FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が「魔法生物飼育学」を取らなかったためハグリッドはすっかり不機嫌になり食事の時にも教職員テーブルに姿を見せなくなってしまったのでした。そこでハーマイオニーが言い出したこととは?それを受けてハリーは?(全3項目)

3-1.ハーマイオニーの思い
ハリーたちもはや6年生となり授業の内容もより高度に難しくなっていたのでした。例えば「変身術」の授業などはハリーは最近マクゴナガル先生の言うことが半分も分らないといった有り様だったのでした。

ハーマイオニーでさえ1度か2度マクゴナガル先生に説明の繰り返しを頼むほどでハリーたちは勉強が忙しくてハグリッドの小屋を訪ねる時間など到底作れませんでした。

ハグリッドは食事の時に教職員テーブルに姿を見せなくなりました。不吉な兆候です。おまけに廊下や校庭などで時々すれ違ってもハグリッドは不思議にも3人に気づかず挨拶しても聞こえないようでした。

2週目の土曜日の朝またしても教職員テーブルのハグリッドの席が空いているのを見てハーマイオニーが「訪ねていって説明するべき」と2人に言って来たのでした。しかしロンは・・・

あのまま僕たちが「魔法生物飼育学」を取り続けていたらグロウプに靴紐の結び方を教えていたに違いないと言うのです。それに「尻尾爆発スクリュート」も忘れられないとのことでした。

このままハグリッドと口もきかないなんて嫌だわと言うハーマイオニーにハリーがクィディッチの選抜が終わった後にハグリッドの小屋に行こうと言ってハーマイオニーを安心させたのでした。

ハリーもまたこうしてハグリッドと離れているのは寂しかったからです。しかしロンの言う通りグロウプがいないほうが自分たちの人生は安らかだろうというのもハリーの率直な思いでした。

3-2.クィディッチ選抜の後に・・・
ハリーたち3人がハグリッドの小屋に行くと灰色のヒッポグリフのバックビークが繋がれていました。ハリーがいつもの通り目を離さず瞬きをせずにお辞儀をするとバックビークもそれに応えて挨拶を返して来たのでした。

ハリーが「元気かい?」と言いながらバックビークの頭の羽を撫でていると花柄の巨大なエプロンをかけたハグリッドがジャガイモの袋を提げて小屋の後ろからノッシノッシと現れたのでした。

一緒にいたボアハウンド犬のファングは吠え声を轟かせて飛び出しハーマイオニーとロンにいつものようにじゃれついて来ましたがハグリッドは一瞬3人を見た後に回れ右をして小屋の中に入って行ってしまったのでした。

ちょっとした小競り合いの後に3人は小屋の中に入りましたが当初は険悪な雰囲気でした。ハグリッドもテーブルに着いてジャガイモの皮を剥き始めましたが1つ1つに個人的な恨みでもあるかのような乱暴な剥き方でした。

ガボガボと変な音がして3人は周囲を見回しました。ハーマイオニーは小さく悲鳴を上げたのでした。その時部屋の隅に大きな樽が置いてあるのに3人は気づいたのでした。中には30センチはあろうかという蛆虫が・・・

ハリーはむかつきを隠して「あれは何?」とハグリッドに訊ねました。ロンは心配そうに「育つと何になるの?」と聞いたのでした。その巨大蛆虫はアラゴグに食べさせるために捕ったんだそうです。

するとハグリッドは出し抜けに泣き出したのでした。ハーマイオニーが驚いて飛び上がり蛆虫の樽を避けるのにテーブルを大回りしつつも急いでハグリッドに駆け寄り震える肩に腕を回してわけを聞くと・・・

2年生の時にハリーとロンを襲って食おうとした「あの」口をきく巨大蜘蛛のアラゴグが死にかけていると言うのです。

「何か―何か私たちにできることがあるかしら?」

ロンがとんでもないとばかりに首をメチャメチャ横に振るのを無視してハーマイオニーはハグリッドに訊ねました。するとハグリッドは滝のように流れる涙を止めようと声を詰まらせながら答えたのでした。

「何もねえだろうよ、ハーマイオニー」

残念ながら(実は当然のこと?)ハグリッド以外の人間がアラゴグのいるコロニーに近づくのは安全とは言えないそうです。しかしハーマイオニーの「この一言」でハグリッドの機嫌は劇的に良くなったのでした。

ハリーもロンも「あの」危険極まりない肉食大蜘蛛に蛆虫の大幼虫を持って行って食べさせてあげたいなどという素振りは全く見せなかったのに2人も当然そういう気持ちだと思い込んでくれたのです。

ハグリッドはいつも通りのハグリッドに戻り、夕暮れ時3人に手を振って小屋を送り出した時にはアラゴグのこともあるので100%全開!というわけにはいきませんでしたが・・・

機嫌良く3人を見送ったのでした。

3-3.ネックレス事件
こうしてすったもんだの末に主にハーマイオニーの尽力でハリーたち3人はハグリッドとの仲直りを果たしたのですが3人とハグリッドが次に顔を会わせたのは10月半ばのホグズミード行きの時でした。

とにかく寒いしゾンゴの悪戯専門店は板が打ちつけられていて営業していないしで最後のとどめは偶然会ったマンダンガス・フレッチャーでした。マンダンガスがグリモールド・プレイス12番地から・・・

シリウスの物つまり今はハリーの所有物を盗み出していたことが明らかになり怒るハリーにハーマイオニーが「今日はもうこれでおしまいにして学校に帰らない?」と言ったのでした。

楽しい遠足とは到底言えませんでしたし天気もどんどん悪くなっていたので3人はケイティ・ベルのあとに続いてハイストリート通りを学校に向かって戻り始めたのでした。

ケイティ・ベルと友達の声が風に運ばれてハリーの耳に届いて来ました。しばらくするとケイティと友達が口論する声が聞こえて来たのでした。次の瞬間事は起こったのです。ケイティが宙に浮かんだのです。

飛び立つ瞬間のように優雅に両手を伸ばしています。しかし何かがおかしいのです。何かが不気味なのです。両目を閉じ虚ろな表情でした。ハリーたち3人もケイティの友達もその場に釘づけになって見つめたのでした。

リーアンは悲鳴を上げケイティの踝をつかんで地上に引き戻そうとしました。ハリーたち3人も駆け寄って助けようとしました。しかし4人で脚をつかんだ瞬間ケイティは4人の上に落下して来たのでした。

ハリーは周囲を見回しましたが4人の他には誰もいなかったのでハリーは助けを呼びに学校に向かって疾走したのでした。その時ばったり出くわしたのがハグリッドだったのです。

「呪いをかけられたんだ!」

「呪い?誰がやられた―ロンやハーマイオニーじゃねえだろうな?」

ハリーとハグリッドは小道を駆け戻りました。ケイティを囲む小さな集団を見つけるのに時間はかかりませんでした。ハグリッドは一瞬ケイティを見つめましたが次の瞬間には一言も言葉を発しないで・・・

身を屈めてケイティを抱き取り城のほうに走り去ったのでした。数秒後には耳を劈(つんざ)くようなケイティの悲鳴は聞こえなくなり風の唸りだけが残ったのでした。

今日の最後に
第6巻「謎のプリンス」ではハリーとロンが「占い学」と「魔法生物飼育学」を取らなかったので以前の巻と比べるとトレローニー先生とハグリッドの出番が激減しているんですよね。

そんなわけで次にハグリッドが登場するのは?

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.