FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

何ゆえジェームズ・ポッターは「あそこまで」激しくセブルス・スネイプを憎んだのか?父親のスネイプに対する態度を垣間見て一度は大きな不信感を持つに至ったハリーだったのですが・・・(全3項目)

3-1.スネイプとの関係
賢者の石441ページでダンブルドアはハリーのお父さんとスネイプは互いに嫌っていた。ちょうどハリーとドラコ・マルフォイみたいな関係だったと言っていますね。

そんなハリーが父親に対して大きな不信感を持ったのはスネイプとの閉心術の訓練授業の際に「憂いの篩」の中で父親ジェームズがスネイプに対して激烈なイジメをしている所を見たからでした。

「その記憶」の中でジェームズは「彼があなたに何をしたというの?」というリリーの問いに対して「むしろこいつが存在するって事実そのものがね」と言っていますよね。

そして最終巻の第7巻ではセブルス・スネイプとリリー・エバンズが実は幼馴染みでホグワーツに入学する以前から交友があったことが明らかになっています。

ジェームズにしてみれば「僕だってできることなら近所に生まれたかった」というところだったんでしょうか?ホグワーツに入学する以前から知り合いだったスネイプが妬ましかったんでしょうね。

3-2.何よりも友人を大切にする?
シリウスが一度スネイプに対してルーピンを使った悪辣な悪戯を仕掛けた時ジェームズは自身の身の危険をも顧みずスネイプを追って引き戻しました。何故そんなことをしたんでしょうね?

あれほど憎んだスネイプなら「どうなっても構わない」と思って見て見ぬフリをしてもよかっただろうにジェームズはそれでもスネイプを救ったのです。それはスネイプのためというよりシリウスのためだったんでしょうね。

以下はそんなジェームズが友人に対して「何をしたのか?」「どう思ったのか?」について挙げてみました。

●リーマス・ルーピン
ルーピンは怖かったのです。ジェームズもシリウスもピーターも自分が狼人間だということを知ったら途端に私のことを見捨てるのでは?しかし3人もまたハーマイオニーと同じように悟ってしまったのです。

ところがルーピンが狼人間だということを知ってもジェームズたち3人はルーピンを見捨てなかったのです。それどころかルーピンのために「あること」をしてくれたのでした。

それは3人はルーピンのために「動物もどき」になってくれたのでした。ヒトだと狼人間と一緒にはいられない。そこで動物としてルーピンと付き合ってくれたのです。

お陰で今までは辛かっただけの変身が生涯で最高の時になったのです。3人と一緒の時にはルーピンは以前ほど危険ではなく心もまた以前ほど狼ではなくなったのでした。

●シリウス・ブラック
「シリウス・ブラックとジェームズ・ポッターは兄弟じゃないか?」そう思われるほど2人は仲良しでいつも一緒で一心同体といった感じだったそうです。

ジェームズは他の誰よりもシリウスを信用しました。それはホグワーツを卒業しても変わりませんでした。シリウスはジェームズとリリーが結婚する時には新郎の付き添い役も務めましたし・・・

ジェームズとリリーは長男ハリーが生まれた時にはシリウスを名付け親に指名したのです。だからこそ2人がヴォルデモートに命を狙われていると知った時には・・・

ジェームズはシリウスの助言を聞き入れて「秘密の守人」にはピーター・ペティグリューを選んだのです。ところが「その」ピーター・ペティグリューが!

3-3.ハリーの父ジェームズへの思い
スネイプの「あの記憶」を見てハリーはそれが自分を内側から蝕んで行くような気がしたのでした。両親が素晴らしい人だったと信じて疑わなかったからこそスネイプが父親の悪口をいくら言っても・・・

苦もなく嘘だと言い切ることができました。しかしスネイプの「記憶」で見た父親ジェームズはシリウスが「退屈だ」と言ったからという単純な理由でスネイプをいじめ始めたのです。

ハリーはリリーが割って入った情景を何度も思い出しました。父親と違って母リリーはちゃんとした人でした。リリーははっきりとジェームズを嫌っていました。

とにかくハリーは「どうして2人は結婚することになったのか?」が理解できませんでした。ハリーはジェームズが無理やり結婚に持ち込んだのでは?と考えるほどでした。

ほぼ5年父親を想う気持ちがハリーにとっては慰めと励ましの源になっていました。誰かにジェームズに似ていると言われるたびにハリーの心は内心誇りに輝いていました。ところが・・・

こうして一度は父親に対して大きな不信感を持ったハリーだったのですが、それを乗り越えることができたのはやはりヴォルデモートに殺される時に自分が盾になってハリーと母リリーを守ろうとしたからなんでしょうね。

最後に
当サイトでは「以前の記事」で「リリー・エバンズはどうしてジェームズ・ポッターと結婚したのか?」の理由について実はセブルス・スネイプを死喰い人にするのを阻止するためだったのでは?と推測しました。

とにかくシリウスとルーピンでさえ「どうしてリリーはジェームズと付き合い始めたのか?」の本当の理由は知らなかったわけなんですが当のジェームズ本人はどう思っていたんでしょうね?

多分リリーと付き合うことができれば理由なんてどうでもいいと思っていたんでしょうね。それだけリリーのことが好きだったということなんでしょうね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.