FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

その1「万眼鏡」
これは炎のゴブレット上巻144ページに登場するクィディッチ・ワールドカップの時にハリーが出店で買ったモノで、当然各種スポーツ観戦の際にあれば大変便利でしょうね。スローモーションあるいは一コマずつアクション再生ができてプレーの解説機能付きの『高機能』双眼鏡です。

その2「空飛ぶ絨毯」
炎のゴブレット上巻141ページでクラウチ氏は「私の祖父が十二人乗りのアクスミンスター織りの絨毯を持っていた」と言っています。でも今は「魔法をかけてはいけない物品登録簿」に載っていて空飛ぶ絨毯は法律で禁止されているそうです。

まあ確かに『十二人乗りの空飛ぶ絨毯』なんて結構大きいでしょうから、相当空高く飛ばないと私たちマグルに絶対目撃されてしまいますからね。

その3「拡大呪文と縮小呪文」
この2つの呪文は炎のコブレット上巻333~334ページに登場しているものですが、日本の住宅事情を考えると『この呪文』が使えたら便利でしょうね。特に一家の主婦の皆さんにとっては欠かせない呪文になるのではないでしょうか?

例えば夏物・冬物の衣料などを入れ替える時にはしまう衣料は縮小し出した衣料は拡大すれば少ない収納スペースに沢山の衣料をしまうことが出来ます。

その4「アグアメンティ水増し」
これはプリンス上巻329ページと下巻390と436ページに登場している呪文で、唱えると杖の先から水が出て来るというものです。この『呪文』が使えれば「水が飲みたい」という時にはカラのペットボトルやコップなどをあらかじめ用意しておけば、いつでもどこでも水を飲むことが出来て大変便利です。

そういえばハリーは436ページでハグリッドの小屋の火を消す時にはちゃんと「この術」が出来ていたのに、390ページでは気持ちがパニック状態だった為に出しても出しても水が消えてしまってダンブルドアに水を飲ませることが出来ませんでした。まだまだ練習が足りないといった感じですね!

その5「無言呪文」
第6巻でハリーたち6年生が習得を要求されたのが、この『無言で呪文・魔法をかけること』でした。でもこれについては第1巻から第5巻で大人の魔法使いの皆さんが無言で術をかけるシーンが散々登場しています。そこで私が印象に残った無言で術をかけるシーンをいくつか挙げてみると・・・

まず最初に賢者の石28ページ
私のこのサイトのカテゴリー「秘密の守人」の6件の記事を読み終えている人であれば、もう解ってもらえていると思いますが、ここでダンブルドアは『忠誠の術』『邪魔よけ呪文』をかけているんでしょうね。

第2番目には秘密の部屋52ページ
ここについては先回にも取り上げましたがウィーズリーおばさんは無言で杖を一振りするだけで食器を洗っています。本当に主婦の皆さんにとってはうらやましい限りですよね。

第3番目には秘密の部屋117~118ページ
空飛ぶフォード・アングリアで暴れ柳に突っ込んでスネイプ先生に責め立てられてしょんぼりするハリーとロン。マクゴナガル先生が杖を振り上げて思わず身を縮める2人ですが、マクゴナガル先生はただ暖炉に火をつけただけでした。当然この時マクゴナガル先生が頭の中で唱えた呪文は『インセンディオ!燃えよ!』なんでしょうね。

第4番目にはアズカバンの囚人235ページ
(携帯版では258~259ページ)
クィディッチのグリフィンドール対ハッフルパフ戦で吸魂鬼が現れてハリーが箒から落ちた時にダンブルドアはハリーに杖を振って落ちるスピードを遅くして、今度は吸魂鬼たちに向かって『守護霊の呪文』で奴らを追い出しましたが、大人の魔法使いでさえも持て余すという『この術』を呪文を唱えずに無言で守護霊を作り出しています。

このシーン1つ取ってもダンブルドアの凄さが判りますよね。

第5番目には騎士団上巻225ページと下巻82ページ
ハリーの尋問に証人として出廷したダンブルドアですが、杖を取り出し軽く振るだけでふかふかのチンツ張りの肘掛椅子が現れていますね。一方マクゴナガル先生が出したのは背もたれのまっすぐな木の椅子でした。

第6番目には騎士団下巻596と609~612ページ
圧巻!なのは・・・・・やっぱり!ここでのダンブルドアとヴォルデモートの対決シーンでしょうね。史上最強の闇の魔法使いを相手にしているのに呪文は一切口に出さずに互角以上の戦いをしています。

最後に
ありがちなことというか・・・・・私の場合スロースターターで後半に調子が出て来るタイプなので、ふと気づいたらまた二千文字近くになってしまいました。(苦笑)もちろん意図的に選んだわけでは決してないのですが無言呪文6例中4件がダンブルドア絡みということで改めて凄い(!)人だということが判りますね。

コメント

アグアメンティ水増し!について

ハリーがダンブルドアに水を飲ませることができなかったのはヴォルデモートが水を出せないようにしてたんじゃないですか?普通に水が飲めたら亡者が襲ってくることはないし分霊箱を普通にとられちゃうしハリーがパニックになってたのは関係ないと僕は思います。
間違ってたらすいません。

2011.11.06  ハリポタの大ファン  編集

それは十分考えられますね!

ハリポタの大ファンさん初めまして!コメントありがとうございました!

なるほど!言われてみればその可能性もなくはないですね。鋭いご指摘ありがとうございます。

また気がついたことがあったらご指摘よろしくお願いしますね。(笑)

2011.11.06  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.