FC2ブログ
「僕はグリンゴッツの金庫破りをする必要があるんだ」ハリーの宣言にロンとハーマイオニーも驚きの表情を隠せなかったのですが、どうしても!そうしなければならない理由があったのです。その理由とは?(全3項目)

3-1.グリンゴッツに・・・
ハリーたち3人とグリップフックの話し合いは当初魔法使いと小鬼の対立を反映させて険悪な雰囲気となりましたがグリップフックの「ある発言」がキッカケで大きく変化したのでした。

それは闇の帝王が力を得るにつれて魔法使いは魔法界において以前にも増して上位の地位を占めようとしている。グリンゴッツは魔法使いの支配下に置かれ屋敷しもべ妖精は惨殺されていると・・・

なのにそのことについて抗議をしている人が魔法使いの中にいるのですか?とグリップフックが言ったのに対してハーマイオニーが「私たちがしているわ!」と答えたのでした。

ハーマイオニーはドビーを解放したのはハリーだったし新しい秩序の下では純粋マグル出身の魔法使いや魔女は小鬼や屋敷しもべ妖精と同じぐらい厳しく狩り立てられていると訴えたのでした。

だから闇の帝王を倒したいと思う気持ちなら誰にも負けないとハーマイオニーは言ったのでした。そんなハーマイオニーをグリップフックはハリーを見た時と同じくらいの好奇の目で見つめたのでした。

グリップフックのいる部屋を出た後ハーマイオニーがハリーに訊いて来ました。つまりこういうことかしら?(グリンゴッツの)レストレンジ家の金庫に分霊箱が1つあるということなの?と・・・

ハリーは「そうだ」と答えました。ベラトリックスは自分たちが金庫に入ったと思って逆上するほど怯えていた。どうしてなんだ?僕たちが何を見たと思ったんだろう?他に何を取ったと思ったんだろう?

そして何より忘れてはならないのはあいつ(ヴォルデモート)がベラトリックスとその夫を信用していたことだとハリーは2人に説明したのでした。2人ともあいつが力を失うまで最も献身的な信奉者だったし・・・

消えてからも探し求め続けたと・・・

3-2.オリバンダー翁との会談
ハリーたち3人とオリバンダー翁の話し合いはオリバンダー翁の人間性や性格を反映させて静かで哀調を帯びた雰囲気になったのでした。オリバンダー翁はハリーの問いかけに対して・・・

「ポッターさん、あなたは深遠なる質問をする。杖の術は魔法の中でも複雑で神秘的な分野なのじゃ」と答えたのでした。そしてハリーと初めて会った時に言った「あの言葉」を繰り返したのでした。

「杖が魔法使いを選ぶのじゃ」

ハリーがマルフォイの館から持って来たドラコのサンザシの杖を見せて、自分は「この杖」をドラコ・マルフォイから力ずくで奪いました。僕が使っても安全でしょうか?と問うとオリバンダー翁は・・・

杖の所有権を司る法則には微妙なものがあるものの克服された杖は通常新しい持ち主に屈服する。だからハリーが使っても大丈夫だろうと答えたのでした。そこでロンがワームテールから奪った杖を見せて・・・

「それじゃ、僕はこの杖を使うべきかなぁ?」と訊くとオリバンダー翁は君が勝ち取った杖なのだから他の杖より君の命令をよく聞くし、よい仕事をするだろうと答えたのでした。

そして話はいよいよ「あの杖」のことに・・・

それはハーマイオニーにとっては受け入れ難い事実でした。

オリバンダー翁によると「その杖」がたどった跡を歴史上追うことは完全に可能なのだそうです。もちろん歴史の空白はあるにはあるんだそうです。つまり長い空白によって一時的に失われたとか隠されたとかで・・・

「その杖」が姿を消したことはあったそうです。しかし必ずまた現れるのだそうです。この杖は熟達した者なら必ず見分けることのできる特徴を備えているし不明瞭なものも含めて文献も残っているんだそうです。

確かに「この杖」の歴史は血塗られてはいますが、それは「それほどまでに」求められていて魔法使いの血を駆り立てる物だからかも?しれないとのことでした。計り知れぬ力を持ち間違った者の手に渡れば危険ともなり・・・

信じがたいほどの魅力を持った杖!

それが「ニワトコの杖」なのです。

3-3.この場面でのダンブルドア
グレゴロビッチはかつて「ニワトコの杖」を持っていました。しかしグリンデルバルドに奪われてしまったのです。だからヴォルデモートがグレゴロビッチを見つけた時には杖はもうグレゴロビッチの所にはなかったのです。

そしてグリンデルバルドは「ニワトコの杖」を使って強大になり、その力が最高潮に達した時ダンブルドアはグリンデルバルドを止めることができるのは自分1人だと知りグリンデルバルドと対決したのでした。

こうしてグリンデルバルドと決闘して勝利したダンブルドアが「ニワトコの杖」を手に入れたということをハリーは知ったというわけなんですよね。それなら今「ニワトコの杖」はどこにあるんだ?

というロンの問いに対してハリーは・・・

「ホグワーツだ」

本日の最後に
「まもなく、城でおまえに会うことにする」
「さあ、俺様を1人にするのだ」

その頃ヴォルデモートは「その」ホグワーツにいました。校門まで出迎えに来たスネイプを城に戻らせるとヴォルデモートは「あの杖」がある湖のほとりに向かったのでした。

見知った光景には不必要な汚点の白い大理石の墓がそこにはありました。ヴォルデモートは再び抑制された高揚感が押し寄せて来るのを感じました。ヴォルデモートはイチイの杖を上げました。

この杖の最後の術としては何とふさわしい。

覆いが落ちて「それ」はダンルドアの組まれた両手の下にしっかりと抱かれていました。この老いぼれは大理石が死が杖を守るとでも思ったのか?闇の帝王が墓を冒讀することを恐れるとでも思ったのか?

ダンブルドアが固く抱いた杖をヴォルデモートが奪った時、杖の先から火花が噴き出し最後の(?)持ち主の亡骸に降りかかったのでした。杖はついに新しい主人に仕える準備ができたのです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第24章「杖作り」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/593-626e41ac