FC2ブログ
「おー、ハリー・・・ハリー」目の前でハリーがヴォルデモートに殺されて嘆き悲しむハグリッドだったのですがヴォルデモートにとっても死喰い人たちにとっても、そして何よりもハグリッドにとって信じられないことにハリーは生きていたのです。(全3項目)

3-1.遺体(?)の運搬役
「死んでいます!」

ナルシッサ・マルフォイが真っ赤な嘘をついているとは露知らずヴォルデモートはハリーの遺体を「どうやって運ぶのか?」の算段を始めたのでした。そして運搬役として指名されたのがハグリッドだったというわけです。

ハグリッドは成すすべもなく無抵抗に殺されたハリーに怒りをぶつけるように乱暴にメガネをハリーの顔に戻したのでした。しかしハリーを持ち上げる巨大な両手は限りなく優しかったのでした。

ハリーはハグリッドの両腕が激しい啜り泣きで震えているのを感じました。両腕であやすように抱かれたハリーの上には大粒の涙がぼたぼたと落ちて来ました。ハグリッドの嘆き悲しみぶりを感じてハリーは・・・

まだ全てが終わったわけではないと仄めかすことなど到底できないと思ったのでした。ハリーは身動きもせず言葉も発しませんでした。こうして思いっきり勘違いな勝利の行軍が始まったのでした。

周囲では死喰い人たちが歓声を上げハグリッドは身も世もなく泣きじゃくっていたのでハリーの首筋が脈を打っているのかどうか?を確かめる者など1人もいませんでした。

「ベイン!」

「満足だろうな、臆病者の駄馬どもが。お前たちは戦わんかったんだからな?満足か、ハリー・ポッターが死んで」

ハグリッドの突然の大声にハリーは危うく目を開ける所でした。ハグリッドは現れたケンタウルスに怒りをぶつけましたが言葉が続かず新たな涙に咽せたのでした。

こうしてハグリッドとハリーとヴォルデモートと死喰い人たちはホグワーツ城の玄関ホールの前に到着したのでした。

3-2.戦いが再開されて
ヴォルデモートはハリーの遺体を見せさえすればホグワーツ防衛隊の士気は著しく低下して自分たちは勝利を確かなものにできると考えたようですが実際にはヴォルデモートの予想に反する結果になったのでした。

ロン、ハーマイオニー、ジニーの3人の叫びが引き金になって生存者たちが義に奮い立ち口々に死喰い人を罵倒する叫び声を上げ始めたのです。そのためヴォルデモートは呪文で人々を黙らせなくてはなりませんでした。

そしてネビルの頭の上に乗せた組分け帽子に点けた火がホグワーツ防衛隊の反撃ののろしになったのでした。反撃の口火を切ったのはグロウプでした。さらに加勢に加わったのは?

蹄の音が聞こえたかと思うと弓弦が鳴り死喰い人の上に突然矢が降って来ました。不意を衝かれた死喰い人たちは叫び声を上げて隊列を乱しました。ハリーもまたローブから「透明マント」を取り出して飛び起きたのでした。

ここでハグリッドが守り育んで来た生き物たちが活躍したのでした。セストラルとヒッポグリフのバックビークがヴォルデモート側の巨人たちの目玉を引っ掻く一方でグロウプは・・・

相手の巨人をめちゃめちゃに殴りつけていたのでした。そのためホグワーツ防衛隊とヴォルデモートの死喰い人軍団の区別なく魔法使いたちは城の中に退却しなくてはならない状況に追い込まれたのでした。

こうして戦いは大広間に持ち込まれ屋敷しもべ妖精に後から加わった援軍で圧倒的な数を誇ったホグワーツ防衛隊が勝利して最後にはハリーがヴォルデモートを倒して・・・

勝負は決したのでした。

3-3.19年後のハグリッド
19年後ハリーは今年ホグワーツに入学する次男のアルバスに「セストラルを心配することはないよ」「おとないしい生き物だから何も怖がることはない」と言っていますね。

さらに息子を抱き締めながら「金曜日にハグリッドから夕食に招待されているのを忘れるんじゃないよ」とも言っていますね。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人がホグワーツにいた頃のハグリッドが作る食事と云えば残念ながらお世辞にも決して「おいしい」とは言えないものだったのですが・・・

このハリーの発言から察するにはハグリッドはかなり料理の腕を上げたというか?自分以外の人間も食べられる食事を作れるようになったみたいですね。(笑)

最後に
こうして改めて振り返ってみると第7巻「死の秘宝」のハグリッドは登場するシーンがストーリーの序盤と終盤に著しく片寄っていたということが判りましたよね。

12月6日が誕生日ということなので来週1週間もまたハグリッドを取り上げる予定にしています。来週は総括をお届けすることにしています。

これまでの巻ごとのハグリッド
第1巻「賢者の石」のハグリッド
第2巻「秘密の部屋」のハグリッド
第3巻「アズカバンの囚人」のハグリッド
第4巻「炎のゴブレット」のハグリッド
第5巻「不死鳥の騎士団」のハグリッド
第6巻「謎のプリンス」のハグリッド
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/687-4e330c90