「ニワトコの杖」なんだ。

3-2.ポッターウオッチ
ハリーは「死の秘宝」のことしか考えられませんでした。まるで胸に炎が点されたようでロンとハーマイオニーの断固たる無関心ぶりも「その火」を消すことはできませんでした。

しかし「秘宝」への想いが燃えれば燃えるほどハリーの喜びは薄れるばかりでした。ハリーはロンとハーマイオニーを恨みました。しかしそれでもハリーの確信を弱めることはできずハリーの信念は絶対的なものでした。

「秘宝」に対する信念と憧れがハリーの心を奪い、その結果「分霊箱」への執念を持つ2人からハリーは孤立しているように感じたのでした。

何週間かが過ぎてハリーが自分の考えに夢中になっている内にロンが指揮を執っていることに気づかされる羽目になっていたのでした。2人を置き去りにしたことへの埋め合わせのつもりなのか?

それともハリーの熱意のなさが眠っていたロンの指揮能力に活を入れたからなのか?今やロンがハリーとハーマイオニーを励ましたり説き伏せたりして行動させていました。

そんなロンの説明によると唯一ヴォルデモート寄りではない本当のことを教えてくれるラジオ番組があるんだそうです。「ポッターウオッチ」と言うのだそうですが周波数を合わせるのが難しいんだそうです。

ロンは毎晩のように様々なリズムでラジオのてっぺんを叩いてダイヤルを回していましたが幸運が巡って来て「ポッターウオッチ」が聞けた時にはもう3月になっていました。

見張りの当番だったハリーが急いでテントの中に戻るとロンとハーマイオニーが小さなラジオのそばにひざまづいていました。ラジオのスピーカーからは3人には聞き覚えのある声が流れていました。

リー・ジョーダンやキングズリー・シャックルボルトさらにはリーマス・ルーピンにフレッドかジョージのいずれか(声だけではどちらか?はハッキリと分からない)などなど・・・

ハリーたち3人にとってはお馴染みになっているメンバーが他の報道機関(WWN・魔法ラジオネットワークニュースや日刊予言者新聞)が知らせる価値もないと判断した訃報などを知らせていたのでした。

そんなニュースの中にはテッド・トンクスとダーク・クレスウェルにゴルヌックという小鬼が殺されたという訃報もありました。3人はぞっとして顔を見合わせたのでした。

その一方で一緒に旅をしていたと思われるディーン・トーマスともう1人の小鬼(グリップフック)は難を逃れて引き続き逃亡中とのことでした。

3-3.この場面でのダンブルドア
ダンブルドアがセブルス・スネイプに囮(7人のハリー・ポッター)作戦を仕込ませてハリーがプリベット通り4番地を離れる正確な日時をヴォルデモート卿に教えさせたのは・・・

実はもちろんハリーの身の安全を図るためとスネイプには言いつつも『真の目的』は再びハリーとヴォルデモートを直接対峙させるためだったというわけなんですよね。

「その」ヴォルデモート卿は杖職人のオリバンダー翁から双子の芯のことを聞き出し誰か他の人の杖を借りれば今度こそハリー・ポッターを亡き者にできると確信してルシウス・マルフォイの杖を借りたのですが・・・

またしても予想外の不測の事態が起きてしまいハリー・ポッターを殺し損ねてしまったのでした。そこでヴォルデモート卿は全ての杖を破ると噂に聞く唯一の杖すなわち「ニワトコの杖」を探しに出かけたというわけです。

何故ダンブルドアはヴォルデモート卿が「ニワトコの杖」を探すように仕向けたのか?と云えば当然ハリーたちの旅の目的(分霊箱を探し出して破壊する)からヴォルデモート卿の目を逸らすためだったのですが・・・

もう1つの目的が「次の章」で明らかに・・・

本日の最後に
「その名前は『禁句』だ!」

ロンが大声を上げて立ち上がりました。テントの外でバチッという音がしました。ロンは「その言葉」は使っちゃいけないと、保護呪文をかけ直さないといけないと言ったのですが・・・

時既に遅しでした。テーブルの上の「かくれん防止器」が明るくなり回り出していました。外からは荒っぽい興奮した声が聞こえて来ました。ロンが「灯消しライター」でランプの灯を消しましたが・・・

「両手を挙げて出てこい!」

「中にいることはわかっているんだ!6本の杖がお前たちを狙っているぞ。呪いが誰に当たろうが、俺たちの知ったことじゃない!」

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第22章「死の秘宝」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/589-8c01bb71