FC2ブログ
先週の木曜日4月1日が誕生日ということで今週はフレッド・ジョージを取り上げています。弟のロンが山ほど手紙を出したというのにハリーからは一向に返事のふくろう便が届きません。そうこうする内にハリーが学校の外では使用を禁止されている魔法を使ってしまったという一報が届いたのでした。(全3項目)

3-1.ロンと共に
当サイトではこれまでにもフレッド、ジョージ、ロンのウィーズリー3兄弟がハリーを助け出す「この場面」を種々形を変えて取り上げて来ましたが今回フレッドとジョージを中心に改めて読み返してみると・・・

何だか用意周到でフレッドとジョージはハリーが「こういう状況」で部屋に閉じ込められているのを予想していたんだろうか?と思いますよね。例えば鉄格子を外すためのロープを持って来ていたり・・・

さらにジョージは部屋の鍵を外すためにと何でもない普通のヘヤピンをポケットから取り出して鍵穴にねじ込んでいますよね。いったいどこで覚えたんでしょうね?(笑)

こうしてウィーズリー3兄弟に助け出されたハリーだったのですがハリーが屋敷しもべ妖精ドビーを巡る騒動の顛末を説明するとフレッドもジョージもショックで黙り込んでしまったのでした。

そして到着した「隠れ穴」では真夜中に家を抜け出して車を飛ばしたのをウィーズリーおばさんに見つかってしまいモリー母さんから大目玉を食らうことになってしまったのでした。

3人の息子は3人とも母親より背が高かったのですが母親の怒りが爆発すると3人とも縮こまったのでした。

3-2.穢れた血とルシウス・マルフォイ
屋敷しもべ妖精ドビーを巡る騒動にはルシウス・マルフォイが関わっているのでは?フレッドとジョージの話からハリーはそのことを何となくは感じたのですが・・・

クィディッチのグリフィンドール・チームの初練習の日にはハリーを含めたメンバー全員がルシウス・マルフォイの存在を強く意識せざる負えない状況となったのでした。

観客席でカメラのシャッターを切るコリン・クリービーを見て「スリザリンのスパイじゃないか?」と訝るキャプテンのオリバー・ウッドでしたがジョージがそんなウッドに・・・

「スリザリンにスパイなんて必要ない」と言ったのでした。何故なら当のご本人たちがお出ましだからだと言うのです。ジョージが指差すほうを見るとグリーンのローブを着込んだ数人が箒を持って・・・

ピッチに入って来るところでした。ウッドが怒って「ここは僕が予約したんだ!」と言うとスリザリン・チームのキャプテンのマーカス・フリントは「こっちにはスネイプ先生が特別にサインしてくれた」メモが・・・

あるというのです。今日は新たに加わったシーカーを教育する必要があるのでスネイプ教授がスリザリン・チームにクィディッチ・ピッチで練習することを許可すると書いてあるというのです。

その「新しいシーカー」の一言でオリバー・ウッドの気が逸れたのでした。大柄な6人の後ろから小さな7人目が現れたのでした。それはルシウス・マルフォイの息子ドラコ・マルフォイでした。

先月出たばかりでルシウス・マルフォイが買ってくれたという「ニンバス2001」をフリントが自慢しているとピッチに下りて来たハーマイオニーがスリザリン・チームと違ってグリフィンドール・チームの面々は・・・

誰1人としてお金でなんか選ばれてはいない。こっちは純粋に才能で選手になったと言うとドラコ・マルフォイの自慢顔がちらりと歪みましたがドラコはそんなハーマイオニーに・・・

「誰もお前の意見なんか求めていない。生まれ損ないの穢れた血め」

マルフォイが吐き捨てるように言うと轟々と非難の声が上がったのでした。フレッドとジョージはマルフォイに飛びかかろうとしましたがフリントが2人の前に立ちはだかったのでした。

3-3.ハリーがスリザリンの継承者?
こうして始まったハリー2年目の学期は純粋マグル出身の生徒たちが次々と襲われる事件が発生したのでした。そして何と!ハリーが襲撃事件の犯人なのでは?と疑われることになってしまったのでした。

きっかけは今年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師ギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」でした。そこでハリーが蛇語を操ることが発覚したのです。

そのため「決闘クラブ」以降はハリーが廊下を歩くとハリーがまるで牙を生やしたり毒を吐き出したりするとでも思っているかのように生徒たちはハリーを避けて歩くようになったのでした。

ハリーはそんな生徒たちの過剰な反応にうんざりしていましたがフレッドとジョージにしてみれば「こんな面白いことはない」といった感じのようでした。

2人でわざわざハリーの前に立って廊下を行進し「まっこと邪悪な魔法使い、スリザリンの継承者様のお通りだ」と先触れしたり「牙をむき出した召使いとお茶をお飲みになるので秘密の部屋にお急ぎのだ」と・・・

うれしそうにクックッと笑いながら冗談を飛ばしていたのでした。パーシーは「笑い事じゃないぞ」と言いましたしジニーは2人の言うことを冗談だとは思わなかったようですが・・・

他にもフレッドはハリーに「次は誰を襲うつもりか」と大声で尋ねたりジョージはジョージで大きなにんにくの束で追い払うフリをしたりもしましたが当のハリーはと云えば?

ハリー本人はそんなフレッドとジョージのおふざけを全く気にしていなかったのでした。少なくとも2人はハリーがスリザリンの継承者だなんて馬鹿げた考えだと思っているのは明らかなので・・・

そう思うとハリーは気が楽になったのでした。しかしドラコ・マルフォイだけはフレッドとジョージの道化ぶりを見るたびにイライラして不機嫌になっていくようでした。

そんなマルフォイの様子を見てロンは「本当は自分なんだって言いたくてしょうがないのさ」と訳知り顔で言うのでした。

今日の最後に
この年のクリスマスはウィーズリー夫妻はエジプトにいる長男ビルの所を訪ねる予定だったのでフレッドもジョージも学校に残るほうを選んだのでした。

フレッドがパーシーの監督生のバッジに悪戯をして「劣等生」にしてしまい、みんながくすくす笑っていたのですが・・・それに気づかないパーシーは「何が可笑しいの?」と訊いていたのでした。

しかし!学期の終盤にはハリーはジニーとホグワーツ魔法魔術学校の存亡をかけて戦うことになったのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/757-65141f8c