FC2ブログ
ハーマイオニーがマクゴナガル先生に告げ口したお陰でハリーはファイアボルトを取り上げられてしまったのでした。怒り心頭に達するハリーとロンでしたが最後の最後には?(全4項目)

4-1.スキャバーズが!クルックシャンクスに?
ハーマイオニーは善意でやったことだ。ハリーにはそれが判っていましたがハーマイオニーのお節介のお陰で世界一の箒の持ち主になれたのは「ほんの数時間」ということになってしまいました。

ロンもまたハーマイオニーに対してカンカンに腹を立てていました。そんな2人に対してハーマイオニーはクリスマス以降は談話室を避けるようになりハリーもロンも談話室に戻れと説得することもなかったのでした。

さらにロンとハーマイオニーの友情も「これでお終い?」という事件が起きてしまったのでした。スキャバーズが姿を消してしまったのです。現場の状況からはクルックシャンクスがスキャバーズを・・・

食ってしまったことは火を見るより明らかでした。それでもハーマイオニーは決して非を認めずファイアボルトのこともスキャバーズのことも全部私が悪いってわけねとヒステリー気味に答えたのでした。

ハリーはファイアボルトが戻って来てレイブンクロー戦に勝利したことでハーマイオニーに対する怒りを解きましたがロンの怒りはなかなか収まらずハーマイオニーもまた引き続きスキャバーズに関しては・・・

自分の非を認めようとはしなかったのでした。

4-2.いよいよ学期末試験!・・・しかし
そうこうする内にハリーが秘密の通路を使ってホグズミードに行っていることがスネイプの知るところとなりハリーは「忍びの地図」をルーピン先生に取り上げられてしまったのでした。

ロンもまたハリーを再三ホグズミードに誘ったことでハリーがこのような状況に追い込まれてしまって大いに反省すると共にハリーに「僕が悪いんだ」「こんなことすべきじゃなかった」と謝意を示したのでした。

そして時を同じくしてハーマイオニーも「スキャバーズのこと、本当にごめんなさい」とロンに謝りハーマイオニーの謝罪を受けてロンもようやくハーマイオニーに対する怒りを解いたのでした。

それでもなおハーマイオニーが「どうやって同時に複数の授業に出席しているのか?」の謎は解けないままだったのです。こうしてクィディッチの最終戦グリフィンドール対スリザリンで・・・

グリフィンドールが勝利して悲願のクィディッチ杯を獲得した後はホグワーツ城内は一気に試験モードに突入していったのでした。

4-3.叫びの屋敷で
試験が始まると週明けの城は異様な静けさに包まれたのでした。そして試験の最終日6月6日に事は起こったのでした。バックビークの控訴裁判もまた6日に行われたからです。

最後の試験「占い学」でトレローニー先生の本物の予言を聞いて衝撃を受けたハリーは談話室に戻ると2人にそのことを話そうとしたのですが2人の表情を見て言葉を呑み込んだのでした。

ハグリッドとバックビークが控訴裁判にも負けてバックビークの死刑が確定してしまったというのです。ハーマイオニーが隻眼の魔女の像の下に置き去りにしてあった「透明マント」を取って来て・・・

夕食を終えた後3人はグリフィンドール塔には戻らず他の生徒が1人残らずいなくなったのを確認した後に「透明マント」を被ってハグリッドの小屋に向かったのでした。

そしてそれから衝撃の出来事が次々に怒涛のように3人に押し寄せたのでした。まず最初の衝撃はハグリッドの小屋のミルク入れの中から信じられないものが出て来たのです。

「ロン!信じられないわ!スキャバーズよ!」

このままバックビークを見殺しにするなんてできない!自分たちが委員会の人たちに説明するんだと3人は必死に訴えましたがハグリッドは「お前さんたちが面倒なことになったら困る」と・・・

そんでなくても最悪なんだと言って3人に裏口から城に戻るようにと言ったのでした。こうしてロンはスキャバーズをポケットに入れハーマイオニーは2人に「透明マント」を被せて城に戻ろうとしたのですが・・・

黒い犬が現れてスキャバーズをポケットに入れたロンがスキャバーズもろとも連れ去られてしまったのでした。ハーマイオニーは助けを呼ばなきゃと言ったのですがハリーは・・・

あの黒い犬はロンを食ってしまえるほど大きいんだ。助けを呼んでいるヒマはない。ハリーとハーマイオニーはクルックシャンクスと共に黒い犬を追って急ぎに急いだのでした。そして到着したところは・・・

何と!「叫びの屋敷」だったのです!

そしてさらなる衝撃が3人を襲ったのでした。

4-4.逆転時計
マダム・ポンフリーが「ブラックは捕まえました。吸魂鬼が間もなくキスを施します」と言うとハリーは「えーっ!」と叫んでベッドから飛び降りたのでした。ハーマイオニーも同じでした。

医務室に駆けつけたダンブルドア校長にハリーとハーマイオニーは必死に訴えたのでした。シリウスが言っていることは本当なんだと!ピーター・ペティグリューはネズミなんです!と・・・

しかしダンブルドアは手を上げてハリーとハーマイオニーの洪水のような説明を制止して2人に言ったのでした。今度は2人がわしの説明を聞く番じゃと。頼むからわしの言うことを途中で遮らないで欲しいと。

「必要なのは時間じゃ」

ダンブルドアの青い目がハリーからハーマイオニーへと移ったのでした。言われたハーマイオニーはハッとして目を丸くして何かを言いかけたのでした。そしてダンブルドアは・・・

首尾よく運べば君たちは今夜1つと云わずもっと罪なき者の命を救うことができるじゃろう。ただし2人とも忘れるでないぞ。見られてはならん。規則は知っておろうな。どんな危険を冒すのか。

君は知っておろう。誰にも見られてはならんぞ。

ダンブルドアが扉を閉めるとハーマイオニーはローブの中からとても長くて細い金の鎖を引っ張り出したのでした。ハリーはその鎖の先に小さなキラキラした砂時計を見つけたのでした。

ハーマイオニーはハリーの首にも鎖をかけると・・・

砂時計を3回引っくり返したのでした。

最後に
こうして逆転時計で3時間前に戻ったハリーとハーマイオニーはまずハグリッドの小屋に行って処刑寸前のバックビークを救い出し次には「その」バックビークに乗ってフリットウィック先生の部屋に行き・・・

シリウスを助け出してバックビークと共に逃げてもらったというわけなんですよね。こうしてシリウスは吸魂鬼のキスをバックビークは処刑を免れたというわけなんですよね。

実は今正直言うと「4回の記事で収まるんだろうか?」と特に後半の2回は「収まらないんじゃないか?」とヒヤヒヤしましたが何とか無理やり収めました。そんなわけで今日の記事は急遽4項目に増やしました。

これを書き終えた今現在思っているのはご存知のように4巻以降はハードカバーでは上下巻に分かれる程ページも章の数も増えているので到底4回では収まらないだろうなということです。

なので次回からは「2週間・8回」体制にしようかな?と思っています。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/735-349766e8