FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

アレクト・カローが闇の印に人差し指を押しつけたため今度は兄のアミカス・カローがレイブンクロー塔にやって来ました。そして次に駆け付けて来たのは?ハリーにとっては聞き慣れた声の「あの人」でした。(全3項目)

3-1.アレクト・カローとアミカス・カロー
アレクト・カローの指が闇の印に触れた途端ハリーの額の傷痕が堪えようもなく痛み、次の瞬間ハリーは崖の下に突き出した岩に立っていました。ヴォルデモートは2番目の隠し場所(洞窟)に到着していたのです。

バーンという大きな音でハリーは我に返りました。一瞬自分がどこにいるのかも分らずにハリーは杖を上げましたがアレクト・カローは既に前のめりになって倒れていました。ルーナが失神光線をアレクトに浴びせたのです。

ところがルーナはDAの練習以外つまり実戦で失神呪文を使ったことがなかったため、上で寝ていたレイブンクロー生を起こしてしまったのです。慌てて再び「マント」の中に隠れたハリーだったのでした。

ドアが開いて寝巻き姿のレイブンクロー生がどっと談話室に入って来ました。生徒たちは倒れているアレクトを見て息を呑んだり驚いて叫んだりしていました。すると今度は談話室の扉を激しく叩く音が聞こえて来たのでした。

アレクトの兄アミカスが闇の印が焼けるのを感じたため妹がハリーを捕えたものと思って駆け付けて来たのです。しかしアレクトはルーナの呪文で気を失っているので当然返事をしません。

何とか力ずくで扉を開けようとする兄のアミカスでしたが扉は頑として開きません。ハリーはアミカスが扉を吹き飛ばしてしまう前に失神させるべきだろうか?と迷っていたのですが・・・

その時、扉の向こうで・・・

よく聞き慣れた別の声が聞こえて来たのでした。

3-2.2人の反逆者
アミカス・カローが起こす爆音を聞きつけて次にレイブンクロー塔に駆け付けて来たのは我らが(誰にとって?)グリフィンドール寮の寮監で副校長のミネルバ・マクゴナガル先生その人でした。

やがてマクゴナガル先生が質問に答えてアミカスと先生はレイブンクロー寮の談話室に入って来ました。床に倒れる妹のアレクトを見て怒りと恐れが入り交じった叫び声を上げるアミカス。

アミカスの「あの方は俺たちがポッターを捕まえたとお考えになる」という言葉に先生は鋭く反応しました。どうして?私の寮生であるハリー・ポッターがレイブンクロー塔に入ろうとするのか!と・・・

「まさか!」という驚きと怒りの声の中に微かに誇りが流れているのを聞き取ってハリーは胸の奥にミネルバ・マクゴナガル先生に対する愛情がどっと湧いて来るのを感じたのでした。

ところが!その直後にアミカスがマクゴナガル先生に唾(つば)を吐きかけたりするものだからハリーの心に怒りの炎が燃え上がったのでした。ハリーは「透明マント」から出てアミカスに杖を向けたのでした。

「してはならないことを、やってしまったな」
「クルーシオ!苦しめ!」

アミカスは浮き上がると溺れるように空中でもがき痛みに叫びながらジタバタしました。そして本棚の正面に激突してガラスを破り気を失って床に落ちたのでした。

突如現れた反逆者のハリー・ポッターを見て動揺を隠せない様子のマクゴナガル先生。ハリーの行為を「とても雄々しい」と評価してくれる一方で自分のしたことが判っているのですか?とハリーに言ったのでした。

ハリーは「ええ、わかっています」ときっぱりした口調で答えたのでした。マクゴナガル先生が慌てふためいていることが、むしろハリーを落ち着かせたのでした。

「マクゴナガル先生、ヴォルデモートがやって来ます」

「あら、もうその名前を言ってもいいの?」

ルーナが「透明マント」を脱ぎ捨てて面白そうに聞いて来ました。2人目の反逆者の出現に圧倒されたマクゴナガル先生はよろよろと後退りして傍らの椅子に倒れ込んでしまったのでした。

3-3.この場面でのダンブルドア
ハリーはもちろんホグワーツにある分霊箱を見つけて破壊すればホグワーツでの「目的は達成!」ということで次は最後の1つナギニを「どうするのか?」ということになって来るのですが・・・

ダンブルドアはホグワーツで一気に全ての分霊箱を破壊して、ついでに魔法界にたまっている膿(うみ)を吐き出させて一掃しようと生きている内に措置や策を講じておいたというわけです。

ハリーには「残り4個」の分霊箱の内「3つ」については明確に教えておいて、そしてハリーが最後の1個を探している間にホグワーツは「戦闘モード」に突入していったというわけです。

これまでは魔法大臣の座も傀儡(かいらい)のパイアス・シックネスにやらせてヴォルデモートは黒幕の座に留まって来たのですがホグワーツでの戦いをきっかけに表舞台に登場して来たというわけなんですよね。

こうしてハリー・ポッター対ヴォルデモートという明確な対立軸が示されてホグワーツで天下分け目の戦いが繰り広げられることになったというわけです。

本日の最後に
マクゴナガル先生はハリーに今ホグワーツ城に入って来るなど狂気の沙汰としか言いようがない!できる限り急いで逃げなさいと言ったのですが、そんなマクゴナガル先生にハリーは・・・

「そうしなければならなかったんです」と答えたのでした。さらに自分はダンブルドアの命令で行動している。ダンブルドアが僕に見つけて欲しかったものを探し出さなくてはならないと・・・

「あなたはダンブルドアの命令で行動していると?」

ハリーの「その言葉」を聞いたマクゴナガル先生はハッとした表情で繰り返し背筋を伸ばすとハリーが「その何か」つまりヴォルデモートの分霊箱を探している間は学校を守りましょう!と言って・・・

行動を開始したのでした。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第7巻「死の秘宝」より第30章「セブルス・スネイプ去る」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.