FC2ブログ
アンブリッジに「停職候補」の烙印を押されてしまったハグリッドだったのですが今学期のハグリッドはここから踏ん張りました。それは「俺がクビになったら誰があいつの面倒を見るんだ」という思いがあったからなんでしょうね。しかし最悪の事態を考えなくてはならない時がやって来てしまったようです。(全3項目)

3-1.トレローニーか?ハグリッドか?
アズカバンから「10人」もの死喰い人が脱獄するという事件が起きて魔法界は急速に緊迫の度を深めることになったのでした。10人の中にはネビルの両親を廃人にしたベラトリックス・レストレンジも含まれていました。

愛しのファッジの目と鼻の先で「こんな大事件」が起こったことでアンブリッジが少しはガッカリして恥じ入るのではないか?とハリーは予測したのですが逆にむしろ決意を固めるに至ったようです。

どうやら「この事件」はホグワーツの生活を何から何まで自分の統制下に置きたいというアンブリッジの激烈な願いに拍車をかけただけのようなのです。

そんなわけでアンブリッジはまもなく教師の首切りを実施する意思を固めたようで、そうなると後はトレローニー先生とハグリッドの「どちらが先か?」という問題になって来たようです。

残念ながらハリーの見るところハグリッドもトレローニー先生も甲乙つけ難い状況でした。ハグリッドはハーマイオニーの忠告に従っているようで恐ろしい動物と云えばせいぜいクラップぐらいでしたが・・・

どうやら神経が参っているようで授業中に変にそわそわしたり話の筋道が分らなくなったり質問の答えを間違えたりするようになりました。加えてアンブリッジのほうを頻繁に見るようになり・・・

ハリー、ロン、ハーマイオニーに対して今まで経験したことがないほど冷たい態度を取るようになりました。さらに3人に暗くなってから小屋を訪問することをはっきり禁止したのでした。

「おまえさんたちがあの女(ひと)に捕まってみろ。俺たち全員のクビが危ねえ」

これ以上ハグリッドの職が危なくなるようなことはしたくないということでハリーたち3人は暗くなってからハグリッドの小屋を訪問するのを遠慮することにしたのでした。

そうこうする内に・・・

ついに!

3-2.ハグリッドの告白
トレローニー先生はついにクビになり驚くべきことにダンブルドアまでもがいなくなってしまってアンブリッジが校長職に就任したことで「いよいよ今度は俺の番じゃないか?」とハグリッドは思ったようです。

クィディッチ・シーズンの終りを告げるグリフィンドール対レイブンクロー戦が行なわれたのは5月最後の週末でした。この日ハリーとハーマイオニーはハグリッドから極めて深刻で重大な告白をされることになったのでした。

2人がスタンドで試合を観戦しているとハグリッドが2人に声をかけて来ました。アンブリッジ校長を含めた学校全部が試合を観ている内に一緒に来て欲しいと言うのです。

試合が終わるまで待てないの?とハリーが言うとハグリッドは今じゃなきゃダメなんだと極めて深刻な表情で言うので他ならぬハグリッドの頼みとあらばということで・・・

ハリーとハーマイオニーはクィディッチ競技場を出てハグリッドに従(つ)いて行ったのでした。ハグリッドは2人を今まで1度も足を踏み入れたことのない森の奥深くに連れて行ったのでした。

そしてハグリッドは帰って来て以来ずっとアンブリッジは俺を追い出す機会はないかと狙っていた。もちろん俺は出て行きたくない。しかしそれは特別な事情があるからで・・・

「その事情」をこれから2人に話すが「それ」がなければ俺は今すぐにでも出て行きたい気持ちだと2人に告げたのでした。そうすればダンブルドアの手助けができるし騎士団の役に立つこともできる。

その出て行けない事情とは?

