FC2ブログ
今日と明日の2日間はルーナのお父さんで雑誌ザ・クィブラーの編集長でもある「この人」を取り上げることにしました。ハーマイオニーは「こんな雑誌クズよ」と一刀両断に切り捨てましたがハリーの真実の声を世間に伝えることに貢献したのでした。(全3項目)

3-1.ハリーとゼノフィリウス氏
ご存知の通り当初ハリーとゼノフィリウス氏は直接顔を会わせることはありませんでした。しかし娘のルーナがハリーと同じコンパートメントに乗り合わせたことから2人は関わり合うようになったというわけです。

シリウス・ブラック―加害者か被害者か?

ルーナが持っていた雑誌ザ・クィブラーにシリウスに関する記事が載っていたので見出しに惹かれて関心を寄せたハリーがルーナに「これ読んでもいい?」と真剣に頼んだのでした。

最初の書き出しにこそシリウスは「アズカバン送りになった罪を犯していないかもしれない」と事件の真相に迫る内容が書き綴られていましたが読み進むにつれて・・・

シリウスが実は人気シンガーグループ「ザ・ホブゴブリンズ」の元リードボーカルで本名はスタビィ・ボードマンだとか事件の夜には別の場所にいたなどと事実とは程遠い方向に話は流れていたのでした。

ハリーが雑誌を閉じるとロンが何か面白い記事があったか?とハリーに訊ねましたがハリーが答える前にハーマイオニーが辛辣に言ったのでした。あるわけがない。ザ・クィブラーなんてクズだと・・・

ところが「この雑誌」を編集しているのは私のパパなんだけどとルーナが言うとハーマイオニーは困った顔をして慌ててフォローの言葉を並べ立てたのですが・・・

「時既に遅し!」といった感じでルーナはハリーから雑誌を引ったくると再び雑誌の表紙の陰に顔を隠してしまったのでした。

3-2.ザ・クィブラーバカ売れ!
ハーマイオニーは当初ラブグッド父娘のことを「どうやら全然証拠がないものしか信じないらしい」と厳しく評価していたのでした。ブリバリング・ハムディンガーもしわしわ角スノーカックも存在しないのだと・・・

種々の考え方が「水と油」のリータ・スキーターも雑誌ザ・クィブラーについてはハーマイオニーと同意見のようでした。リータによれば「あたしゃ、あのボロ雑誌の臭い記事を庭の肥しにするね」とのことでした。

しかしハリーが真実を語る機会を作ってあげたいと考えたハーマイオニーはルーナを通じてゼノフィリウス氏にハリーのインタビュー記事をザ・クィブラーに載せて欲しいと依頼したのでした。

こうしてハリーのインタビュー記事が載ったザ・クィブラーはホグワーツの全ての生徒と先生方が読み、学校の外でも飛ぶように売れてゼノフィリウス氏は雑誌を増刷しなくてはならなかったのでした。

その後ザ・クィブラーに掲載されたハリーのインタビュー記事は日刊予言者新聞が高額で買い取ってくれたのでラブグッド父娘は夏休みにはスウェーデンに「しわしわ角スノーカック」を探しに出かけたのでした。

3-3.ルーファス・スクリムジョールは吸血鬼?
6年生の新学期初日ハリーはホグワーツ特急でルーナと再会したのでした。ルーナの胸には「メラメラメガネ」の付録がついた雑誌ザ・クィブラーがあったのでした。

ハリーもまた先学期インタビュー記事を載せてもらったので「この雑誌」に何となく親しみを覚えるようになったのでした。ルーナもまた発行部数がぐんと上がったと嬉しそうに言ったのでした。

学期に入ってからハリーとルーナが再び顔を会わせたのはクリスマス休暇に入る前の日でスラグホーンのクリスマス・パーティが行われる当日のことでした。

ここでハリー自身もルーナも驚いたのですが2人はスラグホーンのクリスマス・パーティに一緒に行くことになったのでした。

玄関ホールで待ち合わせてスラグホーンの部屋に向かう道すがらハリーが「吸血鬼が来る予定だって」と言うとルーナが「ルーファス・スクリムジョール?」と聞き返して来るので・・・

ハリーは面食らって「魔法大臣のこと?」とルーナに言ったのですが、ルーナは当たり前という顔でルーファス・スクリムジョールは吸血鬼なんだと答えたのでした。

ルーナの説明によると何でもスクリムジョールが魔法大臣に就任した直後にパパが新大臣に関する長い記事を書いたそうなんですが魔法省の誰かが手を回して発行させないようにしたんだそうです。

それはもちろん本当のことが漏れるのが嫌だったからなんだそうです。正直言ってハリーはルーファス・スクリムジョールが吸血鬼だなんて全く有り得ない話だと思いましたがルーナには何も反論しませんでした。

それは父親の奇妙な見解をルーナが事実と信じて受け売りするのにもはや慣れてしまったからでした。結局スラグホーンのパーティに来ていた吸血鬼はルーファス・スクリムジョールではなく・・・

サングィニという男でした。

今日の最後に
実は書いている途中でふと気づいたのですが今日の記事ではゼノフィリウス氏本人が全く登場しないという非常に珍しい記事の構成になりました。どうしてか?と言えば5巻と6巻では本人が登場していないからなんですよね。

明日の記事でようやく本人登場!ということになります。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/678-5560b8a2