FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!ふと振り返って気がついてみれば実は今年の元日以来という久々の「雑文シリーズ」ということになりました。本日は最近記事を書いていて松岡さんの訳語で気になる箇所が何ヵ所かあったので拾い上げて紹介することにします。(全3項目)

3-1.松岡さんの誤訳について
実は最近記事を書きながら読み返していると「あれ?こんなふうに書いてあったけ?」と実際に同じページを開いて見比べてみるとハードカバーと携帯版で記述が違っている所が何ヵ所か見つかったんですよね。

そんな時に偶然巡り会ったサイトがあったんですよね。それは松岡さんの翻訳の問題点を指摘した「ここがへんだよハリー・ポッター日本語版」というサイトでした。

このサイトの趣旨はあくまでも「松岡さんの翻訳は間違いだらけ誤訳だらけだから日本語版を読むのなんて止めて皆さん原書を読みましょう」というものではなく・・・

大多数の日本の読者は原書を読むことなんてできないのだから松岡佑子さんは間違いをちゃんと改めて改訂版を出して欲しいというものだったので私も「なるほど!」と納得することができたというわけです。

そこで今日の記事では「このサイト」が指摘している訳語や訳文で私が関心を持った箇所と以前から気になっていた幾つかの訳語について紹介してみたいと思います。

3-2.一人称の呼び名について
この「ここがへんだよ」のサイトで私が特に着目したのは登場人物の一人称の呼び方に関するものでした。納得できたものもありましたし「そうかな?」と疑問に思うものも両方ともありました。

●ヴォルデモート卿の「俺様」
これについてはかなり以前に、とあるハリポタ関連のサイトの掲示板で指摘されていたのを見て「確かにそうだな」「他の呼び名はなかったのか?」と私も常々感じていました。

松岡さんの気持ちとしては主人公ハリーの最大の宿敵なのだから他の登場人物には使っていない一人称にしたいと思ってこの「俺様」を選んだのでしょうが・・・

どうせなら「もっと凄みのある」魔法界の大多数の人たちが直接名前を呼べないほどの人物にふさわしい恐ろしげな一人称にして欲しかったと私も思いますね。

●セブルス・スネイプの「我輩」
このサイトでは今や押しも押されぬシリーズの最重要人物の1人になったセブルス・スネイプの一人称「我輩」にも噛みついていますが私は別に「これはこれでいいんじゃない?」と思いますけどね。(苦笑)

松岡さんはスネイプの一人称については場面ごとに使い分けています。立場が同等あるいは目下の人物に対しては「我輩」を使い立場や身分が上の人物に対しては「私」を使っています。

例えば死の秘宝上巻10ページでは
「ヤックスリー、我輩が君に請け合おう」

死の秘宝下巻397ページではヴォルデモートに対して
「小僧を探すようお命じください。私めがポッターを連れて参りましょう。わが君、私ならあいつを見つけられます。どうか」

あとは第33章「プリンスの物語」(434~456ページ)ではダンブルドアに対する時のスネイプの一人称は「私」になっています。

3-3.気になった箇所
ここから先は特に私の場合は第5巻「不死鳥の騎士団」の中に気になる箇所が多数見つかったので、この機会に拾い出して紹介することにします。中にはサイト「ここがへんだよ」も指摘している箇所もあります。

●上巻183ページ
ハードカバーのほうでは「君の父さんのところでキャンプした」(4行目)となっていますが、携帯版では「君の父さんのところに転がり込んだものだ」と訂正されています。

これについてはサイト「ここがへんだよ」でも指摘されています。

●下巻6ページと165ページ
第20章の冒頭2行目に「ハーマイオニーがスカーフと手袋を着け」という記述が登場していますが、直後にハーマイオニーがハリーとロンの2人に対して「だって、外は寒いわよ!」と答えていますから・・・

私はここは「スカーフ」ではなく「襟巻き又はマフラー」と訳すべきだと思いますね。さらに165ページの左から2行目にも「全員上着やスカーフで身繕いした」となっています。