「ハグリッド、誰なの?」

ハリーは最初ハーマイオニーの質問は変な訊き方だと思ったのでした。そしてハーマイオニーからハグリッドに目を移した時にようやく気づいたのでした。ハリーが土塁だと思っていた物は・・・

何と!ヒトだったのです。

ハーマイオニーは恐怖で震えながら「話が違うわ」とさらに「誰も来たがらなかったって言ったじゃない!」とハグリッドに強く抗議したのでした。それに対してハグリッドは「どうしても置いて来れんかった」と・・・

ハグリッドにとっては異父兄弟にあたるグロウプは巨人としては小柄なほうで背丈がせいぜい5~6メートルぐらいしかない。だからみんなに小突き回されていて連れて来ないわけにはいかなかったと・・・

そこでハグリッドはハリーとハーマイオニーに俺がもしいなくなったら友達になってやって欲しいと言ったのでした。お前さんたちは試験も控えていることだし無理しなくていい「1週間に1回」ぐらいでいいからと・・・

ハーマイオニーは蒼ざめて厳しい表情をしていました。ハリーもまた言うべき言葉を何も思いつきませんでした。何故ならハグリッドに巨人を教育するという「とんでもない約束」をさせられてしまったからでした。

3-3.逃走!
そしてついに事が起きてしまったのはハリーたち5年生が一番高い塔のてっぺんで「天文学」の試験を受けている時でした。

ハリーがオリオン座を図に書き入れ終わったその時に正面玄関の扉が開いて5~6人の細長い影が動くのが見えたのでした。ハリーは望遠鏡の焦点を合わせ直して金星を観測していたのですが・・・

星座図を見下ろして金星を書き込もうとしたのですが、どうにも校庭を進む影が気になって思わす目を凝らして見てしまったのでした。集団を率いているのは確かにアンブリッジでした。

真夜中過ぎにアンブリッジが散歩をする理由なんて思いつきません。ましてや4人を従えてです。そして次に顔を上げた時ハリーの心臓は早鐘を打っていました。ハグリッドの小屋の窓に灯りが点り・・・

アンブリッジと4人の人影がハグリッドの小屋に入って行ったからです。ハリーは気が気ではありませんでした。ロンとハーマイオニーも自分と同じように気づいているのか?を確かめようとしたのですが・・・

「みなさん、気持ちを集中するんじゃよ」

トフティ教授が優しく注意すると大多数の生徒は望遠鏡に戻りました。しかしハリーが左側を見るとハーマイオニーが放心したようにハグリッドの小屋を見つめていました。

「やめて!」叫んだのはハーマイオニーでした。

校庭にバーンと大音響がしました。ハグリッドの小屋の戸が勢いよく開くと中から溢れ出る光でハグリッドの姿がはっきりと見えたのでした。5人に取り囲まれ両方の拳を振り回しています。

5人が一斉にハグリッドめがけて赤い光線を発射しています。失神させようとしているようでした。しかし光線はハグリッドの体で撥ね返されていてハグリッドは依然としてしっかり立ち戦い続けていたのでした。

ファングの姿が小さく見えました。ハグリッドを護ろうと周りの魔法使いに何度も飛びかかっていました。しかしついに「失神光線」に撃たれてばったり倒れたその時ハグリッドは!

ファングを倒した犯人を体ごと持ち上げて投げ飛ばしたのでした。ハーマイオニーは両手で口を押さえロンは恐怖の表情を浮かべていました。3人とも今までハグリッドが本気で怒ったのを見たことがなかったのです。

「何ということを!」

「おやめなさい!やめるんです!」

「何の理由があって攻撃するのです?何もしていないのに。こんな仕打ちを」

ハグリッドの怒りが頂点に達したのは駆け付けたマクゴナガル先生が4本もの失神光線を浴びて倒れた時でした。試験管のトフティ教授も思わず試験中だということを忘れて叫んでしまうほどでした。

「とんでもねえ卑怯者め!これでも食らえ―これでもか」

ハグリッドが一番近くで攻撃していた2人の魔法使いに思いっ切りパンチをぶつけました。2人はあっという間に倒れてしまいました。気絶したようです。ハグリッドは身を屈めてファングを担ぎ上げると・・・

向きを変えて走り出しました。アンブリッジが「失神光線」で最後の追い打ちをかけましたが外れました。ハグリッドは全速力で遠くの校門へと走り闇に姿を消したのでした。

最後に
その後魔法省内部で魔法大臣コーネリウス・ファッジを始めとする多数の魔法省の職員が復活したヴォルデモート卿を目撃してハリーとダンブルドアの主張が正しかったことがようやく証明されたのでした。

ドローレス・アンブリッジは「闇の魔術に対する防衛術」の教師ならびに高等尋問官さらにはホグワーツ魔法魔術学校校長の職を一気に解かれ学期が終わる前の日にすごすごと学校から退散して行ったのでした。

ハグリッドは再び「魔法生物飼育学」の教職に復帰してホグワーツへの帰還も果たすことができたのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/651-1ecdd939