FC2ブログ
「魔法薬学」のハリーの学年はグリフィンドールとスリザリンが合同で授業を行うので毎度毎度険悪な雰囲気なんですがハリーが4年生になった時にはさらに拍車がかかったのでした。それはハリーが・・・(全3項目)

3-1.代表選手ハリー・ポッター
通常他の学校の関係者の前では自分の学校の生徒のことは悪く言ったりはしないものだと思うんですが、スネイプの場合はボーバトンやダームストラングの校長や代表選手がいる所で・・・

ハリーは規則は破るものと決めてかかっているとか本校に来て以来決められた線を越えてばかりいるのだなどと他の学校の関係者各位が見守る中で公然とハリーの批判をしたのでした。

さらに昨年度の末にはハリーがスネイプの最大の宿敵シリウス・ブラックの逃亡を手助けしたためスネイプのハリーに対する憎悪はさらに深まったのでした。そんなわけでハリーが正規の枠を越えて・・・

三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれたということでスネイプとスリザリン生が攻撃しないわけはなかったのでした。特にグリフィンドールとスリザリンが合同で授業を行う「魔法薬学」の時は絶好の機会でした。

ハリーが代表選手に選ばれた直後の「魔法薬学」の授業では今やハリーの唯一の理解者となったハーマイオニーがマルフォイに呪いをかけられて医務室に行ってしまい・・・

もはやハリーを守る人間は1人もいなくなってしまったのでした。ハリーは自分を解毒剤の実験台にするとの意思を示したスネイプを攻撃せずにはいられない気持ちになったのでした。

するとそこに地下牢教室のドアをノックする音が飛び込んで来たのでした。ハリーに笑いかけながら遠慮がちに入って来たのはコリン・クリービーでした。コリンは一番前にあるスネイプの机まで歩いていったのでした。

「先生、僕、ハリー・ポッターを上に連れて来るように言われました」

スネイプはコリンにハリーはまだ1時間魔法薬の授業があるので終わってから上に行くと冷たく言い放ったのでした。しかしコリンも使命感に燃えていたので後には引きません。結局ハリーは・・・

コリンに連れ出されて地下牢教室を後にしたのでした。

3-2.週刊魔女
「第2の課題」終了後ホグズミード行きの日にシリウスに会えることになったハリーは午後の最後の授業が2時限続きの「魔法薬学」だったのにも関わらず普段より心がずっと弾んでいたのでした。

ハリーたち3人が地下牢教室の入口に到着するとパンジー・パーキンソンがハーマイオニーに「あなたが関心を寄せそうな記事が載っているわよ」と言って雑誌を投げてよこしたのでした。それは「週間魔女」でした。

教室に入ってスネイプが今日の魔法薬の材料を黒板に書くために後ろを向くと同時にハーマイオニーは机の下で雑誌をめくり始めたのでした。真ん中あたりに探していた記事が見つかったのでした。記事の題名は・・・

「ハリー・ポッターの密かな胸の痛み」

記事を見てロンが歯ぎしりしながらハーマイオニーに「だから言ったじゃないか!」と囁いたのでした。リータ・スキーターにかまうから「週間魔女」にこんな記事が載ってしまったんだと・・・

しかしハーマイオニーは意に介さない様子で「ばかばかしいの一言だわ」と言うと隣の空いた椅子に雑誌を放り出したのでした。それよりもハーマイオニーが関心を抱いたのは他のことだったのです。

それは「第2の課題」でゴールした直後の自分とビクトール・クラムの会話の内容をどうやってリータ・スキーターが知ったのか?ということでした。ところがふと気がついてみると・・・

「君の個人生活のお話は確かに目眩くものではあるが、ミス・グレンジャー」

氷のような声が3人のすぐ後ろから聞こえて来たのでした。ハリーたちが話し込んでいる隙にスネイプが音も立てずに3人の机の所まで来ていたのです。そしてハーマイオニーが読んでいた雑誌を見つけたのでした。

スネイプは雑誌をめくって例の記事を見つけると声を出して読み始めたのでした。さらに一文読むごとに間を取ってスリザリン生が散々笑えるようにもしたのでした。スネイプが読むと10倍も酷い記事に聞こえたのでした。

3-3.真実薬
スネイプは「もつれた恋愛関係より魔法薬の調合に専念できるように」と3人に別々の席につくように言ったのでした。ハリーはスネイプの机のまん前のテーブルにつくようにと言われたのでした。

ハリーはスネイプと視線を合わさないようにしながらタマオシコガネつぶしを続けたのでした。するとスネイプがハリーにしか聞こえないような低い声でハリーに話しかけて来たのでした。

挑発していることは判り切っていたのでハリーは努めて冷静に落ち着いて対処しようと思ったのでした。するとスネイプの目が光り黒いローブに手を突っ込んだのでした。ハリーは一瞬スネイプに呪いをかけられると・・・

思ったのですがスネイプがローブの内ポケットから取り出して来たのは杖ではなく透き通った液体の入った小さなクリスタルの瓶でした。中に入っているのはベリタセラムすなわち「真実薬」なのだそうです。

極めて強力な魔法薬で三滴あればハリーは心の奥底にある秘密を全て話すことになるんだそうです。スネイプはクリスタルの小瓶をわずかに振りながら言ったのでした。お前の夕食のかぼちゃジュースに入れれば・・・

そうすればハリーが「第2の課題」前の真夜中に我輩の研究室に入ったかどうかが判ると言うのです。ハリーは「真実薬」なんて嫌なことを聞いてしまったと思ったのでした。

スネイプなら「手を滑らせて」飲ませるぐらいのことはやりかねないと思ったからです。ドビーのことやらシリウスと定期的に連絡を取っていることなど表沙汰にされたら困ることが一杯あります。

ハリーは自分もマッド・アイを見習って自分専用の携帯瓶から飲むことにしようかな?とさえ思ったのでした。

今日の最後に
この後ハリーとスネイプの会話はダームストラングの校長カルカロフの突然の乱入によって打ち切られたのでした。今話したいと言うカルカロフに対してスネイプは怒ったように「授業が終わってからだ」と言ったのでした。

そんなわけで今日の記事では第4巻「炎のゴブレット」での「魔法薬学」の授業シーンを取り上げました。最終日の明日は第5巻「不死鳥の騎士団」の授業シーンを紹介することにします。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/714-0a654a22