FC2ブログ
僕の選択は正しかったのだろうか?ひょっとしたらダンブルドアの意図を誤解したのでは?迷いだらけのハリーだったのですが・・・一方グリップフックはハリーの要請を受諾してくれたものの見返りを要求して来たのでした。何がグリップフックを決意させたのか?(全3項目)

3-1.ハリーの迷い
ヴォルデモートと競って杖を追うのはやめようと決めた。その決定の重大さが未だにハリーを怯えさせました。果たして自分の決断は正しかったのだろうか?ハリーは迷いだらけでした。

ヴォルデモートが墓を暴くのを阻もうともしなかったのは全く頭がどうかしていたのではないか?とハリー自身がそう思う時もありました。どうして?そうしないと決めたのか?満足のいく説明さえできなかったのでした。

そんなハリーの揺れ動く気持ちにさらに拍車をかけたのが正反対の意見を言うロンとハーマイオニーでした。ロンのほうはハリーに「ニワトコの杖」を取りに行くべきだったと言うのに対して・・・

「ニワトコの杖」が実在すると認めざる負えない状況になったハーマイオニーは「その杖」が邪悪な品だと主張したのでした。そしてヴォルデモートは考えるだに汚らわしい手段で杖を手に入れたのだと・・・

ハーマイオニーはダンブルドアの墓を暴くなんてあなたにはできないわとハリーに何度も繰り返し言いましたが、ハリーにとっては「そのこと」よりも生前のダンブルドアの意図を誤解したのではないか?と・・・

標識を読み違えたのではないか?他の道を行くべきではなかったのか?の可能性のほうが恐ろしかったのです。行くべき道は選んだもののハリーは依然として暗闇を手探りしているような気がしたのでした。

3-2.グリップフックの決意
そんな3人の元にフラーがやって来ました。フラーが言うにはグリップフックがハリーと話したいと言っているそうです。盗み聞きされたくないので一番小さい寝室で待っているとのことでした。

グリップフックはフラーが言ったように3つある寝室の中で一番小さい部屋で3人を待っていました。そこは普段はハーマイオニーとルーナが寝ている部屋でした。

「結論が出ました。ハリー・ポッター」

グリップフックはグリンゴッツの小鬼たちは私の行為を卑しい裏切りと考えるでしょうが、私はあなたを助けることにしたと告げたのでした。ハリーは体中に安堵感が走り即座にお礼の言葉を言ったのですが・・・

その代わりグリップフックは見返りに代償をいただきたいと言い出したのでした。それは何と!ハリーの持っている『ゴドリック・グリフィンドールの剣』だと言うのです。

グリップフックが言うには「あの剣」はラグヌック一世のものだったのをゴドリック・グリフィンドールが奪ったんだそうです。嫌なら「この話」はなかったことにするとまで言うグリップフックに・・・

ハリーは困り果てて席を外して少し3人だけで相談してもいいかな?と言うとグリップフックは険しい表情を浮かべて頷いたのでした。3人は1階の誰もいない居間で「どうしたものか?」と話し合ったのでした。

しばしの間ハリーは目を閉じて海の音を聞きました。そして目を開けると2人にこう告げたのでした。グリップフックのほうが嘘をついているのかも?しれない。グリフィンドールは剣を盗んでいないかも?しれない。

それで何が変わるというの?と言うハーマイオニーにハリーは「僕の感じ方が変わるよ」と答えたのでした。そしてハリーは深呼吸をするとグリップフックが金庫に入る手助けをしてくれたら・・・

その後で剣をあげると言うことにしよう。しかし!『いつ渡すのか?』は正確には言わないよう注意することにしようと2人に提案したのでした。それに対する2人の反応は?

「気に入らないわ」ハーマイオニーが言った。
(要するに反対)

ロンは再び立ち上がりながら「僕は天才的だと思う」
(要するに賛成)

結局ハリーは一番小さい寝室に戻り剣を渡す具体的な日時を言わないようにしてグリップフックと話をつけました。ハーマイオニーはハリーが話している間、床を睨みつけていました。

ハリーはハーマイオニーのせいで計画を読まれてしまうのでは?と恐れイライラしましたが、グリップフックはハリー以外の誰も見ていなかったので「取引き成立!」ということになったのでした。

が・・・しかし!

3-3.この場面でのダンブルドア
何故?ダンブルドアはハリーに「グリフィンドールの剣」を遺したのか?

もちろん!ハリーたち3人は「この剣」が分霊箱を破壊できるからだと思っていたというわけなんですけどダンブルドアは他の意図や目的があったからというわけなんですよね。(笑)

第1にはグリンゴッツのレストレンジ家の金庫にニセモノの剣を預けることで、そこにヴォルデモートの分霊箱が隠されていることをあぶり出す目的と意図があったというわけです。

そして第2の今回の目的がグリップフックにハリーのグリンゴッツの金庫破りを手伝わせるためだったというわけなんですよね。

グリップフックがハリーの金庫破りを手伝う気になったのは、当然ハリーが「グリフィンドールの剣」を持っていたからというわけなんですよね。

本日の最後に
こうしてハリーたち3人とグリップフックによるグリンゴッツのレストレンジ家の金庫を破る計画が始まったというわけなんですが、それはまるで魔法省に潜入する計画を立てた時の繰り返しとなったのでした。

グリップフックがレストレンジ家の金庫に入ったのは例の贋作の剣を入れた時の「1回」だけなんだそうです。その金庫は一番古い部屋の1つで一番深い所に隠され一番大きく守りも一番堅いと・・・

もう「一番」ずくし!

4人は1つの部屋にこもって計画の立案作業を進めましたが、のろのろと時が過ぎるばかりで協議はやがて何週間にも及びました。次から次へと難題が出て来ました。

そしてグリップフックを「貝殻の家」に留まらせたことで・・・

新たな問題が!・・・

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第25章「貝殻の家」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/594-a1cf8bbc