FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ダンブルドアとは比べようもないほどの質素なドビーの葬儀でしたが心のこもった温かい葬儀でした。特にルーナが捧げた葬送の言葉は絶品でした。そしてドビーを葬った後にハリーがした「決意」とは?(全3項目)

3-1.ドビーの葬儀
もはやドビーはハリーの呼び戻せないところに逝ってしまったと判ってはいてもハリーはドビーの名前を呼び続けることを止めることはできなかったのでした。

やがてハリーは結局は正しい場所に着いていたことを知ったのでした。ひざまづいてドビーを覗き込んでいるハリーの周りにビル、フラー、ディーン、ルーナが集まって来たからでした。

そしてハリーはドビーを埋葬する墓穴を掘る作業を魔法ではなくスコップで手作業で行なうことにしたのでした。汗を流して自分の力で掘り進めることに意味があったのです。

汗の一滴一滴、手のマメの1つひとつが自分たちの命を救ってくれたドビーへの供養に思えたのでした。汗に悲しみを包み込みハリーは固く冷たい土を掘り続けたのでした。

戻って来たロンとディーンが杖を使って完璧な墓を掘らないのは何故かと訊いて来たらハリーは答えを用意していました。しかし答える必要はありませんでした。

2人ともスコップを手に十分な深さになるまで黙々と一緒に掘ってくれたのでした。そしてロンは自分の靴下をドビーに履かせディーンは毛糸の帽子をルーナは見開いたままのガラス玉のような眼をつむらせてくれたのでした。

ハリーはドビーを墓穴に横たえ小さな手足を眠っているかのように整えました。突然ルーナが「何か言うべきだと思う」と言いました。みんなが見守る中ルーナは墓穴の底のドビーに語りかけたのでした。

「あたしを地下牢から救い出してくれて、ドビー、本当にありがとう。そんなにいい人で勇敢なあなたが死んでしまうなんて、とっても不公平だわ。あなたがあたしたちにしてくれたことを、あたし、決して忘れないもン」

「あなたがいま幸せだといいな」

ハリーが言えたのは「さようなら、ドビー」の一言だけでした。というかルーナがハリーの言いたいことを全部言ってくれていたのでした。最後はビルが杖を上げて墓穴の横の土が宙に浮き上がり・・・

小さな赤みがかった塚ができたのでした。

3-2.ハリーの決意・・・グリップフックとの会談
「ハリー、いったい何が起こったんだ?君は死んだしもべ妖精と半分気絶した小鬼を連れて現れたし、ハーマイオニーは拷問を受けたみたいに見える。それにロンも何も話せないと言い張るばかりだ」

今すぐにグリップフックとオリバンダーの2人と話す必要があると言ったハリーにビルが問い掛けました。そんなビルにハリーは「僕たちが何をしているかは話せません」ときっぱりと答えたのでした。

ハリーはビルにビルも騎士団のメンバーだからダンブルドアが僕たちに何らかの秘密の任務を残したことは知っているはずだと言うと、フラーのほうは苛立ったような声を漏らしたものの・・・

ビルはフラーのほうは見ずにハリーをじっと見つめたのでした。深い傷痕に覆われたビルの顔からは何を思っているのか?を読むのは難しいことでした。そしてビルはしばしの間考えたあと言ったのでした。

「わかった。どちらと先に話したい?」

ハリーは迷いました。自分の決定に何が懸かっているのか?を知っていたからです。今こそ決心すべき時だ。分霊箱か?秘宝か?

「グリップフック」
「グリップフックと先に話をします」

3-3.この場面でのダンブルドア
あなたはロンに「灯消しライター」を与えた。あなたはロンを理解していた。あなたがロンに戻るための手段を与えたのだ。そしてあなたはワームテールをも理解していた。わずかにどこかに後悔の念があることを。

これこそ!ダンブルドアに予知能力すなわち未来を予見する力があるという決定的な証拠と云えますよね。何と言っても確固たるもので揺るぎ無きものが『ピーター・ペティグリューの件』のほうです。

ダンブルドアがハリーにペティグリューを助けて本当によかったと思う時が必ず来るだろうと言ったのは何と!ハリー3年生の学期末でした。事が起きたのは「それから」4年7ヵ月後のことでした。

4年と7ヵ月も前にワームテールがマルフォイの館の地下牢の見張りの役目を担っていて、そこにハリーたち3人が行くことになるなんて予測不可能なのは言うまでもないことです。

だから私にとっては至極当然なことで別に驚きもしませんでしたね。(笑)

本日の最後に
「僕はグリンゴッツの金庫破りをする必要があるんだ」

不可能だと答えるグリップフックにロンが前例があると反論するとグリップフックは問題の金庫はその時空だった。だから最低限の防衛しかなかったと重ねてグリンゴッツの金庫を破ることなどできないと言ったのでした。

グリンゴッツを去ったとは云え銀行の防御が破られるという考えは腹に据えかねるのだとハリーには理解できたのでした。そしてハリーの次の発言にロンもハーマイオニーも再び驚かされることになったのでした。

それはハリーが入りたい金庫はもちろん空でもないし相当強力に守られているだろうと言うのです。それはレストレンジ家の金庫だというのです。ハーマイオニーとロンは度肝を抜かれて顔を見合わせたのでした。

その後もハリーたち3人とグリップフックの間で激しいやり取りが繰り広げられたのでした。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第24章「杖作り」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.