クリスマス休暇明けの1月の朝の冷え込みに備えてのものなんですから冬の重装備ということなので首に巻くのは当然スカーフなんかではなく「襟巻きかマフラー」だと私は思いますね。

これについてはハードカバーも携帯版も同様の記述になっています。

●下巻101ページ
左から6行目の「マッド・アイが魔法の目を隠すのにあみだに被った山高帽を笑った」の「あみだ被り」を辞書でひくと「帽子などを後方にずらして被ること」と書いてあるんですよね。

これは「あみだ仏が光背を負っている形からできた語」なんだそうで、つまりは帽子の被り方が仏様が後光を射している形に似ていることから言われるようになったというわけです。

何が問題なのか?と云えば「この帽子の被り方」ではマッド・アイの魔法の目が丸見えになってしまうということなんですよね。これは誤訳以外の何物でもありません。弁解の余地なしって奴です。

そんなわけで携帯版のほうは「目深に被った」と訂正されています。これは私はむしろ松岡さんに対して同情を禁じ得ないですね。どうして周囲にいた他の編集者やスタッフが気づいてあげなかったのかな?と思いますね。

●下巻204ページ
ハードカバーだと右から3行目でハグリッドが「停職になった」と言っているんですけど何故か?ハグリッドは停職になった後も仕事を続けていたんですよね。ここを読むたびに私は疑問に思いました。

どうしてハグリッドは停職になったのに「魔法生物飼育学」の教師の仕事を続けているんだろう?と思いました。それが携帯版で謎が解けたのです。これも「誤訳」だったみたいです。

携帯版のほうではハグリッドは「停職候補になった」と言っているんですよね。「候補」の2文字が加わったのです。これで疑問は解決したというわけです。まだ首になっていたわけではなかったということなんですよね。(苦笑)

最後に
私はもちろん誤訳や間違いが沢山見つかったからと云って今更原書を読もうなんて全然思いません。これからも松岡さんが頼りです。どうしてそう思うのか?と云えば・・・

それは私は辞書を引き引き読むなんて「そんなのは読書じゃない!」と思うからです。それに私が「ここまで」ハリポタに詳しくなることができたのは原書になんか一切手を出さずに・・・

一心不乱に日本語版をただひたすらにひたすらに繰り返し繰り返し読み返し続けて来たからで、今の自分があるのは原書を読むことに時間とエネルギーを奪われなかったからだと思っているからです。

でも松岡さんも「ちゃんとした批判」には耳を傾けて直すべき所は直して欲しいですね。

コメント

ヴォルデモートの呼称

確かに、「俺様」って言うのは、どうなんだろう?って思うけど・・・。
他に、どんな呼び名があったのか?って感じですが・・・。
原書での『I 』や『My』や『Me』が訳されて、「俺様」になってるのだろうけど、いっその事、自分の事を指し示す言葉は、訳さなくても良かったのでは?とも思ったりします。
周りの人が、ヴォルデモートの事を『我が君』『例のあの人』と呼ぶのは、どう呼ぼうが、読者が、その偉大さを描写から推し量れば良い訳ですしね・・・。

読書って、何でもそうですが、読み手である読者の人生経験によって、想像される情景が違うんですよね。
ハリポタは、色彩に関する描写が、よく出てきますが、ローリングさんが思い描いた色彩と、私達が思い描く色彩は、必ずしも一致はしてないと思うのですよね。でも、それは、翻訳者の訳し方が変だからという訳じゃないんですよね・・・。

そうそう、最近、面白そうなハリポタバトンを探してきました。
原作を読み込んでいるトキメキぼーいさんにも、答えて欲しいな・・・と思っております。気が向いたら、挑戦してみてください・・・。

私のコメントは、意外性があってスリリングですか?

