FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

前門の虎に後門の狼?三大魔法学校対抗試合が終われば「やれやれ」ということになるのかと思いきや?復活したヴォルデモート卿より厄介な敵がハリーの前に現れたのでした。(全3項目)

3-1.悪用された「忍びの地図」
病気で長期間仕事を休んでいてクリスマス・ダンスパーティにも対抗試合の「第2の課題」にも来られなかったクラウチ氏が真夜中にスネイプの研究室で「何をしていたのか?」については・・・

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人にさらにはホグズミード村に戻って来ているシリウスも加わって議論になったのですが真相が明らかになったのは「第3の課題」が終了して・・・

ヴォルデモート卿が復活を遂げリトル・ハングルトンの教会墓地からハリーが命からがら戻って来た時でした。ホグワーツに潜入していたヴォルデモート卿の配下が馬脚を表したのでした。

たとえポリジュース薬で姿形を変えていても「忍びの地図」には名前が表示されてしまうということだったのです。マッド・アイ・ムーディに成り済ましていたクラウチ・ジュニアは・・・

「忍びの地図」に自分の名前が載っているのを見て「これはまずい」ということでハリーから地図を取り上げたのでした。さらにクラウチ・ジュニアは地図を使ってさらなる悪行に手を染めていたのです。

ヴォルデモート卿からクラウチ氏が逃げ出したとの知らせを受けてクラウチ・ジュニアは「忍びの地図」を見張って地図が父親の名前を示すのを待っていたのです。そしてついに・・・

クラウチ・ジュニアは透明マントを被って父親に会いに行ったのでした。クラウチ氏は「禁じられた森」の周囲を歩いていました。そしてハリーが校長室にダンブルドアを迎えに走っている隙にクラウチ・ジュニアは・・・

自分の父親を!・・・

3-2.ダンブルドア軍団
戦いを学ぶ場が必要です。どこか練習するところをください。どこか連中に見つからないところを・・・

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は「忍びの地図」で管理人のフィルチにミセス・ノリスさらには今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教師としてホグワーツに乗り込んで来た・・・

魔法省の高級官僚ドローレス・アンブリッジの居場所を確認した後ドビーから事前に聞いていた通りに「バカのバーナバス」が愚かにもトロールにバレエを教えようとしている絵の向かい側の・・・

何の変哲もない石壁の前で気持ちを必要なことに集中させながら「3回」往復したのでした。3回目に石壁を通り過ぎて振り返った時ハーマイオニーが鋭い声を上げたのでした。

石壁にはピカピカに磨き上げられた扉が現れていたのでした。ハリーが真鍮の取っ手に手を伸ばし扉を開けて最初に部屋に入ったのでした。中は広々として揺らめく松明に照らされていました。

壁際には木の本棚が並び椅子の代わりに大きな絹のクッションが床に置かれていました。ロンがクッションを見て「これ失神術を練習する時にいいよ」と言ったのでした。

一番奥の棚には「かくれん防止器」に「秘密発見器」それに「敵鏡」など様々な魔法道具が収められていたのでした。ここには練習に必要な物は全て揃えられていたのでした。

ホッグズ・ヘッドで最初の会合を開催した時に集まった28人のメンバーが揃ったところでリーダーの選出とチームの名前が決められたのでした。リーダーに選ばれたのはもちろんハリーでした。そして・・・

チームの名前は「ダンブルドア軍団」と決められたのでした。

3-3.ハグリッドの小屋へ
「1つだけ2人を元気づけることがあるかもしれないわ」

クィディッチの開幕戦グリフィンドール対スリザリン戦で勝利を収めたもののハリー、フレッド、ジョージの3人がクィディッチ生涯禁止処分となり今までの人生で最悪の気分になったロンとハリーだったのですが・・・

ハーマイオニーの「ハグリッドが帰って来たわ」の一言でハーマイオニーの予想通り2人の最悪の気分は一瞬の内に一掃されたのでした。ハリーはハグリッドに会いに行くために即座に動いたのでした。

ハリーは男子寮の階段を全速力で駆け上がりトランクから「透明マント」と「忍びの地図」を取って談話室に戻って来たのでした。超高速スピードだったのでハーマイオニーが身支度を整えて・・・

女子寮から戻って来る5分前にはハリーもロンも出かける準備ができていたのでした。ロンが「遅い!」とばかりに舌打ちをするとハーマイオニーは「だって外は寒いわよ!」と言い訳したのでした。

3人は肖像画の穴を這い出し急いで「透明マント」を被ったのでした。それからは時々立ち止まっては「忍びの地図」で管理人のフィルチやミセス・ノリスがいないかどうかを確かめ・・・

ゆっくりと慎重に幾つもの階段を下りて玄関ホールにようやく到着したのでした。今夜は運のいいことに「ほとんど首なしニック」の他には誰とも出会わなかったのでした。

3人は玄関ホールを忍び足で横切り静まり返った雪の降る校庭に出てハグリッドの小屋に向かったのでした。行く手に四角い金色の小さな灯りと小屋の煙突から煙が立ち昇るのが見えると・・・

ハリーは心が躍り進む足を速めたのでした。ハリーが歩くスピードを上げると後続の2人ロンとハーマイオニーは押し合いへし合いして互いにぶつかり合いながらハリーに続いたのでした。

ハリーが拳で木の戸を3度叩くと中でファングが狂ったように吼えるのが聞こえ嬉しそうなハグリッドの「よう来たか!」という声も聞こえて来たので3人はマントの下で微笑み合ったのでした。

今日の最後に
こうして改めて4巻以降での「忍びの地図」の登場シーンを振り返ってみると地図と「透明マント」がセットで使われているケースが多いということが判りますよね。

そんな場面が明日の記事でも登場しています。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.