FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

「出来の悪い子ほどかわいい」という意味の格言・諺(ことわざ)もありますがウィーズリーおばさんにとっては出来のいい子も悪い子も両方ともかわいいし愛しいのです。(全3項目)

3-1.ロンとの関係
ロンの場合は既に5人もの兄たちがホグワーツに入学して優秀な成績を収めていたので相当量の負い目と劣等感を抱えての入学ということになりました。初めてハリーと出会った時にもその不安を口にしていますよね。

長男のビルは首席だったし次男のチャーリーはクィディッチのキャプテンだった。さらに今年度からはパーシーが監督生になった。双子のフレッドとジョージは悪戯ばかりしているけど学校の成績はいいというのに・・・

取りたてて勉強ができるというわけでもないし特に秀でた才能があるというわけでもない。そんな末息子のロンにはモリー母さんも当初はあまり期待はしていなかったみたいですね。(苦笑)

アズカバンの囚人82ページ(携帯版89ページ)でおばさんが「我が家の2人目の首席なのよ!」とハリーに言ったのに対してフレッドが「そして最後のね」と冗談を飛ばしたことに対するおばさんの返答はと云えば?

「そのとおりでしょうよ」

つまりロンが監督生になるなどとは想像だにしなかったというわけです。フレッドとジョージがならなかったので我が家から監督生が出ることはもうないとモリー母さんは思ったみたいですね。ところが・・・

フレッドから「新品ピッカピカの素敵な監督生バッジさ」と言われてもおばさんはパジャマのことで頭が一杯でフレッドの言葉の意味を把握するのに少々時間がかかってしまったのでした。不意をつかれたのです。

その後の驚きぶりが「いかに予想外だったのか!」を顕著に表していますよね。おばさんはジョージを押し退けてロンを抱き締めたあと末息子の首にしっかり両腕を回して顔中にキスしたのでした。

ロンはふくろう試験の結果も「7ふくろう」でフレッドとジョージを合わせた数より多かったということでモリー母さんも末息子に対する認識を新たにして見直したというわけなんですよね。

3-2.ハーマイオニーとの関係
月曜日の記事でもチラリと触れましたがウィーズリー家は「最大の血を裏切る者たち」ということで何のこだわりもなく純粋マグル出身の魔女のハーマイオニーを受け入れたというわけです。

しかし何よりもモリー母さんがハーマイオニーを気に入ったのは彼女が規則を遵守する真面目な性格だったからでしょうね。彼女が常にロンと行動を共にすればロンもそうそうハメを外すことはできないというわけです。

ところが!そんな真面目なハズのハーマイオニーが「秘密の闇の魔法防衛グループ」を立ち上げようとしているという一報が飛び込んで来ました。それを聞いたおばさんが何をしたのかと云えば・・・

シリウスを介してロンには「どんなことがあっても違法な闇の魔術防衛グループには加わらないこと」そんなことをしたら退学処分になってあなたの将来がめちゃめちゃになります。

自己防衛を学ぶ時間なら後々機会は十分に得られるのだから今そんなことを心配するのは早過ぎる。さらにおばさんはハリーとハーマイオニーに対してもグループをこれ以上進めないようにと言ったのでした。

2人に指図する権限がないことは判っている。しかし自分は2人のために「良かれ」と思って言っているのだということを忘れないようにとのことでした。

この後ハーマイオニーはハリーとロンに「このままグループを進めるべきかどうか?」を迷っていると打ち明けたのでした。何故ならシリウスの判断力を信じていいのか?実はシリウスは・・・

私たちを通して生きているのではないか?つまり魔法省直属の誰かの鼻先でシリウス自身が秘密の防衛結社を作りたいと思っているのではないか?今の境遇では何もできないから・・・

だから私たちをけしかけるのに熱心になっているんじゃないか?とハーマイオニーは2人に迷っている理由を説明したのですが、今にして思えば私はハーマイオニーが迷っていた最大の理由はと云えば・・・

やはりウィーズリーおばさんに反対されたのが一番の原因だったと思いますね。そしてそれを口にしてしまったら私自身が挫けてしまうかもしれないと思ったからシリウスのことを持ち出したんだと思いますね。

しかし練習場所(必要の部屋)が見つかったことがキッカケとなってハリーが決断し秘密の闇の魔法防衛グループは「ダンブルドア軍団」と名付けられたのでした。

3-3.フレッドとジョージとの関係
実は今回「この記事」を書くにあたって第3巻「アズカバンの囚人」を読み返して気づいたんですけどウィーズリーおばさんは密かに「フレッドとジョージは監督生になるんじゃないかしら?」と期待していたんですよね。

