FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ホグワーツの生徒は3年生になるとホグズミード行きが許可されます。ハリーはバーノン叔父さんが許可証にサインしてくれなかったのでハーマイオニーはロンと一緒に行くことになったのですが、直前には2人のペットのクルックシャンクスとスキャバーズが・・・(全3項目)

3-1.もうじき初めてのホグズミード村なのに・・・
こうしてハリー、ロン、ハーマイオニーの3年目が始まったわけですが10月に入るとハリーにとっては待望のクィディッチ・シーズンの到来ということになるわけなんですよね。

ある夜ハリーが練習の成果に満足しながら談話室に戻って来ると談話室はざわついた雰囲気でした。ハリーがロンとハーマイオニーに「何かあったの?」と訊くと「第1回目のホグズミード週末」とのことでした。

ハリーはロンのそばの椅子にドサリと座りました。高揚していた気持ちがたちまち萎えて行きました。ハーマイオニーはハリーのそんな気持ちを察したようでした。するとそこに・・・

ハリーを追うようにクルックシャンクスがやって来ました。ハリーがロンとハーマイオニーもやっている天文学の宿題をやろうと羊皮紙、インク、羽根ペンを取り出し作業に取りかかると・・・

突然クルックシャンクスが跳び上がったのでした。クルックシャンクスは四本脚の爪全部をロンのカバンに深々と食い込ませ猛烈に引っ掻き出したのでした。ロンはクルックシャンクスからカバンをもぎ取ろうと・・・

カバンを振り回しましたがクルックシャンクスはカバンにぴったり張りついたままで全く離れません。そうこうする内にカバンの中に隠れていたスキャバーズがポーンと飛び出したのでした。

ロンとハーマイオニーがそれぞれのペットを追いかけました。ハーマイオニーはクルックシャンクスの腹を抱えウンウン言いながらスキャバーズから引き離したのでした。

それぞれのペットを巡って激論が交わされたのは言うまでもありません。ロンが「その猫のお陰でこんなにガリガリになった」と文句を言えばハーマイオニーも負けずに・・・

「猫はネズミを追いかけるものだわ」と言い返したのでした。

3-2.ブラック侵入事件
当然の結果としてハリーは結局ホグズミード村には行けないということになったのでした。ハロウィーンの朝ハリーは最低の気分でしたが表向きは平静を装ってみんなと一緒に朝食に下りて行ったのでした。

ハーマイオニーはハニーデュークスからお菓子を沢山持って来てあげると心底気の毒そうな表情を浮かべながら言ったのでした。ロンとハーマイオニーはハリーがあまりにも落胆しているので・・・

ついにクルックシャンクス論争を水に流したのでした。ハリーは精一杯平気を装って2人を玄関ホールまで見送ったのでした。こうしてロンとハーマイオニーは初めてホグズミード村に行ったのでした。

黄昏時ハリーが談話室に戻るとロンとハーマイオニーも村から帰って来ていました。2人は寒風に頬を染め人生最高の楽しい時を過ごして来たかのような顔をしていました。

ハリーが村は「どんなとこだった?どこに行ったの?」と訊くと2人の答えは全てのあらゆる所に行ったという感じでした。魔法用具店の「ダービシュ・アンド・バンクス」に悪戯専門店の「ゾンゴ」に・・・

「三本の箒」では泡立った温かいバタービールをマグカップで引っかけ他にも郵便局にも「ハニーデュークス」にも行ったんだそうです。話している内にもハロウィーンの宴会の時間になったのでした。

ハリーは2人が村に行っている間はルーピンの部屋にいてスネイプがそこにゴブレットに入った薬を持って来たことを話したのでした。大広間に向かう間にハーマイオニーは周囲を見回した後・・・

声を落として「もしスネイプがルーピンに毒を盛るつもりだったらハリーの目の前ではやらないだろう」と言ったのでした。ハリーもハーマイオニーの意見に同意したのでした。

ハロウィーン・パーティの楽しい時を過ごして3人が談話室に戻ろうと他のグリフィンドール生の後ろについて通路を歩いていると生徒がすし詰め状態になっているのに出くわしたのでした。

ロンが怪訝そうに「何でみんな入らないんだろう?」と言いましたがハリーたち3人が談話室の入口に行ってみると「太った婦人(レディ)」の姿はそこにはなく絵は滅多切りにされていたのでした。

現れたダンブルドア校長は切り刻まれて無残な状態になっている肖像画を見て暗い深刻な表情で振り返ったのでした。

そして婦人を襲ったのは?

