FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

私も思いますし家庭の主婦を筆頭に「この魔法が使えたらいいな!」と思う人は沢山いると思います。何せ家や部屋の収納問題が全て一気に解決しますからね。本日はとっても便利な「この魔法」について考えてみたいと思います。(全2項目)

2-1.最初に「この検知不可能拡大呪文」について
この「検知不可能拡大呪文」という魔法は物の外側の大きさを変えずに内側だけを広げるというもので実はハリーポッター・シリーズの各巻の随所に登場しているんですよね。

まあ家庭の主婦を筆頭に「この魔法が我が家でも使えたら本当に便利なのに」と思っている人は沢山いるでしょうね。家や部屋の中が一気に片付きますからね。(笑)私も「その1人」です。

私も貧乏性で「何かに使えるかも?しれないから」とついつい色んな物を捨てずに残してしまったりするので「この魔法」が使えたらどんなに便利だろうと思います。

そんなわけで今日の記事の後半では「どんな場面や状況下でこの魔法が使われているのか?」を改めて振り返ってみたいと思います。

2-2.使用されている場面
今回この記事を書くにあたって拾い出してみて「こんなに頻繁に使われていたんだ!」と本当に驚きましたね。第2巻以降の全ての巻に登場しています。

●秘密の部屋98~99ページ
「この魔法」が最初に登場する場面ではウィーズリーおじさんが当時所有していた自家用車の中古のフォード・アングリアに対して使用しています。

8人の乗客(ウィーズリー夫妻にパーシー、フレッド、ジョージ、ロン、ハリーとジニー)に大きなトランク6個とペットたちを全部どうやって車に詰め込むのか?と思っていたハリーだったのですが・・・

それは当時は「この魔法」のことを知らなかったからなんですよね。おじさんは車のトランクを開いてハリーに魔法で広げた所を見せてくれたのでした。

人が乗る所にも「この魔法」がかけられていたのでウィーズリー一家7人とハリーが楽々乗ることができたのでした。

●アズカバンの囚人46~48ページ(携帯版50~53ページ)
もちろん「この当時」ハリーは「夜の騎士(ナイト)バス」の存在すら知らなかったわけですから杖腕を上げたのは当然シリウスだったんですけどハリーは知るべくもなかったというわけなんですよね。

ハリーが乗り込んだバスの中には座席は全くなく代わりにカーテンの掛かった窓際に真鍮製の寝台が6個並んでいたのでした。当然車両内部は「この魔法」で広げられていたというわけです。

●アズカバンの囚人93~94ページ(携帯版101~102ページ)
ここではハリーたち一行を漏れ鍋からキングズ・クロス駅まで送迎した魔法省の車に「この魔法」がかけられていたというわけです。ハリーが乗った車にはロンとハーマイオニーにパーシーも乗り込んで来たのでした。

さらに魔法省の車にはマグルの車では決して通り抜けられないような狭い道をすり抜けることができる機能も備わっていたようです。

●炎のゴブレット上巻123~124ページ(携帯版114~115ページ)
クィディッチ・ワールドカップの決勝戦観戦のために会場の隣のキャンプ場でテントを張ったハリーたち一行だったのですが外見は全く普通のテントだったのですが・・・

ハリーが身を屈めてテントの入口をくぐり抜けると口があんぐりと開いてしまったのでした。そこは古風なアパートで寝室にバスルームにキッチンと3つもの部屋があったのでした。

●不死鳥の騎士団下巻138ページ
クリスマスにウィーズリー一家とハリー、ハーマイオニーはマッド・アイとルーピンの護衛付きでウィーズリーおじさんの見舞いに行ったのですがクリスマスには地下鉄が走っていないので・・・

マンダンガス・フレッチャーが病院行きのために車を1台借りて来ていたのでした。その車にも運転するマンダンガスの他に「10人」もの人が乗らなくてはならなかったので・・・

「この魔法」がかけられていたというわけです。

●謎のプリンス上巻165ページ
学校から教科書のリストが届いてダイアゴン横丁に行く必要性に迫られたのでハリー、ロン、ハーマイオニーにジニーとウィーズリー夫妻は魔法省の車に乗ってダイアゴン横丁に向かったのでした。

「パパが、またこんなのに乗れるようにしてくれて、よかったなあ」

こう言うロンに対しておじさんは魔法省が車を出してくれたのはハリーのお陰なんだからとロンを諌めたのでした。ロン、ハリー、ハーマイオニーにジニーの4人が広い後部座席にゆったりと心地よく座ったのでした。

●死の秘宝上巻234~235ページ
ハーマイオニーはヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出る準備を夏休みに入ってから着々と進めて来たわけなんですが小さなビーズバッグに「この魔法」をかけたのも準備の1つだったというわけです。