2009.11.11  歩知  編集

確かにそうなんですが・・・

歩知さんコメントありがとうございました。

歩知さんのコメントの入れ方はスリリングですね。これまで過去の記事にこれほど熱心にコメントをつけてくれる人はいませんでしたよ。歩知さんが初めてです。

私も確かにヴォルデモート卿の「俺様」は以前から常々「何だかな~ぁ」と思ってはいたんですが「じゃあ?何がいいんだ?」と言われると「これだ!」という代わりの一人称が浮かばないというのが正直な所なんですよね。

ローリングさんは情景や個々の登場人物を思い浮かべやすいようにと事細かに描写してくれているんですが、それでもやはり1人1人の読者が抱いている景色は違うと私も思います。同感です。

ただある程度の一貫性は必要だと思いますよ。明らかに「その場しのぎ」と思われる訳語や日本語表記があるのも事実ですからね。

2009.11.12  トキメキぼーい  編集

私は「俺様」好きです

こんにちは!

多くの方が「俺様」が嫌いなようですが、私は結構好きです(笑)
偉大さや恐ろしさは感じられないのですが、彼の一人称が判明してから、一気に身近に感じるようになりました。
それまで得体の知れない不気味な存在だったのが、生身の人間なんだな・・・と思いました。
スネイプ先生の「我輩」については、これに勝る一人称はないと思います。大好きです。

一人称が人によって違ったり、同じ人でも話す相手によって違うのは日本語の特徴なので、とても重要なことだと思います。
ただ訳すだけでは雰囲気が伝わらないので、難しいですよね。
ホグワーツの男子のほぼ全員が「ぼく」を使い、女子はみんな「私」を使っているのが気になります。
「俺」、「おいら」とか、「あたし」、あと自分の名前で呼ぶとか、色んな一人称が欲しいです。

あとは、松岡さんの年齢のせいか、生徒達の言葉使いにリアリティがないと思います。まるで時代劇みたいな部分もありますよね・・・。





2009.11.17  リラ  編集

人それぞれというコトのようで・・・

リラさんコメントありがとうございました。

そうですかリラさんは「俺様」好きなんですね。私も「我輩」については「何がそんなにいけないの?」と思いましたけどね。

松岡さんの訳語の中には確かに「懐柔しなさい」とか「墓を詣でる」などの古めかしい表現が出て来ますが、これについては「16才の少年少女が口にする言葉じゃない」と非難する声と・・・

「美しい日本語」だと評価する意見の両方があるので松岡さんも「あちらを立てれば、こちらが立たず」といった感じで大変ですよね。(苦笑)

つまりは全ての読者を満足させる翻訳など存在しないということのようですね。しかし私は60%~80%程度の人が満足するよう松岡さんは努力すべきだと思いますよ。

2009.11.18  トキメキぼーい  編集

一言いいですか。

墓を詣でるは墓へ詣でるとか墓に詣でるではないでしょうか?

遅くなりすぎましたがちょっと一言

2011.01.09  MITSUKO  編集

そうですか?

MITSUKOさん初めまして!コメントありがとうございました。

> 墓を詣でるは墓へ詣でるとか墓に詣でるではないでしょうか?

私は別に違和感を感じませんが・・・

MITSUKOさんは不自然だと思うのでしょうか?

2011.01.10  トキメキぼーい  編集

No title

原書と日本語バージョンとでは、リリーとペチュニアの姉妹設定が逆転してるんですって!
「姉」と「妹」の立場が、(誤訳の所為で)反対になってるとか。

その失敗を「ふくろう通信」でチラッと触れただけで、松岡さんは その後も日本語版の姉妹の設定を元に戻さないままスルーし続けたとか!


・・・流石にヒド過ぎませんか?
松岡さんは、いい歳の方なのに、己の間違いを認めず謝罪しない傲慢な老人なのでは・・。



2011.07.17  ありん  編集

初めまして。

「ハリー・ポッター 死の秘宝パートII」を観て明かされなかった謎を解きたくなって、検索を掛けて来ました。古い記事にコメントを残してしまってすみません。

卿の日本語での一人称ですが、常々「我(われ)」が良いのではと思っていました。なぜなら、いかにも自分の支配欲や傲慢さに溺れてしまった者の悲哀が表れている一人称だと思うからです。いかが思われますか?

