FC2ブログ
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が3年生になると「闇の魔術に対する防衛術」の教職にはリーマス・ルーピンが就任してハリーたちはホグワーツに入学して以来初めて「この科目」をまともに勉強することになったのですがスネイプの反応はと云えば・・・(全3項目)

3-1.ヒッポグリフ後のドラコ・マルフォイ
ハグリッドの魔法生物飼育学の最初の授業でヒッポグリフのバックビークに襲われて負傷したマルフォイは木曜日の昼近くまで現れずスリザリンとグリフィンドール合同の「魔法薬学」の授業が・・・

半分ほど終わった頃に姿を見せたのでした。スネイプがマルフォイに気楽な口調で「座りたまえ」と声をかけるのを見てハリーとロンは腹立たしげに顔を見合わせたのでした。

もし遅れて入って来たのがハリーかロンだったら「座りたまえ」などと言う所か厳罰を科したに違いないからです。スネイプのクラスではマルフォイはいつも何をやってもお咎めなしでした。

今日の授業では負傷で腕が使えないマルフォイの魔法薬の材料をハリーとロンが刻まされるハメになったのでした。スネイプはいつものようにハリーに対してとっておきの憎しみのこもった視線を投げつけたのでした。

シェーマス・フィネガンがハリーの真鍮の台秤を借りようと身を乗り出しながら今朝の「日刊予言者新聞」にシリウス・ブラックがホグワーツからあまり遠くない場所で目撃されたと話したのでした。

ロンがマルフォイのほうを振り返るとマルフォイがハリーのことをじーっと見つめているのでロンが「何だ」と声をかけるとマルフォイの目はギラギラと意地悪く光りハリーを見据えたままでした。

するとマルフォイはテーブルから身を乗り出してハリーに「1人でブラックを捕まえるつもりなのか?」と言って来ました。ハリーは「そのとおりだ」と無造作に答えたのですが・・・

マルフォイはハリーに対して僕だったら既に何かをやっているだろうなと言ったのでした。学校になんか留まっていないでブラックを探しに出かけるだろうと言うのです。

しかしシリウス・ブラックが昔「何をしたのか?」の事の真相を知らないロンとハリーは「どうしてマルフォイはブラックを自分で追い詰めるなんて言うのか?」とマルフォイの主張を訝ったのでした。

3-2.ネビルの縮み薬
「魔法薬」の授業ではネビルはいつも支離滅裂でした。ネビルにとっては「魔法薬学」が最悪の科目でした。恐怖のスネイプ先生の前ではネビルは普段の10倍もへまをやらかしたのでした。

今日も明るい黄緑色になるはずの水薬がオレンジ色になっていたのでした。スネイプはネビルの薬を柄杓で大鍋からすくい上げて上からタラタラと垂らし入れてみんなによく見えるようにしたのでした。

スネイプはネビルの魔法薬の問題点を1つ1つ挙げながら「いったい我輩はどうすれば君に理解していただけるのか?」とネビルに迫ったのでした。ネビルは赤くなって小刻みに震え今にも泣き出しそうな様子でした。

スネイプは授業の最後にネビルが作った魔法薬をネビルのペットのヒキガエルのトレバーに飲ませると宣言したのでした。そうすればネビルも魔法薬を真剣に調合する気になれるだろうと言うのでした。

スネイプの最後通告を受けてネビルは汗だくになりながら鍋を必死で掻き回していたのでした。ハーマイオニーがスネイプに気づかれないよう唇を動かさないようにして指示を与えていたのでした。

そしてついにネビルが作った魔法薬をトレバーに飲ませる時がやって来ました。「縮み薬」がちゃんと出来上がっていればトレバーはおたまじゃくしになるハズでした。しかし作り方を間違えていれば・・・

トレバーは薬の毒にやられるとのことでした。グリフィンドール生は戦々恐々として見守りスリザリン生たちは嬉々として見物しているようにハリーには見えたのでした。

スネイプがヒキガエルのトレバーを左手で摘み上げ小さいスプーンをネビルの鍋に突っ込んで今は緑色に変わっている水薬をトレバーの喉に流し込んだのでした。するとトレバーは・・・

「ポン」と軽い音がしてトレバーは見事におたまじゃくしになったのでした。一転して今度はグリフィンドール生は大喜びで拍手喝采したのでした。一方スネイプは面白くないという表情でした。

「グリフィンドール、5点減点」

スネイプの言葉でグリフィンドール生の顔から笑いが吹き飛びました。5点減点の理由はハーマイオニーがネビルの魔法薬の調合を手伝ったからとのことでした。それを受けてロンは・・・

水薬がちゃんとできたから5点減点ということでスネイプに対して煮えくり返っていたのでした。結局どっちに転んでもネビルにとっては嬉しくないという結果に終わったのでした。

3-3.セブルス・スネイプとネビル
今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教職にはリーマス・ルーピンが就任してドラコ・マルフォイとその取り巻き連中のスリザリン生を除けば全生徒の一番人気の授業になったのでした。

ルーピン先生の登場でスネイプはますます復讐モードになっていったのでした。理由はハッキリしていました。ネビルがまね妖怪をスネイプの姿にしてそれにお祖母さんの服を着せて・・・

という話が学校中に野火のように広がったからでした。スネイプにとっては「そんな話」は面白くもおかしくもありません。そのためルーピン先生の名前が出るだけでスネイプの目はギラリと脅すように光りましたし・・・

そのお陰でネビルいじめにはいっそう拍車がかかることになったのでした。

今日の最後に
今回改めて第3巻「アズカバンの囚人」の「魔法薬学」の授業シーンを読み返して思ったんですけどネビルにとっては「この科目」の授業は最悪中の最悪だったんですね。

でももしネビルがホラス・スラグホーンに教えてもらっていたら?やはり相当「この科目」に対する認識は変わっていたでしょうね。しかしネビルがスラグホーンに教えてもらう機会はなかったというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/713-84f42206