炎のゴブレット上巻83ページ(携帯版79ページ)ではロンがフレッドとジョージはふくろう試験ではママが期待していたような成績を収めなかったためママは腹を立てていたと言っています。

ふくろう試験の結果が手紙で届いた後に試験の結果を巡ってフレッド・ジョージとウィーズリーおばさんの間で大論争が起きたとのことでした。おばさんは2人に魔法省に入って欲しいと思っていたのですが・・・

フレッドとジョージは自分たちはどうしても「悪戯専門店」を開きたいんだとおばさんに言ったんだそうです。つまり2人の4年生までの成績は監督生と魔法省入省を望めるほど高いものだったということのようです。

直後におばさんはフレッドとジョージについて「脳みそがないってわけじゃないのに」とか「頭の無駄使いをしているのよ」などと言っています。今すぐ心を入れ替えないと「魔法不適正使用取締局」のお世話になると・・・

そんなわけで母親も強硬に反対しているし我がウィーズリー家は貧乏一家なので店を出す資金は何としても自分たちで捻出しなければならないということでフレッドとジョージは動き始めたのでした。

ところがクィディッチ・ワールドカップの賭けでは見事に予想を的中させたのにバグマンに全財産を持ち逃げされ、今度は三大魔法学校対抗試合の代表選手になろうとしましたがこれも失敗してしまったのでした。

ガッカリしていた2人に救いの手を差し伸べたのがハリーでした。対抗試合の優勝賞金1,000ガリオンを出店の資金として提供してくれたのです。地獄に仏とはまさにこのことです。

当初は2人の悪戯専門店に「正直言って感心しなかったわ」とあくまでも否定的な態度のウィーズリーおばさんだったのですが店は大繁盛でフレッドとジョージに商才があることを認めないわけにはいかなかったのでした。

今日の最後に
そんなわけで今日は学校在学中に散々モリー母さんに心配と苦労をかけたロンとフレッド・ジョージを取り上げました。

しかし結論としてはモリー母さんは出来のいい子だろうと悪い子だろうと我が子はみんなかわいいし愛しいというのが一貫して共通していると私は思いますね。愛あればこその叱咤激励ということなんでしょうね。

コメント

ロナルドは・・・

モリー母さんは、ロンにはあまり期待していなかったようで、監督生になった時は、喜びより驚きが、大きかったのでしょうね。

しかし、ロンの功績が、母モリーの耳に届かなかったのは、二人の親友のおかげ(?)だと思います。ハーマイオニーの頭脳明晰さの影に隠れてしまったというのが一つ。もう一つは、ハリーの魔法界での有名ぶりとクィディッチでの活躍。
この二人と、一緒にいたら、どんな功績も埋もれるってものです。

私は、常々、ロンは、優秀な魔法使いだと思っていました。
それが証拠に、たいした勉強もしていないのに、双子を合わせた成績よりも良い成績を修めていますね。
何だかんだ、言っても、頭脳明晰なハーマイオニーと一緒に勉強できる頭脳を持っているんですよ。宿題をチェックしてくれるとはいえ、「ここは、こうなんじゃない?」って言われて、理解できたりするのは、優秀な証拠ですよ。
それに、一年生の時、チェスで、力を発揮しましたしね。あれは、馬鹿ではクリア出来ませんよ。たぶん・・・。

2009.10.28  歩知  編集

本人はちゃんと判ってますよ。

歩知さんコメントありがとうございました。

歩知さんてロンへの思い入れが随分あるんですね。でもロン自身は自分が置かれている立場をちゃんと理解していて頭の良さではハーマイオニーには到底勝てないこともハリーの成し遂げたことの偉大さもちゃんと判っているんですよ。

それとロンがチェスが得意中の得意だってことはモリー母さんは知っていると思いますよ。

2009.10.29  トキメキぼーい  編集

そうですね

ロンは、自分の立場を良く知っていると思います。
二人の親友に、到底かなわない事も・・・。

でも、それは、彼が優秀じゃないって事ではないと思うのです。
ごく普通の男の子代表って感じのキャスティングですけど・・・。

彼は、何気に優しく、さりげなく、ドキッとさせる台詞を言う人物です。
ハーマイオニーの視点で、彼の行動を追うと、それが、よくわかるんですよね。彼女がロンの何処に惚れたのかも、なんとなく判ったりします。
ハリポタって、ハリー視点の物語でしょ?でも、他のキャラクターの視点で読むと、別の発見があったりするんですよね。

