FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

やはりスリザリン寮出身なので当初は「プライドが高くて、ずる賢い」といった印象だったのですが、どうしてどうして物語の後半には「実は結構我慢強い」という一面を見せてくれたのでした。これも「あの」新校長に何とか応えようという気持ちからだったのでしょうか?それとも?(全3項目)

3-1.意外な所で意外な活躍?
ハーマイオニーが肖像画の額縁をグリモールド・プレイス12番地から持ち出したことで心ならずも(?)ハリーたち3人の分霊箱探しの旅に同行することになったフィニアス・ナイジェラスだったのですが・・・

まさかハーマイオニーも「このこと」が後々役に立つことになるとは思わなかったでしょうね。キッカケはたまたま小鬼のグリップフックの証言を拾ったことから始まりました。

校長室にあった「グリフィンドールの剣」がニセモノだと判り「いつ?」偽物に取り替えられたのかを確かめるためにフィニアスを呼び出したというわけです。

事の真相は後にハリーが知るところとなり2人に伝えられることになったのですが、この時にはハーマイオニーが呼び出したことで意外な収穫が得られることになったのでした。

「小鬼製の刀剣・甲冑は磨く必要などない。ゴブリンの銀は世俗の汚れを寄せつけず自らを強化するもののみを吸収するのだ」

フィニアスの「この言葉」からバジリスクの毒を含む「グリフィンドールの剣」が分霊箱を破壊できることが判ったのでした。

3-2.スネイプ校長とフィニアス
「グリフィンドールの剣」が分霊箱を破壊できると判ったものの、それと引き換えにロンがいなくなってしまいハリーとハーマイオニーは絶望のどん底に突き落とされてしまったのでした。

幾晩も2人はほとんど無言で過ごしたのでした。ハーマイオニーはロンが去ったことの大きな穴を埋めようとするかのようにフィニアス・ナイジェラスの肖像画を取り出したのでした。

2度と来ないとの宣言にも関わらずフィニアスはハリーの目的を窺い知る機会の誘惑に負けたようで数日おきに目隠しつきで現れることに同意したのでした。ハリーもまたフィニアスでさえ会えてうれしかったのでした。

傲慢で人を嘲るタイプであっても話し相手には違いなかったからです。ホグワーツで起こっていることなら2人にとっては「どんなニュース」でも歓迎でした。しかしフィニアスは理想的な情報屋とは言えませんでした。

フィニアスは自分以来のスリザリン寮出身のスネイプ校長を崇めていたのでスネイプを批判したり、スネイプ校長に関する生意気な質問をしたりすると即座に肖像画から姿を消してしまったのでした。

それでもフィニアスはある程度の断片的なニュースは漏らしてくれました。しかし!その一方で何気なくハリーとハーマイオニーの居場所に関する誘導尋問を会話に挟むことで・・・

計らずもハリーが「問題分子ナンバーワン」であることや、首に1万ガリオンの懸賞金が懸かっていることを思い出させてくれたりもしたのでした。

ところが・・・

3-3.敵だとばかり思っていたら?
事が起こったのはハリーとハーマイオニーがグロスター州のディーンの森に入った時でした。ハリーはビーズバッグからテントの柱を取り出しているハーマイオニーに「ここはどこ?」と訊ねたのでした。

ところが!その時ビーズバッグの中でフィニアスが聞き耳を立てていたことをハリーとハーマイオニーは知らなかったのです。フィニアスはさっそく校長室に戻ってスネイプ校長に2人の居所を教えたのでした。

「校長!連中はディーンの森で野宿しています!」

「あのグレンジャーとかいう女の子がバッグを開く時に場所の名前を言うのを聞きました!」

するとスネイプ校長の椅子の背後で「それは重畳!」と叫んだ別の肖像画がありました。それは何と!ダンブルドアの肖像画でした。ダンブルドアはスネイプ校長にハリーに剣を渡す時が来たと指示したのでした。

●フィニアスとヴォルデモートの分霊箱
もちろんスネイプ校長は知らなかったことなんですがフィニアス・ナイジェラスはハリーと共にダンブルドアの個人授業を受けていたのですから当然ヴォルデモートの分霊箱のことを知っているんですよね。

しかもハリーに先駆けてフィニアスを含めたホグワーツの歴代校長たちはダンブルドアがヴォルデモートの分霊箱を破壊するところを目撃しているんですよね。

「あの時ダンブルドアがしていたことはそういうことだったのか!」と歴代校長たちは思っていたんでしょうね。だからフィニアスを含めた歴代校長たちは既にダンブルドア最後の授業の「あの時点」で・・・

「グリフィンドールの剣」が分霊箱を破壊できるんだということを知っていたというわけです。ダンブルドアはおそらく生前に歴代校長たちにはスネイプは最後まで「このことを知ってはならぬ」と・・・

言っていたと私は思いますね。だからフィニアスもスネイプ校長には言わなかったんだと私は思います。

最後に
こうしてフィニアスの尽力のお陰もあってハリーはヴォルデモートの全ての分霊箱を破壊し、さらに最後の戦いを制して勝利者となることができたのでした。

「スリザリン寮が果たした役割を特筆しようではないか!我らが貢献を忘れるなかれ!」

しかし!その一方で「この時点」ではフィニアスは知らなかったんでしょうね。自分以来のスリザリン寮出身の校長セブルス・スネイプがヴォルデモートに殺されてしまったことを・・・

知った時のフィニアスの落胆ぶりは?どれほどのものだったんでしょうね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.