3-3.代理の先生
ハロウィーン・パーティが開催された10月31日以降学校内ではシリウス・ブラックが「どうやって侵入したのか?」の論争が起こり様々な説が飛び交ったのでした。

その影響はハリーにも及んだのでした。ブラックはハリーの命を狙っている。今回城に侵入したのも当然そのためだろうということで先生方に監督生のパーシーとハリーにはありとあらゆる監視の目がついたのでした。

それに拍車をかけたのがクィディッチの開幕戦グリフィンドールの対戦相手がスリザリンからハッフルパフに変更されたことでした。キャプンテンのオリバー・ウッドが授業の合間にハリーに指示をするので・・・

ハリーは各科目の授業に間に合うことさえ困難になったのでした。そして試合前日の「闇の魔術に対する防衛術」の授業にもハリーは10分も遅れて教室に入ることになったのですが・・・

そこにいたのはルーピン先生ではなく教壇の机から頭を上げたのはスネイプでした。スネイプはハリーが10分遅刻して来たという理由でいきなり10点減点を言い渡したのでした。

スネイプはルーピン先生が「これまでの授業で何を教えて来たのか?」の記録を全く残していないと言い出したのでハーマイオニーが一気に答えるとスネイプは・・・

ハーマイオニーに向かって「黙れ」と冷たく言った後「教えてくれと言ったわけではない」我輩はただルーピン先生のだらしなさを指摘しただけだと言い放ったのでした。

なおも繰り返し発言するハーマイオニーを無視してスネイプは生徒たちに教科書の394ページを開くようにと言ったのでした。そして人狼と真の狼を「どうやって見分けるのか?」判る者はいるのかと・・・

スネイプが問いかけると生徒全員が黙り込んで教室は静まり返ったのでした。当然手を挙げたのはハーマイオニー1人だけでしたがスネイプは再びハーマイオニーを無視したのでした。

ハーマイオニーがスネイプの無視を振り切って狼人間の特徴について答えるとスネイプはハーマイオニーに「勝手にしゃしゃり出て来たのはこれで二度目だ」と言った後・・・

さらに「鼻持ちならない知ったかぶりでグリフィンドールからさらに5点減点する」と言い放ったのでした。普段みんなはハーマイオニーには最低一度は「知ったかぶり」と呼んではいましたが・・・

それでもハーマイオニーに向かって「知ったかぶり」と言ったスネイプに対しては生徒全員が嫌悪感を募らせたのでした。我慢できなくなったロンがスネイプに向かって・・・

先生はクラスに質問を出したじゃないですか。ハーマイオニーが答えを知ってたんだ!答えてほしくないんなら何で質問したんですか?と反論するとスネイプは・・・

クラス全員が「言い過ぎた!」と思いました。みんなが息を潜める中スネイプはロンにじりじりと近づいた後ロンに罰則を課すと言い渡したのでした。

今日の最後に
スネイプは授業の最後に「人狼の見分け方と殺し方について各自レポートを書き月曜の朝までに提出するように」と言い渡したのでした。生徒たちは教室に声が届かない所まで来ると・・・

堰を切ったようにスネイプ攻撃をぶちまけたのでした。ハリーが「例のまね妖怪のせいだと思うかい?」と問いかけるとハーマイオニーは沈んだ口調で「分からないわ」と答えつつ・・・

本当に早くルーピン先生にお元気になって欲しいと言ったのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.