2011.07.17  すう。  編集

こんにちは

こんにちは、りぃーぬです。

俺様でも悪くはないと思うのですが、
70すぎた男の人が使う一人称じゃないなwとつくづく思っていました。

セブルスについては個人的に場面で使い分けるのと心情の変化もあるんじゃないかと思いました。(無論、松岡さんがそこまでかんがえていらっしゃったかはわかりませんが…)
というのは最後にハリーに
「僕を…見て…くれ…」
と言っており、リリーに話しかけるかのように、ハリーに対して初めて、僕、と言っている
となると我輩は、仮面のような役割も果たしていたのかも、と思いました。
いかがでしょうか?

2011.07.17  りぃーぬ  編集

直っている部分もありますよ。

ありんさん初めまして!コメントありがとうございました。

ハードカバーと携帯版では直している部分もありますよ。

例えば不死鳥の騎士団下巻101ページではマッド・アイが「魔法の目を隠すのにあみだに被った山高帽を笑った」の「あみだ」が携帯版では「目深に」に訂正されています。あみだだと魔法の目が丸見えになってしまうからです。

さらに同じ巻の騎士団下巻204ページではハグリッドが「停職になった」が携帯版では「停職候補になった」とやはり訂正されています。ご存知のようにハグリッドは学期末試験が始まるまでは仕事を続けていましたからね。

ありんさんはコメントの内容から察するに原書派のようですが「ペチュニアとリリーはどっちが姉か?」については松岡さんにも同情の余地があると私は思います。というのも松岡さんがローリングさんに直接会った時に・・・

「リリーが姉だ」と言われたから松岡さんは第3巻で訂正したんです。でも第7巻では「やっぱりペチュニアのほうが姉だった」と明らかになっていますよね。つまりローリングさんも間違うことがあるってことなんです。

2011.07.17  トキメキぼーい  編集

なかなかいいと思います。

すうさん初めまして!コメントありがとうございました!

「我(われ)」ですか。実は私も「俺様はちょっと」と常々思っていたのでそれよりは格段にいいと思います。でも今1つインパクトに欠けるような気がしないでもないですね。なかなか「これだ!」というのは見つかりませんね。

当然ヴォルデモート卿はハリーにとっても魔法界全体から見ても最大の脅威であり宿敵だったので私も「この人専用の一人称」という点では松岡さんと意見が一致していると思うんですけどね。

2011.07.17  トキメキぼーい  編集

ヴォルデモート卿の「俺様」

りぃーぬさんコメントありがとうございました!

りぃーぬさんの「70過ぎた男が俺様というのはいかがなものか?」という意見についてですが、私は年齢でどうこうと云うよりキャラクターの問題だと思いますよ。70過ぎても似合う人は似合うと私はそう思います。(笑)

「我輩は仮面のような役割を果たしていたのでは?」という意見は私も「言われてみればそうかもしれない」と思いました。スネイプの場合「知っていることをあえて口にせず隠している」という場面が相当多いですからね。

スネイプの「僕を見てくれ」は松岡さんも「どういう日本語に置き換えようか?」とかなり悩んだそうですね。

なかなか貴重で鋭い意見ありがとうございました。

りぃーぬさんのサイト
http://hariharine.blog67.fc2.com/

2011.07.18  トキメキぼーい  編集

ご無沙汰してます

しばらく読み逃げばかりで失礼しておりました。
コメント欄で、この記事に興味を覚えて読ませていただきました。

翻訳ミスなのか意訳なのか堅くそう信じているのか、判断はしにくいですが、出版したあとで訂正をするのはなかなか難しいことのようですね。実際問題、ハリポタは最初にかなりの部数を出版するので、版を重ねながら訂正を入れるのは限度があるのかも知れません。

あと、「あみだにかぶる」件ですが、
トキメキぼーいさんが辞書で調べたかぶり方は、昔ながらのかぶり方で、戦後パナマ帽などが流行った時に、ちょっとひさしを斜め前に落とし気味にかぶることを「あみだにかぶる」と言う様になったと、前にTVでやっていました。少し不良っぽくかぶることをさしたわけですね~。年配の方は、あみだに・・・というとそのかぶり方を思い出すのだと思います。(今はあみだに・・・自体が死語ですが)
言葉もいろいろと、さす意味が変わるからややこしいですね。長文失礼しました。

一昨日、最後のハリポタ映画観てきました。
本とは別物ですが、それなりに優れた作品だったと思います。早目にブログにUPしたいと思ってます。

2011.07.21  まる~ん  編集

こちらこそご無沙汰しています。(汗)

まる~んさんコメントありがとうございました!

