FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

スネイプの代理授業の翌日に行われた対ハッフルパフ戦でグリフィンドールは敗れハリーはニンバス2000を失ったのでした。しかし!それと引き換えにハリーがフレッド・ジョージから譲り受けたものとは?クリスマスに贈られたものとは?そしてハーマイオニーの反応は?(全3項目)

3-1.忍びの地図
学期最後の週末にホグズミード行きが許され村に行けないハリー以外の生徒は全員大喜びしたのでした。ハーマイオニーもクリスマス・ショッピングが全て村でできると喜んだのでした。

土曜日の朝ハリーがロンとハーマイオニーを見送ってグリフィンドール塔に向かっていると4階の廊下の中ほどでハリーを呼ぶ声がするので振り返ってみるとフレッドとジョージがそこにいたのでした。

「どうしてホグズミードに行かないの?」と訊ねるハリーにフレッド・ジョージは「君にもお祭り気分を分けてあげようと思って」と言って近くの誰もいない教室にハリーを誘ったのでした。

そしてそこでハリーがフレッド・ジョージから譲り受けたのが例の「忍びの地図」だったというわけなんですよね。ハリーはこうしてハニーデュークスの地下倉庫から村に潜入することに成功したのでした。

3-2.「三本の箒」にて
ハニーデュークスの店内は人でごった返していて誰もハリーに気づきませんでした。ロンとハーマイオニーは「異常な味」という看板の下でハリーのみやげを選んでいました。

ハリーが2人に声をかけるとハーマイオニーは「どうやってここに?」と金切り声を上げて驚いたのでした。ハリーはフレッド・ジョージから地図を譲り受けた事の次第を説明したのでした。

ロンは「何で弟の僕に譲ってくれなかったんだ!」と怒っていましたが、ハーマイオニーは例によって例のごとくの優等生発言で「マクゴナガル先生にお渡しするわよね」と言ったのでした。

ハーマイオニーの発言にロンは「気は確かか?」「こんないいものが渡せるか!」と反論したのでした。ハリーもまたマクゴナガル先生に渡したら「どうやって手に入れたのか?」を説明しないといけない。

そうなったらフレッド・ジョージが窮地に陥ることになってしまう。だから地図を先生方に渡すわけにはいかないんだと食い下がったのでした。それに対してハーマイオニーは・・・

口を尖らせて「それじゃシリウス・ブラックのことはどうするの?」と言うのでした。この地図に示されている抜け道をもしブラックが知っていたら?先生方はそのことを知っていなくてはならないのでは?

ハーマイオニーはハリーはやっぱり許可証にサインしてもらっていないのだから村に来ちゃいけないとも言いましたがハリーの「僕のこと言いつける?」の言葉に「そんなことしないわよ」と言って・・・

結局3人はハニーデュークス店を出て吹雪の中を歩き始めたのでした。ハリーは突如として村に来ることになったので身支度ができておらずブルブル震えていたので3人は「三本の箒」に入ることにしたのでした。

ハリーが初めて飲むバタービールに舌鼓を打っていると急に冷たい風がハリーの髪の毛を逆立てたのでした。そして「三本の箒」のドアが開いて入って来たのはマクゴナガル先生にフリットウィック先生と・・・

すぐ後ろにはハグリッドがいました。そしてハグリッドの隣にいたのは魔法大臣のコーネリウス・ファッジその人でした。とっさにロンとハーマイオニーはハリーの頭を押さえつけてテーブルの下に隠したのでした。

そしてそこで3人・・・特にハリーが聞いてしまったこととは?

3-3.必死の訴え
ハリーは知ってしまったのでした。ハリーの両親が死んだのは父親の無二の親友シリウス・ブラックが裏切ったからだということを!今まで経験したことのない烈しい憎しみがハリーの体中を駆け巡ったのでした。

ハリーは明け方まで眠れませんでした。目が覚めた時には寝室には誰もいませんでした。着替えて談話室に降りて来るとロンとハーマイオニーの2人しかいませんでした。今日からクリスマス休暇に入ったからです。

それからはシリウス・ブラックを巡ってハリーとロンとハーマイオニーの間で激しい議論が交わされたのでした。最初に口火を切ったのはハーマイオニーでした。

ハーマイオニーは昨日知ってしまったことでハリーが大変な思いをしていることは判っている。でも一番大切なことはハリーが軽はずみな行動を取らないことだと訴えたのでした。

ハーマイオニーは当時1才のハリーにはどうにもできなかったことなんだしブラックは吸魂鬼が捕まえてアズカバンに戻す。そしてそれが当然の報いだとも言ったのでした。

ついにはハーマイオニーは涙を流しながら怒りに任せて行動を起こしブラックを探し出したりすれば、それこそブラックの思うツボだとも言ったのでした。ブラックにとっては飛んで火に入る夏の虫だと。

今日の最後に
それを楽しむはずの生徒はほとんど学校に残っていませんでしたが城の中では毎年恒例のクリスマスの飾りつけが進んでいました。大広間には12本のクリスマス・ツリーが立ち並んだのでした。

クリスマスの朝ハリーはロンに枕を投げつけられて目を覚ましたのでした。メガネを掛けてまだ薄暗い中ベッドの足元を見ると小包が小さな山になっていました。

「それ何だい?」

最後の包みを破ったハリーは息を呑みました。見事な箒がキラキラ輝きながらハリーのベッドカバーの上に転がり出て来たからです。ハリーがダイアゴン横丁で毎日通いつめた「あの箒」でした。それは・・・

炎の雷ファイアボルトでした。

ロンは大感激で2人の間で「誰がくれたんだろう?」と議論になりましたがハーマイオニーの反応はロンとは正反対で極めて冷淡なものでした。顔を曇らせ唇を噛んでファイアボルトを見つめたのでした。

結局ファイアボルトはハリーが一度も乗ることなくマクゴナガル先生に取り上げられてしまったのでした。ハーマイオニーがマクゴナガル先生に知らせたからでした。

ハーマイオニーは善意でやったことだ。ハリーにはそれが判っていましたが判っていてもやっぱり腹が立ったのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.