FC2ブログ
アラゴグが死んだ!俺1人じゃとても堪えられんから埋葬に立ち会って欲しいと手紙で訴えて来たハグリッドだったのですが・・・死んだ大蜘蛛のために危険を冒す必要はないとロンとハーマイオニーに言われてハリーも一度は2人の意見を受け入れたのですが最終的にハリーが取った行動とは?(全3項目)

3-1.病棟からの帰りに
今回改めてハグリッドを中心に第6巻「謎のプリンス」を振り返ってみて気づいたんですけど、ハグリッドはロンとハーマイオニーが仲違いしている期間中はずっと3人との接触がなかったんですよね。

ハリーは2人の間で右往左往する日々が続いていましたしクリスマス休暇明けの個人教授ではダンブルドアから最初で最後の宿題を出されていたりして忙しかったんですよね。

ハグリッドはハグリッドでいよいよアラゴグの状態が予断を許さない状況になっていたようでした。病棟に入院しているロンを訪ねた時もアラゴグの所から帰って来たところだったのです。

ケイティ・ベルに続いて今度はロンが毒を盛られたということでハグリッドも相当ショックを受けているようでした。

マダム・ポンフリーがお見舞いは一度に6人までと人数の制限をしていたのでハリーとハーマイオニーはウィーズリー夫妻に席を譲ってハグリッドと一緒に病棟を後にしたのでした。

そこで「例の」あのダンブルドアがスネイプに対して腹を立てていたという話をハリーとハーマイオニーはハグリッドの口から聞くことになったというわけなんですよね。

いつだったかハグリッドが禁じられた森から出て来たらスネイプとダンブルドアが議論しているのが聞こえて来たんだそうです。ハグリッドは聞きたくはなかったそうなんですが・・・

2人の議論が熱くなっていたので聞こえないようにするのは難しかったんだそうです。ハグリッドが聞いた印象ではスネイプは少し働かされ過ぎだと感じているようだとのことでした。

ダンブルドアはハリーがドラコ・マルフォイに対して抱いている疑念は取るに足りないことだと言っていたのですがハグリッドからダンブルドアがスネイプに対して腹を立てていたという話を漏れ聞いて・・・

色々と考えさせられる夜になったのでした。

3-2.ハリーの人生で一番幸運な日
ロンの入院やらハッフルパフ戦の大敗北やらで出された宿題ができずダンブルドアから理路整然と叱責されてしまったのでハリーはロンとハーマイオニーから勧められたこともあって・・・

スラグホーンの記憶を回収するために幸運の薬フェリックス・フェリシスを使うことにしたのでした。3人は慎重にタイミングを計って同室の寮生が全員談話室にいることを確かめた後に寝室に上がったのでした。

ロンとハーマイオニーが見守る中ハリーは小瓶を傾けて量の見当をつけ一口飲みました。ハーマイオニーが「どんな気分?」と小声で聞いて来ましたがハリーはしばらくの間は答えませんでした。

やがて無限大の可能性が広がるような高揚した気持ちが徐々にゆっくりとですが確実に体中に染み渡って来ました。何でもできそうな気がして来ました。そして突然スラグホーンから記憶を取り出すことが可能に思えて来ました。

ハリーはニッコリと立ち上がりました。自信満々でした。そして最初に思い浮かんだ考えはハグリッドの所に行くということでした。しかしそれを聞いてロンとハーマイオニーは唖然としたのでした。

死んだ巨大蜘蛛のアラゴグを埋めに行くことがいいことなのか?ハリーが飲んだのは本当にフェリックス・フェリシスなのか?実は「的外れ薬」なのではなのか?ハリーが声を上げて笑うので・・・

ロンもハーマイオニーもますます仰天して「本当に大丈夫なのか?」と思ったようですがハリーが飲んだのは確かに間違いなくフェリックス・フェリシスだったのです。

どうしてハグリッドの所に行くのが正しいことなのか?その時点ではハリーは全く分りませんでした。薬は一度に数歩先までしか照らしてはくれなかったのです。スラグホーンがどこで登場するのかも分りませんでした。

鍵をかけ忘れた玄関ホールから外に出て階段を降り切ったところでハリーは急にハグリッドの小屋まで野菜畑を通って行くとどんなに心地いいだろうと思いついたのでした。

厳密には寄り道になるのですがハリーにとっては「この気まぐれ」を行動に移さなければならないことがハッキリしていました。何故なら野菜畑でスラグホーンと出会う運命だったからです。

こうしてハリーとスラグホーンは出会い2人はアラゴグの葬式に列席することになったのでした。全てが何もかもハリーに都合良く進んだのです。フェリックス・フェリシスのお陰でした。

これでハグリッドは1人でアラゴグの葬式を出さずに済みましたしハリーはスラグホーンの記憶を回収してようやくダンブルドアの宿題をやり終えることができたのでした。

3-3.さらなる別れと悲しみが!
そんなわけでフェリックス・フェリシスとハグリッドのお陰で(?)ハリーはようやくスラグホーンの記憶を回収することができハリーはさっそく回収した記憶を持って校長室を訪れたのでした。

そしてそこで明らかになったのはヴォルデモートは既にホグワーツ在学中に自らを不滅にする方策を探し出すことに全力を傾けていたということでした。すなわち複数の分霊箱を作るということをです。

そしてダンブルドアはもしヴォルデモートが分霊箱を隠したと思われる場所が見つかったらハリーを同行させると約束してくれたのでした。ハリーは「その権利」を勝ち取ったと思うと・・・

しかし!その2人の旅立ちが・・・

今日の最後に
ハグリッドとアラゴグは第2巻「秘密の部屋」で明らかにされているようにハグリッドがホグワーツに在学中つまり10代の時からということですから相当長きに渡る付き合いだったんですよね。

だからこそアラゴグとの別れはハグリッドにとっては悲しみの極みだったわけなんですが・・・

さらに深い悲しみが・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/670-4a9f66db