FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーの持つ特殊能力・蛇語使い
第2巻でハリーは極めて特殊な能力つまり蛇語を解するために他の寮の生徒たちからは「マグル出身の生徒を襲っているのはポッターなのでは?」とか「あのヴォルデモートが殺そうとして失敗したのはポッターが本当に強力な闇の魔法使いだからではないか?」などと疑われハリーを苦しめる原因になりました。

マールヴォロ(ヴォルデモートの祖父)
モーフィン(マールヴォロの息子)
メローピー(ヴォルデモートの母親)

一方第6巻第10章では上記に掲げたゴーント家の人たちの蛇語による会話を把握するのにむしろ役に立っていたりしていますよね。もうそこには蛇語を解する、つまりパーセル・マウスだということを悩んだり苦しんだりするハリーの姿はありません。

ゴドリック・グリフィンドールの剣
開かれた秘密の部屋でバジリスクと対決したハリーは組分け帽子の中から『この剣』を取り出し、不死鳥フォークスの助けもあり、最後はこの剣でバジリスクにとどめを刺します。

プリンス下巻283ページでダンブルドアはガラスケースに収められた『この剣』を指して、どうやらヴォルデモートは4人の創始者の品々を集めるという野望を果たすためにホグワーツの教職を望んだのではないか?と言っています。

相次ぐ犠牲者
第2巻秘密の部屋ではバジリスクのひと睨みによる犠牲者が相次ぎました。もっとも既にもう死んでいる首なしニック以外は致命傷となる眼(まなこ)を直接見なかったので嘆きのマートルのように死ぬことはなく石になっただけで一命はとりとめました。

第6巻では(後述の)姿をくらます飾り棚の修理が思うようにはかどらないマルフォイが策を講じた為にケイティ・ベルが呪いのかかったネックレスにさわってしまって聖マンゴに入院したり、ロンはハリーの機転で命を救われたものの毒入りのオーク樽熟成の蜂蜜酒を飲んで誕生日に医務室の世話になるハメになったりしました。

プリンス下巻126ページではハグリッドが秘密の部屋の繰り返しだと言っています。

ボージン・アンド・バークス
秘密の部屋73~74ページでハリーが初めて煙突飛行粉で隠れ穴からダイアゴン横丁に移動しようとして失敗してしまい、迷い込んでしまったのが「この店」でした。この店自体やこの店で売られていたものが第6巻で重要な役割を果たしていますね。

姿をくらます飾り棚(キャビネット)
プリンス下巻408~409ページでドラコ・マルフォイが明らかにしています。つまりこの飾り棚(キャビネット)でボージン・アンド・バークスとホグワーツが繋がっていて、これを修理すれば警備措置が百倍強化されても(上巻241ページ)全てをくぐり抜けてホグワーツに進入することが出来るというわけです。

「輝きの手」と「豪華なオパールのネックレス」
いずれも秘密の部屋78~79ページに登場している『この店』の売り物でネックレスは上巻378ページに「輝きの手」は下巻454ページに登場しています。

ルシウス・マルフォイからドラコへ?
秘密の部屋331ページでドラコ・マルフォイは「父上は、ダンブルドアがいることが、この学校にとって最悪の事態だと、いつもおっしゃっている」と言っています。

プリンス下巻288ページでダンブルドアは「アーサー・ウィーズリーの娘のもとに日記を忍び込ませることで、アーサーの信用を傷つけ、わしをホグワーツから追放させ、同時に自分にとって非常に不利になる物証を片付けるという、一石三鳥を狙ったのじゃ」と言っています。

しかし結局ダンブルドアは校長職に復帰しアーサー・ウィーズリー氏の信用を傷つけることもできませんでした。

もちろんルシウス・マルフォイはこうした自身の野望を息子が引き継ぐことなど望んでいないと思いますが結果としては父親が果たせなかったことを息子のドラコが引き継いだという形になりました。

最後に
まあ今にして思えば「なーるほどね!」と思いますが、とにかく伏線だとは夢にも思わなかった所が伏線になっていました。まさかプリンスが『王子』ではなくスネイプの母親の旧姓だったとは!といった感じです。

今こうして詳しく分析してみて思うに何だかローリングさんにまんまと騙(だま)されたというか、誑(たぶ)かされたというか、してやられたといった感じです。私はそう勘違いさせる為にローリングさんは敢えてスネイプの母親の旧姓をプリンスにしたんじゃないかと思います。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.