手の平サイズの小さな小さなビーズバッグにハリーとロンの着替えや荷物に野宿用のテントに至るまで旅に必要な物は全て詰め込んでいたのでした。これなしにハリーたち3人の分霊箱探しの旅は・・・

成り立たなかったというわけです。

最後に
結局こうして振り返ってみるとウィーズリーおじさんのフォード・アングリアも魔法省の特別車も何もかも第7巻の前振りに過ぎなかったんじゃないかな?と私は思いますね。

最終巻ではハリーたち3人にとって欠かせない最も重要な魔法になったと私は思いますね。

コメント

これ特に描写はされていませんが、9と3/4番線にも使われているのかも。
いくらマグル避けがされているとはいえ、9番線と10番線の間にあれだけの空間を確保するのは無理でしょうし、ちょっとした空間を拡大してるようにも思います。

他にも使われている場所は沢山出てくるかもしれませんね。

2012.11.01  ピータン  編集

そうかもしれませんね。(笑)

ピータンさんコメントありがとうございました!

確かに言われてみれば9と3/4番線にも使われているかもしれませんね。ただあれだけの広いスペースにこの魔法が使用可能なのかどうか微妙な気もしますね。実際間違いなく使われているのはテントとか車などですからね。

ちなみにあそこはリリーの両親エバンズ夫妻とペチュニア叔母さんも入っていますからマグル避け呪文はかかってないと思いますね。もっと何か別の魔法を使って隠しているとそう思います。

2012.11.02  トキメキぼーい  編集

なるほど、確かに作り出せる空間の大きさに何らかの制限はありそうですね。
無制限だとホグワーツでさえ作れちゃいますし、魔法省も地下に作る必要がないですもんね。

あと、マグル避けってマグルが立ち入れないんじゃなく、別の物に見えたりして自主的には入ろうとしないようにする魔法じゃなかったでしょうか?
なので知っていたり案内されたならマグルが入り込んでいても不思議じゃないですよ。

2012.11.06  ピータン  編集

とコメントしてから気付きました。
ハリーも最初わからなかったんですから、普通のマグル避けじゃないですね。

2012.11.06  ピータン  編集

人それぞれ

ピータンさんコメントありがとうございました!

マグル避け呪文にもマグルが見たら朽ちかけた廃墟に見えるのと近くに来ると別の用事を思い出して引き返してしまうものとの2種類があるようです。

私はピータンさんがキングズ・クロス駅の9と3/4番線にはマグル避け呪文がかかっているとそう思うのであれば、それはピータンさんの自由だと思います。個々の読者にそれぞれ違った考えや解釈があるのは当然ですからね。

これ以上の議論は水掛け論になるので私はもう何も言わないことにします。私は学校から教科書のリストと一緒に送られて来る切符に何らかの魔法がかけられているとそう思いますね。

2012.11.07  トキメキぼーい  編集

あれ?そんなこと言ってませんよ?
でもいずれにせよ、検知不可能拡大呪文についての記事のコメント欄ですので、
仰る通りここらでやめておきますね。

9と3/4番線についてはちょっと思いついたこと(「切符に魔法」にも通じると思います)もありますが、
ちょっと温めておいて、いい機会があればお考えをお聞かせ頂ければと思います。

2012.11.08  ピータン  編集

いずれまた・・・

ピータンさんコメントありがとうございました。

魔法界の各施設が「どのようにして隠されているのか?」についてはいずれまた取り上げることにします。

2012.11.09  トキメキぼーい  編集

ハリーポッターの呪文を教えてください

はじめまして、南無真如。聖地親苑。南無ごほうだいじゅ。どうか、ハリーポッターの呪文を教えてください

2019.01.02  久遠常常釈迦牟尼如来  編集

これでよろしいでしょうか?

久遠常常釈迦牟尼如来さん初めまして!コメントありがとうございました!

ハリーポッターの呪文を教えて欲しいとの事ですが一体全体どう教えたらよろしいのでしょうか?とりあえず私の頭に思い浮かんだ比較的メジャーな呪文を5つ挙げてみる事にします。これで許してくださいね。

1.エクスペリアームス!武器よ去れ!武装解除の術で相手から杖を奪う呪文
2.ウィンガーディアム・レビオーサ!浮遊せよ!物を浮かせる呪文
3.エクスペクト・パトローナム!守護霊よ来たれ!吸魂鬼を追い払う守護霊を創る呪文
4.アクシオ!来い!遠くにある物を手元に呼び寄せる呪文
5.アバダ・ケダブラ!人を殺害する呪文

2019.01.03  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.