2009.10.29  歩知  編集

ハリポタの奥深さ

歩知さんコメントありがとうございました。

ハリーポッター・シリーズというのはもちろんハリーが主人公なんですが他の登場人物も履歴が詳細に設定されていて「いつ?どこで生まれて?どのような家庭環境で育ったのか?」が細かく決まっているんだそうですよ。

だから1人1人の登場人物の会話ややり取りに全く違和感がないというわけです。だからこそこうしてウィーズリーおばさん1人を取り上げて記事が成り立つというわけなんですよね。

2009.10.30  トキメキぼーい  編集

コメントへのコメントですみません。

今改めて考えると、1巻で示されたロンのチェスの能力が、珍しく何かの伏線になっていなかった(もしくはなっていたがローリング氏の頭の中には有ったがあえて書かなかった)ように思えます。
私が見つけられないだけかもしれませんが。

例えば明らかなロンの能力描写、7巻でライターの意図に気付いたこと・バジリスクの牙を分霊箱破壊に使うことを思いつき実行したこと、などは、はっきり言ってチェスの戦略性も駒を使う能力も感じさせるものではありませんし。
強いて戦略性と言えばラベンダー・ブラウンと付き合うことでハーマイオニーの気をひくことくらい?(笑)

ジョージの店を手伝った経営の才能に繋がっているのでしょうか?
それともハーマイオニーの理想とハリーの現実の間で、実は大局観を持ってうまくバランスをとっていたという象徴に繋がるのでしょうか?
ロンの表面的にはマイナスに見える部分が逆にうまく作用している場面を並べてみると、何か見えてくるのかもしれませんね。

2012.10.31  ピータン  編集

考えすぎなのでは?

ピータンさんコメントありがとうございました。

ロンがハーマイオニーにさえ勝てるほどチェスが強いということについては第1巻「賢者の石」でマクゴナガル先生のチェスを破ったということで既にもうその伏線は回収済みだと私はそう思いますよ。

ハーマイオニーは3年生の時にダイアゴン横丁の魔法動物ペットショップでクルックシャンクスを手に入れました。

何故ローリングさんはハーマイオニーにクルックシャンクスを飼わせたのか?と云えばそれはスキャバーズと絡ませることで、その存在を浮き立たせるためだったと私はそう思います。

したがってスキャバーズの正体が明らかになった時点でクルックシャンクスはその役目を終えたというわけです。だから第4巻以降ではクルックシャンクスが活躍する場面はありませんでしたよね?

そういうことだと私は思いますし、それは考えすぎだと思いますね。

2012.11.01  トキメキぼーい  編集

なるほど、クルックシャンクスもあれほど存在感があったのに、終盤では触れられてませんよね(ブラック邸での登場があったような気はしますがそんなくらいで)。

ペット達については、ヘドウィッグの最期やハグリッドのペット?やなんかに比べても、ペットへの愛着が表現されている割りには、その後は???という感はありますが。
(そういえば、ネビルのひきがえるのその後も)

チェスについてはハーマイオニーではなくマクゴガナル先生に勝つくらいの才能こそが注目に値する(ロンの才能を際立たせる出来事)とは思うのですが。

しかしチェスにしろペットにしろ小説においてすべての伏線が回収されるわけでもなく、それこそ「読者に与えられた自由」ということで、例えば・・・・

ロンがヒューゴにチェスを教えて「パパはママよりも強いんだぞ!」と自慢している情景や、
ペット関係ならハーマイオニーがクルックシャンクスを飼い続けていて、アラベラフィッグと交流したり
ネビルが教授になってもひきがえるを飼い続けていて、薬草学の温室で害虫退治に役立ててたり
なんてのを勝手に想像するのも楽しいもんですし。

色んな描写が後で効いてくるのがハリーポッターの特徴でもありますが、必ずしも全部が全部でなくてもいいですね。

想像は膨らみますが、記事と乖離しそうなのでこの辺で。

2012.11.02  ピータン  編集

ビルだけが・・・

ピータンさんコメントありがとうございました!

クルックシャンクスの第4巻以降の出番が少なくなったのはハリーがクルックシャンクスがいることに慣れてしまったのが原因だと私はそう思いますね。

ハリーポッター・シリーズは当然ハリーが主人公で一部の章を除いては基本的にはハリー目線で描かれているのでそうなるんですよね。

話をロンのチェスに戻すと私が思うには父親のアーサー氏が駒の動かし方やルールを教えて長男のビルが実際に対戦をして手ほどきをしたとそう思いますね。

第4巻「炎のゴブレット」の第10章ではロンとビルがチェスをしています。おそらく5人いる兄の中でロンと互角に戦えるのはビルだけだと私はそう思いますね。(笑)

2012.11.03  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.