そうだったんですか!「帽子をあみだに被る」の意味は昔と今とでは変わって来ているんですね。日本語には間違った使い方が長年続くと間違ったほうの使い方が定着してしまうというのはよくある話のようですからね。

間違いを直す作業も読者1人1人の意見や見解が千差万別なので「あちらを立てればこちらが立たず」ということになってしまって大変ですよね。登場人物の一人称の呼び名を決めるのも本当に大変な作業です。

それと映画の感想記事楽しみにしております。

2011.07.22  トキメキぼーい  編集

松岡が早く出版権を手離して
ちゃんとしたニセモノではない
ハリーポッターが日本語で読める日が
1日でも早く訪れる事を祈るばかりです

2013.08.08  名無しさん  編集

失礼極まりないコメント

私も確かに「原書派の皆さんがそこまでおっしゃるのなら松岡さん以外の人が翻訳したハリーポッターを読んでみたい」という気持ちはありますし記事でもそう書いています。

しかし名前の所を空欄にしたままで名乗りもしなかったり松岡祐子さんの事を呼び捨てにしたりニセモノ呼ばわりする人の意見に賛同する気にはとてもじゃありませんがなれませんね。

たとえ主張の内容がどんなに正しくても伝え方を間違えたら相手の心に届かないんだという事をこの機会に知って欲しいものです。

松岡さんの事がいくら嫌いでも「氏」をつけるぐらいの事は最低限のマナーだと私はそう思いますね。

2013.08.09  トキメキぼーい  編集

ヴォルデモートの一人称「朕(ちん)」とかなら自分をすごく上に見ている感じが出そうですね
ただ、朕って響きや言葉の古めかしさから違和感は拭えないですけど

2016.08.29  くぼー  編集

朕(ちん)ですか?

くぼーさん初めまして!ですよね?コメントありがとうございました!

ヴォルデモートの一人称「朕(ちん)」ですか?確かに他の登場人物には使われていませんね。でも私個人の印象としては自分を凄く上に見ているという感じはしませんね。

なかなか「これはいい!これこそヴォルデモート卿の一人称にふさわしい!」という呼び名は見つかりませんね。(苦笑)

2016.08.30  トキメキぼーい  編集

名乗りもしない云々と言ってますが、本名でない名前を書いてもしょうがないんじゃ?
それを言うならトキメキさんだって本名じゃないし、お前が言うな!と言われちゃいますよ?

2016.09.02  名無しさん  編集

名乗ってもらわないと困ります

私はいただいたコメントにはスパムでなければ必ず返事をする事にしています。初めてコメントをくださった方には冒頭に「初めまして!」とつけます。

それは多くの方々は初コメントをするというのはかなり勇気のいる事なのでそれに敬意を表してつけているんです。もちろん本名を名乗る必要などありません。当然私の「トキメキぼーい」もハンドルネームです。

名前を名乗って欲しいと言っているのは初コメントの方なのか二度目以上の方なのかを区別できないからそうして欲しいと言っているんです。

四度目五度目のコメントともなれば「あの方がまたコメントをくださった!」という事でコメントの内容や返し方も微妙に違って来たりするものなんですよ。その辺をご理解いただければ大変うれしく思います。

信頼・信用と実績を積み重ねるという観点からも本名でなくとも同じ名前(ハンドルネーム)を名乗り続けるというのは極めて重要で有用な事なんですよ。あなたはその辺の事が分っておられないと私はそう思いますね。(笑)

つまりはあなた自身のためでもあるんですよ。せっかくブログ・サイトにコメントをする機会を得たのに名乗らないなんてもったいないですよ。是非素敵なハンドルネームを考えて欲しいものです。

2016.09.03  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.